魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
HAPPY NEW YEAR..
at 2019-01-03 15:31
DEAN&DELUCAの付録
at 2018-12-28 17:33
クリスマス飾り2018
at 2018-12-18 15:22
富山駅のツリー
at 2018-12-17 17:00
感動!!
at 2018-12-12 15:45
最新のコメント
みなみちゃん、 今年も..
by mayao at 15:49
もう8日ですが。。。。6..
by みなみ at 09:01
たんちゃん、 新年..
by mayao at 01:08
もう6日ですが・・・ あ..
by たんちゃん at 01:31
みなみちゃん、 わ..
by mayao at 23:25
これ、 みなみはクイー..
by みなみ at 17:37
メリークリスマス キヨさ..
by mayao at 16:13
お久久久しぶりです ..
by キヨ at 03:50
みなみちゃん、 そ..
by mayao at 14:19
これは完全にmayaoさ..
by みなみ at 09:38
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

カテゴリ:ちょっとええもの( 12 )


DEAN&DELUCAの付録

久々で付録に釣られて買ってしまいました


普段はクセになるといけないのであまりチェックをしないようには
心がけているのだけど

原因は親友です(笑)


先日、



f0355671_17083259.jpg
このバッグが欲しくて衝動買いしてしまったぁ~と自慢してきやがりました(笑)


あら、ポンポンも付いてるし巾着っぽいしええやん(上からぁ~)
と思いながらもmayaoはこの冬にエコファーの手提げバッグを買ったばかり
なのでこれに気持ち揺らぐことなくスルーできました


でもちょっと冬の付録がどんなもんかとチェックしてしまったのですよ



そしたら



f0355671_17014482.jpg
この「MUSE」という雑誌を見つけてしまいました
この付録が何と「DEAN&DELUCA」の特大デリバッグ~



mayaoはこのブランドに弱いんです
写真で見る限りしっかりとした生地のようだし大きいことはいいことだ


それにこのブランドのバッグが付録になる雑誌は即日完売になることもあるらしい
12月27日が発売日とあったので満を持して書店へGOです


でも急ぐことなかったんです
住んでる土地を忘れてました

11時頃書店に入ると付録本のコーナーで
店員さんがこの日発売の箱を積んで商品の入れ替え作業中
(というか始めたばかり)

うそっ、普通は開店前にやる作業ちゃうん?

当然お目当ての雑誌は積まれてる箱の中


なのでちょっとぐるっと回って戻ってきたら
やっと台車に積まれてたところで正に棚置き作業中

大阪の女はイラチ(短気)なので待ちきれず
これ、いいですか?と台車から取ってレジへ・・・・・


なぁ~んや、これなら多分年を越してもあったんやろなぁ~
田舎に住んでてよかったぁ~


と、前置き長くなりましたが現物です



f0355671_17020019.jpg
サイズ感をわかっていただくために子供たちが入ってくれました


あれ?ツケが見えない・・・・・・耳がかろうじて・・・・・・


そうなんです、それだけ大きいってことなんです


f0355671_17021335.jpg
はい、こんな感じです

ちなみに両サイドのポケットにはワインボトルがすっぽり入るのだそう

内側にはコーティングがほどこしてあるので濡れたものを入れても大丈夫
持ち手も余裕があるので腕掛け肩掛けのいずれでも使用可

お買い物だけじゃなくてお稽古やスーパー銭湯に持ってくバッグとしても
重宝しそうです

ひょんなことからこのバッグに出会えて今年最後のラッキーいただきましたぁ

自慢してきた親友よ
ありがとね

[PR]

by manaApelila | 2018-12-28 17:33 | ちょっとええもの | Comments(0)

解禁!!


f0355671_14294617.jpg

今年もカニ漁が解禁になりました


となると毎年の冬のお楽しみはこれ


「芝寿し」さんの「ずわいがに棒寿し」



f0355671_14295780.jpg
カニ身がぎっちり乗っかってます

傍らにはおしょうゆじゃなくかに酢のジェル
これをブチブチっと絞って乗っけていただきます

ううっ、たまりませ~ん

この冬は何本食べれるかな


[PR]

by manaApelila | 2018-11-28 16:02 | ちょっとええもの | Comments(0)

