人気ブログランキング |

魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
最新の記事
2019も豊作
at 2019-09-10 16:55
普段使いに
at 2019-08-16 15:41
熱中症対策
at 2019-08-05 17:04
新しい美味しい
at 2019-07-18 13:38
美味しいお店
at 2019-07-12 15:14
最新のコメント
そう、その通りです あ..
by mayao at 16:49
うふふ、あれと言えばあれ..
by lealeadays at 11:55
たんちゃん、 あら..
by mayao at 16:54
素敵な掛け軸(お軸という..
by たんちゃん at 22:34
たんちゃん、 はい..
by mayao at 17:02
またまた、ええものが~♪..
by たんちゃん at 23:16
たんちゃん、 あり..
by mayao at 16:45
カテゴリの『ちょっとええ..
by たんちゃん at 22:57
みなみちゃん、 今年も..
by mayao at 15:49
もう8日ですが。。。。6..
by みなみ at 09:01
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

タグ:麺 ( 18 ) タグの人気記事


これもお初

f0355671_14301040.jpg
富山県に住まって4年半も過ぎたのに
未だ食せずにいた富山ブラック(ラーメン)


富山県内に数多あるラーメン屋さんでは
富山ブラックと銘打ったモノは
出されていますがこれはまあ食べやすいので
今回のお話である富山ブラックは
富山ブラック生みの親の「大喜」さんです



ほんとは食せずではなく避けていたのですよ
だってね、マジ辛いって聞いてたんです

mayaoは昔っから超が付くほどの薄味好みでして
食事を作るとある程度は薄味な実家の家族からも
ちょっと水くさいなぁ~(味ないなぁ~)と言われること度々

そんなmayaoですから富山ブラックなんてとんでもないことでしょ

元々富山ブラックは肉体労働者の塩分補給と
たくさんの白ご飯と一緒に食べれるように作られたので
かなり辛いはず

これまで旦那さんから食べに行こうと誘われても
一人でどうぞを通していました

でもその旦那さんも何故か食べたことなくって
この度ついに食すこととなってしまったのです

まあ仕方ない、いずれ通らなくてはならない道

意を決して突入です

しかも創業当時の味を貫いておられる
西町本店って一番のご本家やん・・・・・・・


f0355671_14304768.jpg
旦那さんが白ご飯を頼まなかったので勇気を持って
ラーメン単体で食べることになってしまいました


真っ黒なスープに太麺
ぶつ切りのおネギにメンマとチャーシューはこれでもかな量

これが普通みたいです


大阪で俗に言う高井田系を濃くした感じかな???


と思ってまずはスープをジュルル

ぐえっ・・・・・しょうゆ辛いっ
というかダシの味じゃなく醤油まんまやん!!!

慣れてる方ならダシの味も楽しめるのでしょうが
mayaoには醤油ビンの底に残ったさらに濃いのんを
お湯で割った???みたいな


麺はどんなもんかとツルツルッ

麺の味はお醤油にかき消されてるし
固く茹でられてるので飲み込むのんひと苦労

チャーシューは赤身なのでまだ許せるけど
量が多いので噛むのに疲れて顎疲れてきたし

お腹はそんなに空いてなかったけど玉子と白ご飯も
頼んで濃いダシかけた玉子かけご飯にすりゃよかった


興味本位だけでラーメン好きな素人は行くべきではありませんなぁ~


そういや私たちが店に入るのと同時に出てきた
若い男性グループ


「これがいわゆる富山ブラックかぁ~」と呟いてたけど
どう聞いても美味しかったぁ~って印象じゃなかったわ


ここで踵を返すべきでした


でもどうやら「大喜」さんの全店舗がこの味ではないようです

富山駅マルシェ店は県外からの観光客向けに
かなり味は薄くされているようですので
一度食べてみようと思われる方はまずは富山駅ナカのお店にて
お試しください

久々の後悔先に立たずでした(笑)


by manaApelila | 2018-11-29 17:11 | 麺類 | Comments(0)

