魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新の記事
春から初夏へ
at 2017-06-11 17:12
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

タグ:魚津 ( 69 ) タグの人気記事


秘密の花園

f0355671_16464625.jpg




魚津生活も三年目。

小さな街だから中心部のことはほとんどわかってきたつもりだったけど
ある日駅からの帰り道、バスに乗って見慣れた街並をぼんやりと眺めていたときのこと。

色とりどりの薔薇が咲き乱れる場所を通り過ぎました。


あれぇ~??? 何だぁ~?????


って気づいたときにはもう通り過ぎてて・・・・・・。


どうしても気になったので早速見に行ってきました。





f0355671_16470178.jpg
ちょっと花が開いて見ごろは過ぎてるけどどうです、このゴロゴロ感。


長年に渡って丹精されたのが見て取れます。

ちょっと前のアイドルが着ていたようなフリフリのドレスのようにも見えますよね。





f0355671_16471394.jpg

薔薇と言えば真紅だけどお花屋さんで見る薔薇とはちょっと形が違うような。


薔薇に詳しい友人によるとおそらく薔薇の原種だと思うとのこと。


お花屋さんで見る薔薇ってハイブリッドなんですって。





f0355671_16472277.jpg

真っ白な薔薇はほとんど花びらが落ちていたけれど
こちらはバージンロードのような清楚な雰囲気。





f0355671_16473361.jpg

よそさまのお庭なのでフェンス越しにこっそりと拝見。

むふふ、秘密の花園~♬


わぁ~、いっぱいあるわぁ~。


と思って回り込んだら散髪屋さんの敷地内で駐車場側から
どど~んって見ることが出来ました。


あらま、素敵だこと。

f0355671_16474666.jpg
f0355671_16475515.jpg


ときどき風と共に薔薇の柔らかぁ~な香りがふわ~んって来るのが
何より極上の自然アロマで癒されることったらなかったですよ。

5月は次から次へとアクシデントや体調崩したりと
踏んだり蹴ったりだったmayao家。

月末に見ることで、そして薔薇のアロマで浄化されて今年の厄も落ちたようです。


今日から6月に入ってリボーンmaya桶(笑)



今年はちょっと咲ききってしまった薔薇だけど
来年は満開時に見れますように。

[PR]

by manaApelila | 2016-06-01 17:34 | お散歩 | Comments(4)

かっちょいいぃぃ~

f0355671_19131946.jpg

先日近所の家電量販店に行ったら駐車場にずいぶんとお尻を上げて車高の低い車が停まってました。

主人にあそこにかっこいい車停まってると指差して伝えるといきなり雄叫びあげました。


「おおぉ~っ、ランボルギーニやんけぇ~」


さらにいつもならスタスタと店に入るのに、スタスタと車の方へ歩いてってるし・・・。



「こっちの人はお金持ちやなぁ~、こんな車買えるねんなぁ~」



ほんにほんに。


富山の人は家族揃って勤勉で都会のように繁華街も少ないから地道に貯めてはるんです。
それに土地も大阪の我が家の辺りと比べると10分の1のお安さ。

なのでおうちはとても立派だし車にもお金かけてる人が多いです。

でもこれは凄いっ!!!


メンテナンス大変だろうなぁ~。


あ、お尻しかアップしてませんでしたね。


気になるお顔はこちらです。


f0355671_19130527.jpg

[PR]

by manaApelila | 2016-03-17 19:22 | 乗物 | Comments(4)

f0355671_16260079.jpg
虹、それもダブルの虹。


見えますか? 


週末の寒~い日のこと。
ご近所の海沿いイタリアンでランチをいただいていたのです。


少し前まで晴れていたのに一気に雲って雨が降り出して。


その雨は少し経つとみぞれに変わって。


それまで穏やかだった海も少し荒れだしました。


傘を家に置いてきていたので雨が小降りになるまで
ゆっくりランチを楽しんでいたところ


少し空が明るくなってきて現れたのが虹でした。


わ~い虹や虹やぁ~。


虹好きなmayaoはまだ小雨の降る中でしたが
まるで雪に喜ぶワンコの如くピョンピョンとお外に出て
撮ったのがこの一枚です。


でもね、満足して店内に戻ったらまた一段と色濃くなってたんです。

店内に居る人たちも次々気づき出してザワザワ。

このあと虹はスゥ~っと姿を消しました。


ほんの数分のことでした。


少し山に向かう場所からは両端までしっかりとした
半円形の虹が見えていたようです。

雪や雨の多い季節だけにまたまたご褒美いただけた気分。


はいしっかりパワーチャージいたしましたよ。


皆さまにおすそ分けです。




[PR]

by manaApelila | 2016-02-09 16:47 | 日々のこと | Comments(4)