この春はこのバッグで

駅までの道のりが長いため普段からもっぱら車移動


なので冬場の休日も電車でのおでかけを躊躇してしまいます


でも少し暖かくなって外歩きも楽になってきたので
久々電車で富山市内へ行って来ました


ちょっと覗きたいところがあったんです



f0355671_16204124.jpg
3月中旬、富山大和で開催されていたこの催し


もうずいぶんと前(笑)の若い頃からのお知り合いが
この催しに初出展したはったんです

元はアパレルでお仕事したはったお洒落さんですが
今は手作り時計職人として日本国中だけに留まらず
一年中あちこちを飛び回っておられます

少し前から「富山行くでぇ~」って言っておられたので
「ほな、顔出しますねえ~」でヒョコヒョコと行ってきました

素敵な腕時計を一から作りはるんです
mayaoもいつかは買おうと思ってるのだけど
今回は会ってお喋りしてまた来年ねぇ~って


あ、写真撮るのん忘れた・・・・・まあええか(笑)
また来年も来る言うてはったし

その代わり、別のお店でかいらしいモン買わせてもらいました


f0355671_16210115.jpg

京都は東山三条の「べる れがあろ」さんが作ったはる
がま口バッグです

大阪にいたときからがま口バッグ、カワイイなと思いながら
いつでも買えるから・・・・ってそのまんまになってました

これね、大阪で見たのならまたいつかだったかもしれない

けど富山に居ると違うんです
欲しいなぁ~って思ったときにすぐ買えないという
地方アルアルの切羽詰った思い

で、そんなに高いものでもないんで今回は即決

プリントもネコさんとかいろいろあったのですが
今のmayaoはピアノ大好きなので鍵盤と♪柄に決定

春のおでかけはこのバッグを斜め掛けにして
軽快に歩けそうです



[PR]

by manaApelila | 2018-03-30 16:46 | ちょっとええもの | Comments(0)

祖母の鏡台

ちょっと変な写りですが・・・・・


お重箱繋がりで祖母からの贈りもの第二弾です

f0355671_16403032.jpg

3年前に受け継いだ祖母の鏡台です

台座の上に鏡を置いてあって昔のものなので
この鏡がとっても重いのです


今は実家で預かってもらっているので
荷物に挟まれてちょっと肩身が狭そう


この鏡台は紫檀で作られています


母は自分が子供の頃からあったはずとか言っていましたが
大阪大空襲で母の実家は消失してしまったのでちょっと眉唾物です(笑)