我が家の年越しそば

大阪に居たときは、おせち料理も作らなかったので
ご近所の有名処なお蕎麦屋さんまで歩いて出向き

一献傾けながら蕎麦をすすりいつものバーで一杯二杯が定例でしたが


魚津に来てからは雪が積もってる年もあるし、どこ行くのも遠いし、
それより一献傾けながらのお蕎麦屋さんもないのでもっぱらおうち年越し


そんな我が家の年越しそばは蕎麦はそばでも「中華そば」


これが美味しいんですよ


f0355671_23361804.jpg

魚津の名店「やまや」さん


以前、お店でいただいてたときに持ち帰りがあることを知り、
年末もやっておられるとこのことで魚津での年越しはこちらのおそばに決定

前もって予約しておいて大晦日に取りに行って来ました

f0355671_23362961.jpg
手打ちモチモチの麺とあっさり和風スープと
赤身だけのチャーシュー、メンマ、おネギがセットされています

至れり尽くせりのセットはまな板要らず

お鍋二つ(麺茹でとスープを温める)あれば出来るので
何かと慌しい年末の主婦には大助かりな神のようなセットです


f0355671_23364169.jpg

2017年の大晦日も美味しい中華そばを堪能して
恒例の「笑ってはいけない」を見ながら爆笑の内に
いつのまにか年を越してしまいました





第2回プラチナブロガーコンテスト




by manaApelila | 2018-01-05 17:40 | 麺類 | Comments(0)

食う飲む喋る

魚津でも桜満開


でも今日は雨降り


一気に気温も下がって寒~い


まだちゃんと見れてない魚津の桜、散ってしまわないかな心配です


少し話を戻しましょう



3月、遊びに来ていたお友達とは普段いただけないお料理を楽しみました



伺ったのは二度目の魚津駅前「海風亭」さん



とりあえずはお約束の生ビール




f0355671_17243460.jpg
先付けは今が旬の「ほたるいか沖漬け」


これだけで早くも日本酒が飲みたい(笑)




そして魚津といえばの




f0355671_17244271.jpg

「うまづらはぎ」の薄造り(肝付)


うまづらはぎやかわはぎは身がしっかりしているので
mayaoは薄造りの方が好きです

肝はちょっとおしょうゆに溶かしていただくと濃厚で
淡白な白身にまとわり付いてさらに旨しです




f0355671_17245874.jpg

「ながらも(海藻)」の天ぷら


ながらもは初めていただきましたがパリパリサクサク
それなのにちゃんと存在感もあって美味しかったです


富山ではながらもと言いますが正式名称は「あかもく」だそうです




f0355671_17245082.jpg

「はちめ」の塩焼き


はちめは「めばる」のことです


こちらは煮つけにするか塩焼きにするかを選べます


mayaoは魚は塩焼き派なので迷わず塩焼き



これだけのラインナップだったのでもちろん二杯目は日本酒


この日はちょっと寒い日だったので魚津の「北洋」を熱燗で
キュンキュンいかせていただきました



〆は魚津の漁師飯




f0355671_17251374.jpg
こちらは注文してから炊き始めるため時間がかかりますので
まだ食べるものの残ってる間の早めの注文が必要



f0355671_17391196.jpg

美味しい味噌汁とお漬物もついていました



こういうお魚尽くしは友達が来てくれるからこそ


というか、

魚嫌いの旦那を持つ可愛そうな魚大好き妻が
友達をダシにして普段食べることのできない
お魚を友達以上に楽しんでるのは見え見え

でもこのラインナップなら魚嫌いの旦那さまでも
多分大丈夫なのかもしれないなぁ~って今気づいた


黙っていることにしよお(笑)


満足満足の夕げでした


by manaApelila | 2017-04-11 18:36 | 日々のこと | Comments(0)

新年のご挨拶

f0355671_17114106.jpg
あけましておめでとうございます 


2017年もよろしくお願いいたします。


二年ぶりでお正月のミニ角松を出したら紙の部分に少し皺が寄ってました(爆)


