魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
どうしたもんじゃろなぁ~ その後
at 2017-10-13 17:19
KONABEERでお買い物 ..
at 2017-09-28 14:56
KONABEERでお買い物 ..
at 2017-09-26 15:50
KONABEERでお買い物
at 2017-09-25 16:40
アメリカのミニパト
at 2017-09-13 16:24
最新のコメント
みなみちゃん、 よ..
by mayao at 23:36
あ~、こりゃ要る! こ..
by みなみ at 19:07
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:27
うんうん、可愛いー(*´..
by みなみ at 17:42
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:54
本当に箱までもが素敵w・..
by みなみ at 17:40
たんちゃん、 そ..
by mayao at 16:16
キヨさんのブログの紹介を..
by たんちゃん at 23:06
みなみちゃん、 そ..
by mayao at 15:27
キャ-!!o(≧∇≦o)..
by みなみ at 13:40
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

タグ:魚津 ( 71 ) タグの人気記事


社会見学

f0355671_16543256.jpg
キャンプ場へ行く途中でこんな場所をみつけました。


「東山円筒分水糟」と書いてあります。


水循環遺産って言葉、よいですねぇ~。



で、どんなものかと言いますと



f0355671_16545206.jpg

こんな感じ。


丸い筒の底から水が沸いて溢れ出る姿はまるで造形美。


でもこれは見物するための施設ではなく
ちゃんとお役目のあるものらしいのです。


こちらに越してきたとき、四六時中山からザブザブと流れてきては
富山湾に注がれていく伏流水の豊富さに驚いたものでした。


魚津には水不足なんて言葉はないと思っていました。


だけど地域によってはそうではなかったみたいです。


片貝川は急流河川ゆえ豪雨になれば水害が発生。
そして夏は水が乾くため沿岸地域では水争いが絶えなかったのだそう。

争いをなくすために民主的な組合まで出来たのが明治23年。
でもその頃の水路は粗悪だったため解決には至らず。

その後昭和13年頃から分水糟を作ることになりましたが
戦争などがあり再開したのは昭和25年のこと。

今度は5年で作り上げたのですって。




f0355671_16550283.jpg

このフォルムの美しさ。


水路が左右に分かれていますね。


これぞ分水です。


mayaoたちがいたキャンプ場をもう少し上がっていくと
発電所があるのですがその発電所から取り込まれた水が
川の下を通る地中のトンネルを流れてきて
この分水糟で湧き出してそれぞれの水路に流れていくというわけです。


先人の卓越した技術の粋を見せつけられました。

[PR]

by manaApelila | 2015-09-29 00:27 | 日々のこと | Comments(0)

お外でランチ

今年のシルバーウィークは富山から出ることなく過ごしていたmaya桶。



最終日のお昼はお外でご飯を食べることにしました。


お外でお昼と言っても洒落たレストランとかどっかのお店とかではなく
本当のお外ごはんですよ。


スーパーでお弁当を買い込んで出発です。


f0355671_16551375.jpg
車で3~40分ほど走れば山の中に入れるんです。



f0355671_16552924.jpg
片貝川キャンプ場に到着です。



多分昔からあるとは思うけど管理棟が真新しいので最近改装されたのかな。
トイレがめちゃ綺麗なのはとてもありがたい。


f0355671_16553927.jpg

バーベキューコーナーもこの通りゆったり余裕の広さ。
使わないときは蓋をしてあるのでテーブルとしても使えます。


f0355671_16555200.jpg

この水の美しさ。

キャンプ場側はちゃんと草を刈って足元も悪くないよう石を敷き固めてあります。

川まで降りれないかと思ったらこちらも危なくないよう大き目の石で
小さな子供は一人では上り下りできないくらいの階段状に作っておられました。

すばらしぃ~。


f0355671_16555949.jpg

せっかくなので下まで下りて川のお水を触ってみました。


冷たくて気持ちいい~。

水量や流れの変化はわからないけどこのくらいの水量と流れなら
水際から離れない限りはちょっとした川遊びも楽しめそうです。



f0355671_16561144.jpg

こんな看板が場内に設置されていました。


川の向こうは山。


そして



f0355671_16562539.jpg
後にも山が迫っています。


っていうかここは山の中でした。


クマさんたちが出てきても決して不思議じゃない場所。



と思ったら



f0355671_16563428.jpg
f0355671_16564120.jpg
ギャギャッ・・・・・出たぁ~。


うぷぷ


f0355671_16564802.jpg
こんな子たちなら大歓迎。



連休の前半は結構な人で賑わったであろうキャンプ場も
最終日となればテントはひとつだけ。

バーベキューエリアも無人。

超閑散としていました。

おかげで我が家は川のせせらぎをBGMにお弁当タイム。

山と川の両方からパワーもいただいてお腹一杯。



この場所、あとひと月もすれば紅葉が楽しめそうです。




[PR]

by manaApelila | 2015-09-23 17:27 | 日々のこと | Comments(0)