感動の雪晴れ

f0355671_17574435.jpg
先週、大雪の翌日。

空はすっきり晴れ渡り前日に降り積もった雪も反射して何と美しいこと。


珍しく山もはっきりと見えていました。


そしてそのまた翌日、mayaoは富山市内へと出かけました。
この日も晴天に加え空気も澄んで風景はっきり。


富山でのご用を早々に済ませてmayaoが次に向かった場所。


それは富山市役所。(HP


富山市役所には展望塔があって富山の景色を360度で見渡すことが出来るんです。


なかなか行く機会がなかったのだけどこんな日を逃すわけにはいきません。


道のところどころに残っている雪溜まりに足を取られながら市役所に到着。


エレベーターで地上70メートルの展望搭へと上がると・・・・・・・


f0355671_19204736.jpg
おおっ、なんと素晴らしい。


立山連峰が一直線で見事に一望できるじゃないですか。


見た瞬間思わず「はあぁ~っ・・・・・」ってため息と共に
自然に口をついて出た言葉は「綺麗・・・・・」

ひととき無になってぽかぁ~んって見てました。


f0355671_19212249.jpg
目前に佇む山々がわかるように案内板が設置してありました。

これがあれば目の前の山が何か一目瞭然。


mayaoも未だに家から見える主たる山しかわからないので
このご配慮には感謝です。




f0355671_19205934.jpg

こちらは富山駅、奥の方に海も見えています。
ちょうど氷見の方向なので望遠鏡で覗くと新湊大橋が見えました。


f0355671_19211032.jpg

富山城址公園も雪に覆われて美しい~。



いやぁ~、一人で充分楽しませていただきましたよ。


冬の雪晴れの富山に来られる方にはぜひこの展望搭に上っていただきたい。
駅からも近いし何といってもタダですからぁ~(笑)






f0355671_19213655.jpg

富山駅前の売薬さんの像は雪に埋もれていました。

だけど昔はこんな雪をかきわけながら行商に出かけておられたのでしょうね。


このときから約一週間。

魚津の街はあちこちに寄せられた雪山や路肩に多少の雪はあるけれど
この光景が嘘のようにほとんど解けてしまいました。

このまま春になってしまうのかな。








[PR]

by manaApelila | 2016-02-03 19:39 | 日々のこと | Comments(0)

大寒波

f0355671_17563273.jpg
日曜、日本列島を包み込んだ冬の寒い雲。

沖縄まで雪が降る事態となってしまいました。

富山もご他聞にもれずでこの冬一番の雪量となったわけで・・・・・・。

数日前に降った雪はほとんどなくなっていたのに
朝起きると既にこの調子。


f0355671_17564204.jpg

白いワンボックスカーのてっぺんに積もった雪でその雪量がわかりますね。




f0355671_17565140.jpg
お昼過ぎると猛吹雪というか地吹雪と言うかなにせ凄い風で
お部屋の窓はまるで昔のスキー場の民宿の窓のようにガビガビ。


f0355671_17570098.jpg
こんなに積もってしまいました。


自慢の融雪装置も間に合わなくて稼動せず。


このとき、お向かいのお宅からおうちの人に連れられて出てきたワンコ。

一匹は茶柴で雪が嬉しいみたいでおうちの裏の田んぼにダイブして
もうピョンコピョンコ(この表現がいかにもだったの)って飛び跳ねたり
雪にうずくまってじーっとしてたり。

後の黒柴は雪が始めてなのか恐る恐る一歩一歩確かめながら雪の中に入っていきました。
最後に出てきた子はどうみてもチビちゃんのオウチワンコ。

怖がりさんみたいで結局田んぼに入ることなくすぐにおうちに戻ってしまいました。

日本のワンコは雪やこんこのお歌通りやっぱり雪が好きなんだぁ~。

でも驚いたのはそのワンコを引き連れてたそのお宅の坊や。
ワンコと一緒に田んぼに入ってフカフカの雪に仰向けになって
バタバタしてましたよ。

さすが雪国の子。


f0355671_17571075.jpg

結局一日中降り続いた嵐の日でした。



[PR]

by manaApelila | 2016-01-28 18:14 | 日々のこと | Comments(2)

来たぁ~っ!!

f0355671_18104950.jpg
わぁ~っ!!!!