買ったときの箱がジャマだからと二年前に廃棄したらこんなことになって・・・・。


長く愛用していたので大阪に戻ったら新調してあげましょう。



f0355671_17122582.jpg
元旦はよく晴れました。


初日の出には全く間に合いませんでしたがなかなかの清清しさ。


今年初のパワーをガッツリといただきました。



いただきましたと言えば・・・・・・・・





f0355671_17120138.jpg

大晦日の年越しそばは前年に続いて魚津の名店「やまや」の
お持ち帰りラーメンを家で茹でていただきました。

自家製手打麺はモチモチ、チャーシューは赤身で、スープはあっさり。

このスープが曲者で、鶏がらメインだけど魚介も入ってるのか?
塩?しょうゆ?和風?なアメージングな旨さ。

多少生姜の風味も感じるので鶏がらを煮出すときにネギと生姜は結構入れてはるかも。

このスープでビール飲めます。

はい、飲んでました(笑)


まあ今年もこんな感じでゆるゆるっと参りますので
なにとぞお付き合いくださいね。




by manaApelila | 2017-01-05 17:05 | 日々のこと | Comments(6)

松本に来たらやっぱりコレ

旧制松本高校のおかげでノボセて働かなかった頭をクールダウン。


少しの休憩で甦った私たちはサクサクと目的のお店へ向かって歩き出しました。


途中


f0355671_15180123.jpg

とても創造的なオブジェが入り口でインパクトを放ってる建物がありました。


こちらは「草間彌生」さんの「幻の華」という作品だそうです。

今まで気にも留めていなかったけど草間さんって松本市出身なんですって。

で、このオブジェのあった建物は「松本市美術館」らしいです。


f0355671_15175193.jpg


ちょうどこの時期は館内で草間彌生さんの特別展示をされていたのですが
先を急いでいた我々は早々に立ち去りました。

ちょっと観たかったのだけどねぇ~。


そしてここから歩くこと数分でやっとお目当てのお店に到着です。



f0355671_16572212.jpg
「そば処 浅田」さん


お店は11時半からなのに着いた時間は10時50分。
おひさまは一番てっぺんから照り付けて結構な暑さ。

でも一番かと思いきや、もう先客がおられました。

こちらの店の人気が伺えます。

店前の受付帳に名前を書いて開店を待つことにしました。

このあと続々と人が訪れあっという間に店前に人が溢れ出しました。


f0355671_16573084.jpg

相変わらず強気というか当然の姿勢には頭が下がります。



開店の前に頑固そうだけど職人顔のご主人が出てこられました。


「えぇ~、もうじき店を開けます。
 入店される前に言っておきますがうちは蕎麦屋ですからね。
 蕎麦以外は扱ってませんのでそれ以外のものを食べたい人はヨソへ行ってくださいよ。
 中に入ってから知らなかったといわれても知りませんからね」


ふふぅ~ん、これだけの人気店でもお蕎麦じゃなく丼やおうどんを
知らずに頼まれる方がおられるってことですね。

まあ昔のmayaoも蕎麦は苦手だったのでありえますわなぁ~。

準備が整ったのか、店開きは予定より少し早い時間でした。

並ぶ方を尻目に店内に呼び入れていただいて(だって我々も30分は待ってますもの)
小上がりの掘りごたつのお席に案内していただきました。


あ、またこのお席も4年前と同じ。


またまたこのお店からもご縁をいただいて嬉しい限り。


感動もそここにまずは瓶ビールを注文。


ビールを頼むとお蕎麦を揚げたモノがおつまみとして出てきます。
冷たいビールに塩味カリカリの揚げ蕎麦。


待った甲斐がありました。


お蕎麦は十割のざるそばを頼みました。
細切りツルツルッの味わいのあるお蕎麦はからみ大根でいただきます。

とどめのそば湯でつゆを割って。


なんて至福の時間なのでしょ。


え・・・・・お料理の数々の画像がないって????