でもかの昔、職業軍人だった大叔父が満州から
持ち帰ってきたのは本当の話らしいです


たとえ戦後だったとしても70年以上前の話になるので
古いことは古いですよね


で、何故この鏡台を私が継ぐことになったかと言うと



6年ほど前、奈良の伯母の家に行ったときのことでした



祖父は晩年のいっときを伯母の家の離れに住んでいたことがあって
その部屋にそのまま置いてあった和箪笥と鏡台を見た母が発した


「これ、おばあちゃんのよ 覚えてる?」


の一言でした


今まで何度も訪れていた伯母の家だったのに
何故母が今になってこんなことを言ったのかも謎ですが


もしかしたら祖母が母に言わせたのかもしれませんねえ


でもそれだけではピンと来なかった私


ほとんど思い出すことのなかった祖父母宅の間取りを
頭に浮かべて


あ、お座敷のお隣でほとんど陽が当たらなくて
廊下の続きのように思っていたあの部屋に
そういえば和箪笥と鏡台が置いてあったっけ・・・・・


一瞬で引戻されました


祖母のものが残っているなんて思いもよらなかったこと


台座の板をずらすと引き出しが現れるのですが
この引き出しの中には祖母の使っていた櫛も入っていて
それだけでもう祖母の吐息が聞こえるよう

祖母が亡くなったとき、私は幼かったので
この鏡台に祖母が向かっていた姿は全く記憶にはないこと

伯母はたまに着物を着る時にこの鏡台を利用していたようです


いつか伯母が旅立ってしまったときにこの鏡台はどうなってしまうのかと
急に愛おしくなると同時に心配になってきました


結構場所を取るからおそらく従兄弟たちには邪魔なだけよね


となると処分されてしまう・・・・・・・


まだまだ先のことだと思うけど、鏡台は私に譲ってねと伯母にお願い



その数年後、思いもかけず伯母が亡くなり約束どおり鏡台を
従兄弟が実家に運んできてくれました


帰省するとこの鏡台のある部屋で寝泊りしているので
当然私の化粧台になります


小さかった孫娘の変貌ぶりに祖母はずいぶん驚いているのでしょうが
孫娘はとても穏やかな気持ちで化けさせてもらっていますよ


鏡台とお重箱を受け継いだことで祖母の器用さも
備わればよいのだけど、それはままならぬことですなぁ~

[PR]

by manaApelila | 2017-10-20 17:08 | ちょっとええもの | Comments(0)

祖母からの贈りもの

f0355671_17071555.jpg
もう50年も前に他界した祖母のお正月道具を引き継ぐことになりました


明治生まれだった祖母は何でも出来たスーパー主婦


和裁に編み物はお手のもの、


特に編み物は玄人はだし
母がファミリアで見た細かい編み込みのセーターを作って欲しいと頼めば
製図もなしにワシワシと編んで、ちょっとでも気に入らないとたらぁ~んとほどく


お布団も座敷にお布団生地と綿を広げてモスモスと包んであっという間に出来上がり

ついでに枕やお座布団も作ってくれていました


お彼岸にはちらし寿司やおはぎを山ほど作って持ってきてくれて


私は祖母の作るおはぎが大好きでした


でもあっという間に逝ってしまった祖母


そしてもう50年


祖父愛用の煎茶器を少し分けてもらったことから始まり、
三年前に祖母愛用の鏡台をもらうことになって、今回はお重箱


幼かった私はほぼ記憶にないお重箱


二人暮らしの我が家にちょうどよい大きさの四段重です
(今のお重箱は三段が主流ですが昔は四段だったらしい)

貝細工がほどこしてあって取り皿、取り箸、お屠蘇器付です


大阪に帰るまでは実家に預かってもらっていますが
私の作るお節はそれこそ和洋中と様々

料理上手だった祖母から「あんさん何入れたはりますねん!!」

って叱られるかも

でも私なりに頑張って作るのでおばあちゃん、許してね


大事に使わせたいただきます

[PR]

by manaApelila | 2017-10-19 01:20 | ちょっとええもの | Comments(0)

採れたての贈り物

GWが過ぎてずいぶん経つのに富山はまだまだひんやりとしています

日中でも窓を開けていると肌寒く感じて
暑いのが苦手なmayaoには過ごしやすくて何よりなので
夏は遅く短くでお願いします(笑)

さて、


主人以外の知り合いは誰一人もいないこの地に来てちょうど三年が過ぎました


そして、


mayaoがジムで毎週エクササイズを始めてもう2年


毎週同じ時間に通っているとお馴染みの方も増えてきて
エクササイズで一緒に声を出して盛り上がったり、前後にいろいろなお話をして
楽しい時間を過ごさせていただいています


ときどき美味しい贈り物をいただくことも


f0355671_15340785.jpg

この春は何度も採りたての菜の花やほうれん草をいただきました


菜の花ってスーパーで売っているものは端をかなり切り落とさないと硬くて使えないけど
こちらの菜の花はほぼ切り落とすところなし


葉も茎もとっても柔らかくてシャキシャキとして美味しい~



f0355671_15335890.jpg

この春は何度もからし和えが食卓に登場しました
(あ、これはちょっとつゆだくになってしまったのでベストじゃないです)

恥ずかしながら、からし和えは食べたことも作ったこともなかった
mayaoでしたがおかげで春のお料理の一品として追加できました



今日は、



f0355671_15405222.jpg

今朝採りたてのサニーレタスをいただきました


本日のお夕飯はレタス巻きに決まりました


畑の恵と地元の人からの愛に感謝です

[PR]

by manaApelila | 2017-05-17 16:40 | ちょっとええもの | Comments(2)