夏の思ひ出(笑)

毎年8月の第一金曜から日曜までの三日間は魚津で一番大きなお祭り
「じゃんとこい魚津まつり」が開催されます。

三日の間で「たてもん祭り」や「せりこみ蝶六」街流しなどがあるのだけど
その模様はまた年を越えて追々とご報告できるかと・・・・・・。

よそものの我が家にとってのお楽しみは何と言っても「花火大会」。


西側全面が富山湾に面しているので花火は海上から上がります。


うふふ、我が家から海までは歩いて5分。


これは何とよい立地なんでしょう。


19時40分から始まるということで早めに夕飯を済ませ
クーラーバッグにビールを忍ばせていざ出陣。


f0355671_17043627.jpg
まだ少し薄明るい海辺にはちらほら人が集まりだしていて・・・・・・。



f0355671_17044663.jpg
mayaoたちはこの公園のような場所の芝生というより草むらに陣どりました。


ここは普段はこんな感じなんです。


f0355671_17300559.jpg
大伴家持の歌碑が海に向かって設置されてる場所。



何かのんびりしてますでしょ。

花火大会の日はこの辺りから先は車の乗り入れ禁止になっていて
露店も並んでるので人が一気に増えます。

道にはびっしりの路上駐車の車(笑)

ここの海辺はテトラポットがゴロゴロなのですが
先の海辺は


f0355671_17301744.jpg
こんな感じで段々にもなっていて恰好の花火見物の場所。

ちょっと先まで見に行ったらびっしりと人がいてびっくり。


mayaoたちは少し手前だけど人もそんなにいなくて
果たしてちゃんと見えるかしらって思ってた花火だって
ほらこの通り。



f0355671_17045778.jpg
f0355671_17050888.jpg
f0355671_17052069.jpg
f0355671_17053312.jpg
こんな感じでばっちり見ることができました。

40分間で2000発ほどですが見応えありましたよ。

来年は「せりこみ蝶六」街流し、見に行ってきます。

[PR]

by manaApelila | 2015-08-20 17:48 | 日々のこと | Comments(0)

蜃気楼マラソン

f0355671_00334826.jpg


ゴールデンウイークに入る前の日曜に「蜃気楼マラソン」が行なわれました。


春の魚津のイベントのひとつです。



何と第35回ですと。



ハーフマラソンを中心として10キロ、5キロ(5キロは車椅子も)、3キロ、2キロの種目。

これなら年齢や体力に応じて走れますね。



いつもお散歩にでかける歩いて5分の蜃気楼ロードがハーフのコースになっているので
見に行ってみることにしました。



10時20分、近くのありそドームからのハーフスタートの号砲の後、
3分ほどでトップ集団がやってきました。



f0355671_00335864.jpg


おおっ、ちゃんと白バイが先導してますやん・・・って当たり前か。



先頭集団が通り過ぎるとタッタッタッタって凄い数の靴の音が・・・・・



f0355671_00340716.jpg
f0355671_00341242.jpg

今回は史上最高の5901名がエントリーされたのだとか。


なかなか圧巻ですやん。


それにしても靴の音、凄くないか?????


それもそのはず。


大阪で行なわれるマラソンのように上空のヘリコプターもなし。
沿道に溢れる観客や騒音もなし。

おまけに反対側は海だし。

騒音というものは存在しないから靴音が
タッタッタッタッて異様に響いていたのでした。


この日は黄砂で空がかすむこともなく大晴天。


f0355671_00342534.jpg


陽射しは強いけど空気は冷たくて走るには絶好の日だったのではないでしょうか。


なんか蜃気楼が出そうな天候だなぁ~って思ってたら
反対側の富山方面に春型蜃気楼が出てたのだそう。

残念、見ること出来ませんでしたわ。



f0355671_00343298.jpg

ちょうど11時、折り返して先頭集団がまた前を通っていきました。


私たちの見物はここでおしまい。


沿道の見物客よりも走者の方が格段に多かったけど
なんか平和でほのぼのしててよいマラソンでした。


招待選手として皆さんと一緒に走っておられた「野口みずき」さんと「野尻あずさ」さん。


沿道の人たちに終始にこやかに「こんにちは~」って声をかけられたり
一緒に走ってる走者たちとハイタッチしておられてとっても爽やかでした。





[PR]

by manaApelila | 2015-05-13 01:12 | 日々のこと | Comments(2)