そうなんです。
店内に「写真を撮るのは構いませんがSNSなどにはアップしないでください」
って貼紙がしてあったのです。

お店の方に自分で楽しむための写真なら撮ってもよいのですよね、と再確認。
一応写真は撮りましたが大好きなお店のルールはしっかり守ってアップはいたしません。

あしからずご了承くださいね。


でもちょっと見たいなぁ~って方。
食べログ」さんにアップされてる画像でご覧くださいませ。


だけど「食べログ」さんの口コミには直近の画像がバンバンアップされてます。
mayaoはネット上にアップしないでと言う意味で捉えたのですが違うのかなぁ~。

何にせよ、今回も期待を裏切らないお店でした。



f0355671_16574217.jpg

出てきたら店前はこんな感じで待ち客で一杯になってましたよ。


by manaApelila | 2016-09-18 16:23 | 旅行 | Comments(0)

麺食いですからぁ~

大阪に帰ったらやっぱ麺食べなあきませんわねえ。


我が家を語る上で麺を抜かすわけにはいきません。



三日目のお昼はヨドバシカメラの中でみつけたおうどんやさんへ。


屋号は「釜たけ流うどん」とありました。


「釜たけうどん」さんと言えば大阪のうどん好きで知らない人はいない有名店。


しかし釜たけ流とはなんぞや??????


多分釜たけうどんのお弟子さん筋には間違いないでしょう。


そう決めてかかって釜たけうどんの定番「ちくたまぶっかけうどん」を頂きました。



f0355671_18330183.jpg


揚げたてサクサク天ぷらとまあお見事な太麺。

天ぷらも豪勢にドドーンと別盛りぃ~。

麺は見た目通りコシが強くてあご力が要りました。

量も太っ腹に多いので不覚にも残してしまった・・・・・・。


mayaoは大阪人なのでおうどんは細めでやらかいのんが
好みなんですよ。

人それぞれ好みはあるでしょうからあくまでも個人的意見です。



そしていよいよ富山へと帰る日のお昼。


絶対絶対つけ麺は食べて帰りたいと思ってたので
一番のお気に入り店である「鶴麺」に寄って帰ることに。

大阪のいろいろなつけ麺を頂いてきましたがここは三本の指に入ります。

あ、あくまでもmayao談です。



f0355671_18330586.jpg
いつもの塩つけそばをいただきました。


まずはほんの少しだけ麺をチュルリン。


うむうむ、この味この味。


そしてスープ。

あぁ~、もうたまらんねえ~。

期待を裏切らないとはこのこと。

二人で寡黙にツルツルっといただいて
思い残すことなく富山へと車を走らせました。




by manaApelila | 2015-06-16 01:10 | 大阪 | Comments(4)

GWの大阪旅再び

そういえば、大阪で食べたもののアップを忘れていました。

たった4日間の滞在でしたがそこは我が夫婦。

そして知りも知った大阪なので縦横無尽に動き回って食べてきました。


一日目、

お昼前に大阪到着してまず向かったのが旦那さん行きつけの「Craft Beer Base
その二号店の「CRAFT BEER BASE BUD」

この日は29日と肉をかけて「肉祭り」と称したイベントをしてはりました。


大阪駅前第一ビルの地下なのでオープンな店構え。


でも一歩入ると店の奥から女性オーナーの

「おっかえりなさ~い」の声。

回りの顔見知りのスタッフも口々に迎えてくださいました。


こういうのってとっても嬉しい。


f0355671_18322742.jpg
まずの一杯。



f0355671_18310799.jpg
f0355671_18310187.jpg
そしてお肉。


f0355671_18321161.jpg
この日のラインアップは全てIPAでした。


2日続けて行ってしまいました。


2日目は


f0355671_18322057.jpg

一応流行りに乗ってみました「ジャーサラダ」も頂いて


とってもよいビール日和となったわけです。


まだまだ食べてますよ。


by manaApelila | 2015-06-08 18:49 | 大阪 | Comments(0)