ファミリアの食器

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。


気づけば2月も中旬を過ぎてました。


もう少しだけファミリアで引っ張らせてください。


f0355671_16290287.jpg
f0355671_16285132.jpg

こちらは見ての通りのファミリアの食器です。


前のブログには載せたことはあったのでカブリネタですが
こちらでは初めてなので大目に見てくださいね。

今も販売されてるファミリアの食器セット。


これは今のものではなくて弟が産まれたときのものなので
もう半世紀以上も前のものになります。


最初はスープカップやお茶碗、マグカップなどのセットでしたが
割れたり欠けたりして今手元にあるのはこの二点。
f0355671_17014039.jpg

そしてこちらが今販売されているもの。
画像はファミリアさんのオンラインショップからお借りしました。


半世紀以上前の食器と現在の食器。



食器の形状は少し変わっていますがイラストは当時のまんまなんですね。


ミッキーにしてもスヌーピーにしても初代とは顔がずいぶん違ってるのに
お皿の中で風船を持って空を仰いでるファミちゃんに変わりはなし。


ブレませんなぁ~ファミリア。




定番は変わらずの姿勢には頭が下がります。


この食器は縁あってmayaoの元にありますが
これからも大切に使わせていただきますね。 

[PR]

by manaApelila | 2017-02-17 17:26 | ちょっとええもの | Comments(2)

これもたしか・・・・・

f0355671_16292300.jpg
少し古びたイチゴのブローチ。


これもファミリアで買ってもらったものです。


ネームが付いていないのでもしかしたらファミリアオリジナルではないかもしれないけど
小学生4年か5年のときに阪急三番街のファミリアで買ってもらった光景まで記憶しているので
多分間違いないです。

このブローチはレザーのような生地・・・なめし皮って言うのかしら?

その生地で実も葉っぱも出来ています。

ギザギザにカットされた生地がクルクルっと巻かれて出来ています。

子供の頃は無邪気にも先をつまんでビロロロ~ンって伸ばして遊んでましたが
今それをしたらビリリと裂けてしまうでしょうね。

それに一応分別ある大人のつもりだし・・・・・(笑)


このブローチを着けている写真を見つけました。



f0355671_16291302.jpg

山中湖で撮った写真です。


ワンピースの胸元にあのイチゴちゃんブローチが。。。。ねっ!!


隣にいるのは母ではなく数年前に他界した伯母です。


ちょっと顔は隠していますが佇まいが
母とそっくりだったことに実の娘はびっくりでした。


今まで祖父似の母と祖母似の伯母は似ていないと思っていたのですが
やっぱり姉妹、本人たちも多分気づいてないでしょうが実はよく似てたのね。

それにしても私の真っ黒なことったら。



[PR]

by manaApelila | 2017-02-06 17:36 | ちょっとええもの | Comments(0)

ファミちゃん

f0355671_15171253.jpg
引き続きのファミリアネタ。


今回はファミちゃんです。


たしかmayaoが10歳になるかならないかの頃に我が家に来ました。


ひゃぁ、また半世紀ほど前の話になりますわぁ~。


赤のコーデュロイサロペットに懐中時計のアップリケと刺繍の付いた
青いマントを羽織ってるちょっとオシャレなファミちゃん。

マントは日焼けしてかなり色あせ。

そして皮のお鼻も劣化して取れてしまいました。

ちょっとおすましなこの子。


実はこの子には少しだけ悲しい思い出があるのですよ。


当時我が家には姉の誕生時にどなたかからいただいた小さなワンコのぬいぐるみがいて
mayaoは結構可愛がっていたのです。

はじめは真っ白だったけど抱いたりしているうちに少し薄汚れてきていました。
今思い出しましたが名前はクロちゃんだったかと・・・・(爆)

それがある日、母と一緒にお出かけしていた弟が抱いて帰ってきたのがこのファミちゃん。

何と弟ったら自分は見向きもしなかったクロちゃんはもう要らないから
ファミちゃんがほしいと言ったのだそう。


ええぇ~っ・・・・何でぇ~っ・・・・・・・・。
もうびっくりしたことったらなかったです。

でもね、今思えば母の策略だったのでは?