初めてちゃんと見たぁ~

北陸新幹線が開業してひと月。


当然魚津市内も走り抜けていってます。


そういえばまだちゃんと走ってるの見たことなかった。


お花見をした後、少し回り道をして新幹線の魚津ビュースポットに行ってみました。



f0355671_14493071.jpg

小高い丘のような山のような場所の下が新幹線のトンネルになってて
トンネルに入り込む間際の新幹線を見ることが出来るみたいです。



f0355671_16493085.jpg

周りは一面の田園風景で向こうには海が見えます。


おおっ、なかなかよい場所ではないですか。
ただし車があればの話ですが。



ところがココに来て相変わらず我が家(というか旦那さん?)ったら無計画行動。


肝心の新幹線がいつ来るのか把握してない。


場所がわかったからええやん。
ここならいつでも来れるし、ですって。

口では簡単に言えるんですよ。
こう言ってすぐ来た試しがないんです。


ところがそこへ一台の車が到着。
どう見ても鉄オタではなさそうなおばちゃん二人だけど・・・。

これは絶対新幹線見に来たに違いないとインタビュー。


あと10分足らずで来ることを確認しました。

よかったァ~。


普通はこうですよね。


わくわくしながら待っているとあちらの山のトンネルから出てきましたぁ~。



f0355671_16493653.jpg
f0355671_16494373.jpg
f0355671_16494763.jpg

あっという間でした・・・・・・。


しかも静か。


でもかっこいい~。


富山に来てすっかり鉄オタになってます。

[PR]

by manaApelila | 2015-04-19 15:04 | 乗物 | Comments(2)

桜満開

f0355671_16485314.jpg
どうです、この青空と満開の桜。

東京も大阪も今年は雨で早々と散ってしまったようですが
魚津では先週満開となりました。

魚津高校と東部中学のグラウンドを挟む道が桜のプロムナードとなっていました。

目が覚めるような美しい花に吸い寄せられて回り道することにしました。

この道、気持ちいい~。



f0355671_16490464.jpg
魚津高校の正門前の桜も美しく花を咲かせていました。

ちなみにこの高校の卒業生はお隣の滑川市出身の室井滋さんなんですって。


去年は桜が終ったあとに引っ越してきたので魚津の桜を見るのは初めて。


となると花見は外せまい。


f0355671_16491135.jpg
週末は、魚津総合公園までお花見に行ってきました。

この公園は富山さくらの名所70選(結構多い)にも選ばれているのだそう。


早月川の河口付近にあるので富山湾も間近。
そして立山連峰も望めるというロケーション。


魚津一番のお花見スポットなので市内外から見に来られるらしいのです。


とは言えやっぱり魚津。



f0355671_16491861.jpg
これは平日ではなくて日曜日のお昼どきです。


元々人が少ないので沢山集まってきてもこんな感じ。


おかげで場所取りに苦労することもなくゆったりお花見が楽しめました。


いいなぁ~、魚津。



f0355671_16492431.jpg
本当はこの桜林の奥に立山連峰が広がっているのです。


肉眼ではしっかり見えてたのですが
スマホのカメラでは届かない。

そろそろちょっといいデジカメを新調しよっかな。


[PR]

by manaApelila | 2015-04-16 17:22 | 日々のこと | Comments(2)