って来たのはこの子ではなく。

(この子は先日の栂池のショップで見たレッサーちゃんのお帽子)



今朝起きて寝室のカーテンを開けたらば



f0355671_16254619.jpg

おおっ、ついに。



雪が降り積もってました。


しかも結構風も吹いてます。



f0355671_16260194.jpg

朝、敷地内のゴミステーションまで70mほど歩いただけで
着ていたダウンコートは雪だらけ。

持ってたゴミ袋は風に煽られて風船みたいにフワフワ~(笑)


上の画像を撮ってたらすんごい風が吹いてフードも煽られる始末。


でもこんなくらいはまだまだ序の口なんです。
吹雪の中、スキー場でリフトに乗ったり滑ってることを思えば何てことナイ。


それにかなり寒そうに見えるけど、空にびっしりと雪雲が覆ってるときって
意外でしょうがそんなに寒さって感じないんです。


都会で高層ビルから吹きおろしてくる風の方が多分寒さ感じます。



2時間ほど経っても雪は止むことなくて。



f0355671_16261875.jpg
でもこんなときでも




f0355671_16262590.jpg

郵便屋さんは単車で配達。

頭が下がります、ほんとに。


お昼を過ぎるとさらに雪風は強さを増して横殴り状態。




f0355671_16264901.jpg
ずいぶんと降り積もってきましたねえ。


こうなると



f0355671_16265442.jpg

せっかくの融雪装置も歯が立たず。


f0355671_16364127.jpg

風雪が西から吹き込んでくるため建物の西側は凍りついたようになっています。




昨日までは雪ゼロだったのに・・・・・・・・。


今はもう夕方だけどまだまだジャンジャン降ってますよ。



あさが来た!!ではなくて 魚津には  冬が来た!!

[PR]

by manaApelila | 2016-01-19 16:57 | 日々のこと | Comments(4)

初詣2016

f0355671_15185951.jpg
あけましておめでとうございます。

2016年もよろしくお願いいたします。




今年も魚津神社で初詣を済ませてきました。


いまだ魚津の海側平野部には全くの雪なし。

ちなみに昨年の模様はコチラ


先冬は12月頭には積雪して元旦は吹雪いていたというのに
この落差は何なのでしょう。

この日もストールだって手袋だって全く不要。
もしかしたら都市部よりも暖かいかもしれないと感じる暖かさでした。


神社も元旦に多少列は出来るらしいけど
去年と同じく三日ともなるとこの閑散さ。

どこからでも詣り放題(笑)

お詣りした後は昨年同様恒例のおみくじを引きました。


mayaoは



f0355671_15191610.jpg
f0355671_15193142.jpg

やたっ!!


去年同様「大吉」でした。


旦那さんは「吉」 参考までに昨年は「小吉」でした。


おみくじの中に入っていたお守りは



f0355671_15193668.jpg

今年は「優」の字でした。


おみくじの内容とこのお守りとを合わせて考えると

今年mayaoは家族に感謝、友に感謝。
いつも感謝の気持ちをもちましょう。

思いやりを持って優しい気持ちで人に接して
人の心を和らげられる存在となりましょう。

そうすれば運が開けてよい方向へと進みますよ。

ってことなのかな。

肌あれに注意は気になるけど・・・・(笑)


要するに、我が我がではいけないってことですね。


確かにmayaoは家族やお友達からいただくことの方が多いです。
今年は皆さまにもっともっと与えれる人にならなくては。


肝に銘じて2016年もさらに頑張ります。


[PR]

by manaApelila | 2016-01-04 15:43 | 日々のこと | Comments(6)

秋の色

10月も終わりに近づいてきました。


少し前に急に冷え込んだとき、我が家の窓から見える山々の
いくつかがいっとき真っ白くなりました。



f0355671_17043054.jpg

毎週通っているジムの前の並木道も葉を紅く染めています。



f0355671_17040668.jpg


先週末、以前お外でランチにも出てきた片貝キャンプ場まで
紅葉チェックに行ってみました。


車で20分ほど走ればこの景色に出会えます。




f0355671_17045207.jpg

f0355671_17050193.jpg
真赤に色づいている木とそうでない木がありますねえ。

この日はほんとに暖かくて心地のよい日でした。



f0355671_17051246.jpg

山の上の方は紅葉が進んでいるようでしたがこの付近が
綺麗に色づくまでにはまだ少しかかりそうです。


キャンプ場の管理棟で手前の低めの山は見事な紅葉なのに
奥の高い山は真っ白という素晴らしい写真が飾ってありました。

秋と冬との競演。

このラッキーな景色をぜひともこの目で見てみたい。

まだまだ日中は薄着で充分だけど朝晩は結構冷え込むようになってきました。

魚津の秋、少しずつ少しずつ濃くなってきます。

[PR]

by manaApelila | 2015-10-21 17:28 | 日々のこと | Comments(0)