緑のゲレンデ

「称名滝」から少し下りて冬によく訪れていた「立山山麓スキー場」へ


ここでちょっとお昼ごはんです。


f0355671_18104446.jpg
ゲレ食と言えば冬じゃなくともラーメン。


ここ極楽坂スキー場では極楽ラーメンと地獄ラーメンがあるのですよ。


でも地獄ラーメンを食べる勇気がないので安心の味、極楽ラーメンにいたしました。


ちょっと醤油の濃いスープだけど昔ながらのザ・ラーメン。


スープをひと口飲んで「おおっ、これこれ、これやがなぁ~」と、
ラーメン好き夫婦二人揃って唸りましたがなぁ~。


でも一応ダイエット中なので、ラーメンを食べたらちょっと動かないとね。


ゲレンデを見ると遊歩道のような道がちゃんと出来ていたので
少し歩いてみることにしました。

f0355671_18105397.jpg

黄色いお花が一杯咲いて綺麗です。

このお花は「ウマノアシガタ」って名前。

キンボウゲの仲間ですって。




f0355671_18110288.jpg

スキーのときは初心者向けのゲレンデも実際に自分の足で上ると
結構勾配がキツくてすぐハアハアと息が上がってきました。

ジグザグに上ったり、しばしお花を撮ったりしてゆっくり上っていきました。


遠くに見える山はまだまだ雪がいっぱいです。



f0355671_18132368.jpg

雪があればこの辺りから下までシュ~って、
あっという間なのに自分の足だと一歩一歩何ともどかしいこと。

改めてスキーって凄いなぁ~って感心。


この付近は登山コースがいくつもあって、
またゲレンデをゴンドラで一気に上がれば
ハイキングやトレッキングも楽しめるみたいなので
グリーンシーズンもいろいろと活用させてもらえそうです。


by manaApelila | 2015-05-19 18:32 | 日帰り旅 | Comments(0)

岩瀬で満足の店を見つけました

f0355671_12311276.jpg
東岩瀬の駅から少し歩くと大町通りに到着です。

ここは旧北国街道。


し~~~ん・・・・・・


⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝつ <ぇぇぇぇぇぇぇぇ!!