チャリ散歩

mayaoは相棒ブルーハワイ号にまたがり(笑)魚津市の旧市街へと向かいました。



まず訪れたのがココ



f0355671_16311083.jpg
魚津城址です。


と言っても魚津城は江戸時代初期に廃城となってしまっているので




f0355671_16310516.jpg
かつてのお城のあった場所には大町小学校が建っています。



昔々にお城のあった場所が自分の学び舎だなんてかっこいいなぁ~。



小学校の対面の道を入るとそこには



f0355671_16312062.jpg
千本鳥居で有名な伏見稲荷の魚津大社がありました。


関西に生まれ育ったmayaoなのに京都の伏見稲荷には行ったことないんですよね~。


さすがに千本鳥居はありません。

がしかしお稲荷さんの東側の古い商店街が一応伏見稲荷の参道となっていまして


f0355671_16561906.jpg
雁木の柱がまるで千本鳥居の如く朱色に塗られています。
ちゃんと下は黒く塗ってあるのでこれ絶対鳥居のつもりだよね。


f0355671_16312866.jpg
こちらは長教寺。

このときはまだ桜が5分咲き程度の魚津の中で満開に近かったので
思わず撮ってしまったのですがなかなか立派なお寺でしたよ。

江戸時代、ここはお寺ではなく魚津町奉行所があったのだそう。


この長教寺は奉行所廃止となった後に寺町から移転したみたいです。

寺町から????どこに寺町があったのでしょう。
また気になってきましたがまた後日お勉強することにしましょう。


f0355671_16320577.jpg

少し海の方へと向きを変え、鴨川にきました。


鴨川は天然の川ではなく片貝川から取水して
農業用水を経て富山湾に流れこんでいます。

大昔は魚津城の堀にもなったのだそう。


夏のお祭の夜は手前の商店街からず~っとキャンドルが並べられ
暗い街も手伝ってとっても幻想的な風景になります。


f0355671_16314170.jpg

鴨川の脇にある「餌指公園」はてんこ水を再現してある遊水公園。



てんこ水って何ぞや????


            
             詳しくはコチラ↓

f0355671_16315253.jpg
昔は飲用や生活水に使用されていましたが今は飲むことはできません。



それにしても伏見稲荷に鴨川と京都を連想させる街だこと。


ついでにお稲荷さん参道の商店街は新宿だったしそうなるともちろん



f0355671_16321816.jpg
銀座もありました。



地味ですが、まだまだお散歩しがいのある街。


これからちょくちょく走ってみることにします。

[PR]

by manaApelila | 2015-04-07 17:28 | お散歩 | Comments(0)

サイクリング日和

f0355671_18242875.jpg
正に大嘘のような大雨だったエイプリルフール。

でもその翌日はまた嘘のような打って変わった晴天となりました。

天気予報では早くも西から崩れてくると言ってるし、
こんな日に部屋に閉じこもってる場合じゃないよね。

お昼ごはんを早々に済ませ早速自転車で繰り出しました。

久しぶりに海沿いの道をすい~っと

潮風を五感で感じながら走るといつもの「海の駅」に到着。

海からの風はまだ少し冷たいけれど陽射しはかなり強いので
自転車を降りて歩き出すとじんわりと汗がにじんできました。


f0355671_18243428.jpg

蜃気楼のモニュメントも青空と山をバックにちょっと誇らしげ。





f0355671_18243912.jpg

北陸新幹線開業を機にリニューアルされた「埋没林博物館」

円錐形とピラミッドのような魚津にしたら斬新な建物。
まだ入ったことはないけど中がどうなってるのかは
またその内見に行くとして。



f0355671_18244527.jpg

魚津漁港にはイカ釣り船?が停泊していました。



f0355671_18245044.jpg


海の駅から黒部方面


すじ雲、きれぇ~。


高い建物が何もないので空が高くて広くて気持ちよくって
うっかり花粉が飛んでることも忘れて深呼吸してしまいました。


やヴぁいっ!!!! 



f0355671_18245538.jpg
波打ち際に下りてみました。


陽を受けた水面が眩しいほどにキラキラと光っていました。

しばし波の音を聞いていました。

こちらに来た当初、砂浜じゃなくがればのような浜にちょっぴりがっかりしたけど
この石を洗うガラガラとした波の音がとってもとっても心地よくて
石の浜が好きになりました。

海の駅から旧市街へ

相棒のブルーハワイ号とのサイクリングは続きます。

[PR]

by manaApelila | 2015-04-05 18:52 | お散歩 | Comments(2)

欧米か!!

mayaoの旦那さんはもしハワイに住めたら車はピックアップやなぁ~って
以前からよく言ってたんです。


大阪でもたまぁ~に見ることはあったのですが
こちらに来てからピックアップトラックを目にすることの多いこと。


ピックアップトラックって????