母がファミリアでふと見たファミちゃんを可愛いなぁ~って思って。

で、弟にこのファミちゃん可愛いねぇ~とたきつけて
買ってあげるからクロちゃんは捨ててもいいよね、って。

そりゃあ弟には何の愛情もないクロちゃんですからうんと言うに決まってます。



ただ幼いmayaoは逆らうことも出来ずクロちゃんとはさよならしましたよ(しくしく)。


当の弟はファミちゃんには目もくれずで放ったらかし。


やっぱり主謀者は母よ母(笑)



mayaoはmayaoでそんなに可愛がることもなくファミちゃんはずっとおすましさん。
実家の応接間からリビングのソファで暮らしていました。

それが数年前のある日に弟が急に実家から我が家に運んできて
因縁のファミちゃん我が家へ(笑)と相成ったわけです。

ファミちゃんの歴史に弟は欠かせない悪役ですわな。

今はね、他のクマちゃんたちと楽しく過ごしてはりますよ。

ファミちゃんには罪はないのでこの子を恨んではいません。

それより取れちゃったお鼻の修理をそろそろしてやらなくてはね。


[PR]

by manaApelila | 2017-01-28 15:52 | ちょっとええもの | Comments(0)

べっぴんなもの

今絶賛放映中のNHKの朝ドラ「べっぴんさん」


今回の舞台は神戸と大阪、そして子供の頃から着嗜んできた
「ファミリア」のお話ということもあり毎日欠かさず観ています。


恐らくテレビをご覧になって今までテレビなどで聞きなれた関西弁とは違った
ちょっとお上品な関西弁に戸惑っている方もおられるのではないでしょうか。

でもね、

神戸の山の手のお嬢さま方は今でもあの喋り方されてるし、
大阪で生まれ育ったmayaoも回りのお友達もあの喋り方でした。

あのね、それでね、って言い方。

たまにあのな、って言うと母から怒られてましたっけ(笑)

今はTPOに合わせてどちらも使えるようになりましたけど 〆(´Д`ll)ハハッ

あ、話が逸れてしまいました。


話は「べっぴんさん」に戻って・・・・・・


まだすみれさんたちがお店を始めた頃のお話の中で
白い丸襟の付いた濃紺のワンピースを作っているのを見て
ふと思い出しました。

たしかmayaoも幼い頃によく似たワンピースを着ていたことがあったわ・・・・・と。


アルバムをパラパラとめくっていたらありました。



f0355671_16294389.jpg

どうだ、この丸い顔・・・・・ではなくてファミリアのお洋服。


何せ半世紀ほどまえの写真なので半分は白黒なのはスルーしてください(笑)


このワンピース、左右の写真を見比べるとわかるのですが
袖の長さが違っています。

左は半袖で袖口に白いカフスが付いています。
右は長袖で少し肩の切替のところが膨らんでいます。

そうなんです、ボレロが付いているんですよ。


よく覚えていないのですがフロントにはボタンがないので
おそらく後ホックがボタンで止めるタイプだったと思います。

タックの入ったハイウエストな胸元には丸型の刺繍がほどこしてあります。
でもボレロを着ると隠れてしまいますがここがさすがファミリア。

ボレロの中央に少しアールをつけて上半分の刺繍をほどこして
ボレロを着るとワンピースの刺繍の下半分とがちょうど合わさる工夫がしてあるのです。

なんと小憎い(笑)


このワンピースを着ていた時期もとても長くて写真を見る限りでは
幼稚園の年長さんから小学校三年くらいまでだったのじゃないかな。

mayaoがあまり成長しなかったのかしら・・・・って思ったりもしたけど。

そういえばドラマの中で裾にヘムを多くとってあるので成長されても裾を出すことによって
長く着ていただけますとか言ってましたっけ。

そうだったのか、ファミリア。

ファミリアネタ、小出しであと数回出させていただきます。

[PR]

by manaApelila | 2017-01-25 17:21 | ちょっとええもの | Comments(2)