めちゃ静かやん。


この日は土曜で富山駅も新幹線客で結構賑わってたのですが
まだここ岩瀬は人気浸透してないのか。


まあよい、その方が落ち着いて平和に過ごせますね。


ときは計ったように正午を迎えています。


まずは腹ごなし。



f0355671_15443833.jpg

本日のお昼はかねてから伺いたかった「丹生庵」さん。



まん前には「満寿泉」でお馴染みの「枡田酒造店」があります。


f0355671_12384150.jpg



そうなんです。


こちらのおそば処では「枡田酒造店」のお酒がセルフでいただけるんですよ。



その冷蔵庫がコレです。


f0355671_15450274.jpg


上にはいろいろなグラスが置いてあって自分で好きなのを選んで
これぞと思うお酒をつぐ。

多くついでも少なくついでも一杯200円で
お勘定のときに自己申告するシステム。

ボトルはテーブルに持って行っても大丈夫。


mayaoの一杯目は



f0355671_15451086.jpg

しぼりたて新酒


おっとその前に




f0355671_15445062.jpg
いただいたおそばがコチラ。


細打ちのニ八そばを選びました。

そばはもう一種類、平打ち十割もあります。


こちらのお蕎麦は温かいものはなくてもりそばとぶっかけのみ。

つけ汁とろろはありますが天ぷらもなし。



その代わりお酒のつまみとしてうるめいわし、たたみいわし、塩うにがあります。





もちろんお蕎麦もそばつゆも秀逸です。


f0355671_15453215.jpg
二杯目はこちらのお店限定の10年熟成「悠久の調べ」を選びました。


さすが10年寝かせてあるだけあって甘いハチミツのような味わい。
芳醇な焼酎のよう。

お蕎麦がなくなっても

f0355671_12505428.jpg
こちらのそば湯が充分肴になりました。


店内にはクラシックが流れ、大きなテーブルが三つと広いカウンターには
ゆったりとお客を座らせてくれるので相席や詰めて座らせることもなし。

静かにお酒とおそばを楽しむ大人のそば処。



それでも人気は高くて昼には品切れになってしまうことも
あるみたいです。

この日はたまたま空いててラッキーした。

ご店主曰く

この方が落ち着いてていいんだよとのことでした。


mayaoもそう思います。



あぁ~、何ていい店なんだぁ~。





次回はまずお酒と肴を頼み、そして二種類のそばをシェアしていただいてと
余すことなくこのお店を楽しんでみたいと思います。1

今回はまだ街歩きすらしてませんからね。



by manaApelila | 2015-04-23 13:00 | 日帰り旅 | Comments(2)

今年最後

今年最後の富山詣でも無事終了。


月に一度の富山詣での密かな楽しみのランチ。


12月はちょっと豪勢に


f0355671_17320812.jpg
お寿司をいただいてきました。

にぎり5貫に少し甘めで焦げ目の香ばしい卵焼き。
しゃりが少し暖かいのは寒い地方だから?

お味噌汁の中にはつみれが入っていました。

それと茶碗蒸し。

面白いことに茶碗蒸しとワッフルの
どちらかを選ぶことができるのです。

mayaoは迷わず茶碗蒸しでしたが。

ただこのお店の屋号が富山のデパートに入っているのに、
「浪花寿司」ってところにちょっとひっかかるものはありましたが
税込み千円ぽっきりだったので何も言えませんなぁ~。



ここで思い出しましたが、富山詣での際のランチをアップしたのは
最初の二回ほどだけでした。

あとはすっかり忘れてましたねえ。

今年の話は今年の内になのでここで一気にご紹介しましょう。


9月は銀行の営業レデイに教えてもらったピザの美味しいお店に
行ってみました。


その名も「Pizza ISM」さん。



f0355671_17321840.jpg

f0355671_17313989.jpg
mayaoは一人でピザを食べるってことはあまりしないのですが
せっかくなのでマルゲリータをお願いしました。

食べきれるかなぁ~。

ところがところがこのピザの中身はもちろん、
パイ部分がとってもジューシーでハグハグと一気に頂いてしまいました。


10月は旦那様がお休みだったので二人で富山詣で(笑)。



この日は事前にチェックしていたお店に行きました。



f0355671_17321477.jpg
「サウス バイ サウスウエスト カフェ」って長いお名前の店。


こちらはハンバーガーとサンドイッチのお店なのですよ。


f0355671_17314608.jpg
f0355671_17315673.jpg

mayaoはアボカドバーガー、旦那さんはシンプルバーガーにフライドエッグのっけ。

バンズは焼きたてで、フレンチフライも揚げたてカリッカリ。
野菜はサイドに置いてあって好きなように盛り付けて
好みでケチャップとマスタードをかけるアメリカンスタイル。

ここはほんとに富山か!! って思える満足な味でございました。



11月は一人で詣でました(笑)


どこへ行こうか考えてなかったのでデパートのレストラン街をウロウロして
入ったお店は「柳の下 末弘軒」。


何も知らずに入ってお店の名物らしい「ワンタンメン」をいただきました。


f0355671_17320283.jpg


結構長い時間待たされて出てきたのがコチラ。


おっ、シンプルで私が好きそうな感じやん。


鶏がら醤油味のスープに何も入らないワンタンは超私好み。


麺は手打ちっぽいしチャーシューはこれまた好みの赤身のみ。

ずるずるっと頂いてしまいました。

あとで調べてみたらこのお店は昭和6年創業で
もう既に80年以上も経っている老舗で富山のラーメンの原点らしいです。

富山って市内はブラックラーメンが前に出てきてるから
そんなんばかりかと思ってたけどこういった昔ながらの優しいラーメンも
ちゃんと残ってて安心しました。

富山に来て7ヶ月。

そこそこに頑張りました。


来年も富山詣でランチ、楽しみま~す。


by manaApelila | 2014-12-28 18:33 | 富山市内 | Comments(0)