日本では知らない人が多いと思うけど
ハワイではよく走ってるんですよ。




あの「FIVE-O」でスティーブが乗ってるアレですよ、アレ(笑)。



初めて目にしたのは近所の運送会社の敷地でした。


f0355671_17282685.jpg

これは道路から撮ったので超遠目です。

まるで隠し撮りのような風になってますが
他人様の敷地内なのでモヤモヤと隠させていただいております。


この車はダッジで後から見ると赤い「DODGE」のロゴが超かっくいい~。



このピックアップを見つけたときに旦那さんに伝えたら
もちろん俺も見てたで!!って。





f0355671_17281709.jpg
このピックアップはmayaoが買い物途中に見つけて旦那さんに報告。

さすがにこれは知らなかったらしく休日のお散歩ついでに見せてあげました。
(って自分の車でもないのですが・・・・)


こちらもうちから歩いて5分ほどの住宅内に停めておられるのを
無断で撮ったのでモヤモヤさせてます。


このピックアップはなによりデカイ。
そしてトヨタだけど逆輸入版のようです。




f0355671_17280318.jpg

これはTHE AME車って感じで形だけでなく色も強烈で
遠くからでもかなり目立ってました。


しかもこの車、地元のス-パー銭湯の駐車場に何気に停まってました。

かっこいいなぁ~、こんな車で銭湯乗りつけるなんて。




f0355671_17281099.jpg

最後はコレ。


富山市内のスーパーで車の展示販売会をしておられたんです。

普通車はスーパーの店内に運び入れておられましたが
これはでかすぎて重量とか耐えられないのか外の駐車場内に展示しておられました。

多分売れるから転じしてはるんでしょうね。

この日は、道端の車屋さんでもピックアップ見たんですよ。


いやぁ~びっくりです。


富山で欧米か!!をこんなに感じるとは思いもしませんでした。

[PR]

by manaApelila | 2015-03-27 17:55 | 乗物 | Comments(4)

トワイライトエクスプレス、有終の美

今日、3月14日は北陸の人たちの50年の念願だった
北陸新幹線の開業日でした。


年末のカウントダウンボード点灯からこっち
毎日のようにあと何日コールでちょっと耳にタコ状態。


今日は朝から三が日のお正月番組の如く
どのチャンネルも新幹線特番ばかり。


でもその2日前、大阪と札幌を往復する豪華寝台列車
「トワイライトエクスプレス」が27年の歴史に幕を下しました。

実はmayao家から「トワイライトエクスプレス」の通る
JR北陸本線の線路までは歩いて5分ほど。


魚津に住み出してからにわか撮り鉄となってる
mayaoにとってこれは撮り収めねばなるまいぞ~。


というわけで、大阪から札幌への最後の旅に向かう列車を
撮ってきましたぁ~。


まずは画像をどうぞご覧くださいませ。


f0355671_16345368.jpg
f0355671_16350526.jpg
f0355671_16352501.jpg
f0355671_16353380.jpg
どうですか、地方ならではの線路際からのショット。


実はここは道ではなく田んぼのあぜ道を入っていった場所なのです。


どこで撮ろうかキョロキョロしていた時に先客を見つけ
さらにそこへと向かうおっちゃんたちがいたので
後をひょこひょことついて行きました。

トラクターが入り込む雪に覆われたスロープを下りると
くるぶしまで田んぼに足がズッポリはまって一瞬ヒヤッ!!


都会育ちのmayaoにとって田んぼのあぜ道を歩くなんて生まれて初めての経験。



きゃぁ~、狭いあぜ道踏み外して田んぼに落ちませんようにぃ~。



地元のおじちゃんおばちゃんとmayaoの併せて5人。
即席で地元鉄道同好会の撮影会となりました。


皆さん同様ににわか撮り鉄らしく手にしてらっしゃるのは
小さなコンデジかスマホで中にはガラケーの方もおられて雰囲気和やか~。


と、二つ先の踏切の音がカンカンと鳴り出しました。

そして一つ先、目の前の踏切と順に鳴り出して
即興同好会(笑)のテンションは否が応でもアップしてきました。

遠くの方からレーザービームのようなヘッドライトの光が
見え出しました。


皆口々に「来るぞ来るぞ!!」「来たぁ~!!」


どうでしょうか、臨場感伝わりました?


こんな雰囲気の中この撮影となったわけです。

最後は長年のお仕事に感謝をこめて手を振ってお見送り。

なんかとっても心地のよい時間でした。

ひと仕事終えたぁ~って感じ。


ラストラン前の2日間は寒波で運行休止になったので
まさかのラストランは運休で終わりかとヒヤヒヤしましたが
神さまは味方してくださったようです。

おかげでレッドカーペットならぬホワイトカーペットを走る
トワイライトエクスプレスを撮ることができました。


余談ですが、この四日前にも雄姿を収めたのですが
まさかの大失敗。

それがコチラ


f0355671_16354560.jpg
あはは、肝心のフロント部分が柱にジャマされてました(汗)


そんなこともあり、最終日に無事撮れてよかったです。


[PR]

by manaApelila | 2015-03-14 17:36 | 乗物 | Comments(4)