社会見学

f0355671_16543256.jpg
キャンプ場へ行く途中でこんな場所をみつけました。


「東山円筒分水糟」と書いてあります。


水循環遺産って言葉、よいですねぇ~。



で、どんなものかと言いますと



f0355671_16545206.jpg

こんな感じ。


丸い筒の底から水が沸いて溢れ出る姿はまるで造形美。


でもこれは見物するための施設ではなく
ちゃんとお役目のあるものらしいのです。


こちらに越してきたとき、四六時中山からザブザブと流れてきては
富山湾に注がれていく伏流水の豊富さに驚いたものでした。


魚津には水不足なんて言葉はないと思っていました。


だけど地域によってはそうではなかったみたいです。


片貝川は急流河川ゆえ豪雨になれば水害が発生。
そして夏は水が乾くため沿岸地域では水争いが絶えなかったのだそう。

争いをなくすために民主的な組合まで出来たのが明治23年。
でもその頃の水路は粗悪だったため解決には至らず。

その後昭和13年頃から分水糟を作ることになりましたが
戦争などがあり再開したのは昭和25年のこと。

今度は5年で作り上げたのですって。




f0355671_16550283.jpg

このフォルムの美しさ。


水路が左右に分かれていますね。


これぞ分水です。


mayaoたちがいたキャンプ場をもう少し上がっていくと
発電所があるのですがその発電所から取り込まれた水が
川の下を通る地中のトンネルを流れてきて
この分水糟で湧き出してそれぞれの水路に流れていくというわけです。


先人の卓越した技術の粋を見せつけられました。

[PR]

by manaApelila | 2015-09-29 00:27 | 日々のこと | Comments(0)

お外でランチ

今年のシルバーウィークは富山から出ることなく過ごしていたmaya桶。



最終日のお昼はお外でご飯を食べることにしました。


お外でお昼と言っても洒落たレストランとかどっかのお店とかではなく
本当のお外ごはんですよ。


スーパーでお弁当を買い込んで出発です。


f0355671_16551375.jpg
車で3~40分ほど走れば山の中に入れるんです。



f0355671_16552924.jpg
片貝川キャンプ場に到着です。



多分昔からあるとは思うけど管理棟が真新しいので最近改装されたのかな。
トイレがめちゃ綺麗なのはとてもありがたい。


f0355671_16553927.jpg

バーベキューコーナーもこの通りゆったり余裕の広さ。
使わないときは蓋をしてあるのでテーブルとしても使えます。


f0355671_16555200.jpg

この水の美しさ。

キャンプ場側はちゃんと草を刈って足元も悪くないよう石を敷き固めてあります。

川まで降りれないかと思ったらこちらも危なくないよう大き目の石で
小さな子供は一人では上り下りできないくらいの階段状に作っておられました。

すばらしぃ~。


f0355671_16555949.jpg

せっかくなので下まで下りて川のお水を触ってみました。


冷たくて気持ちいい~。

水量や流れの変化はわからないけどこのくらいの水量と流れなら
水際から離れない限りはちょっとした川遊びも楽しめそうです。



f0355671_16561144.jpg

こんな看板が場内に設置されていました。


川の向こうは山。


そして



f0355671_16562539.jpg
後にも山が迫っています。


っていうかここは山の中でした。


クマさんたちが出てきても決して不思議じゃない場所。



と思ったら



f0355671_16563428.jpg
f0355671_16564120.jpg
ギャギャッ・・・・・出たぁ~。


うぷぷ


f0355671_16564802.jpg
こんな子たちなら大歓迎。



連休の前半は結構な人で賑わったであろうキャンプ場も
最終日となればテントはひとつだけ。

バーベキューエリアも無人。

超閑散としていました。

おかげで我が家は川のせせらぎをBGMにお弁当タイム。

山と川の両方からパワーもいただいてお腹一杯。



この場所、あとひと月もすれば紅葉が楽しめそうです。




[PR]

by manaApelila | 2015-09-23 17:27 | 日々のこと | Comments(0)