魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新の記事
ほんとはどうだったんだろ?
at 2017-10-24 00:19
祖母の鏡台
at 2017-10-20 17:08
祖母からの贈りもの
at 2017-10-19 01:20
どうしたもんじゃろなぁ~ その後
at 2017-10-13 17:19
KONABEERでお買い物 ..
at 2017-09-28 14:56
最新のコメント
みなみちゃん、 あ..
by mayao at 14:15
素晴らしい! 素晴らし..
by みなみ at 08:00
みなみちゃん、 よ..
by mayao at 23:36
あ~、こりゃ要る! こ..
by みなみ at 19:07
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:27
うんうん、可愛いー(*´..
by みなみ at 17:42
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:54
本当に箱までもが素敵w・..
by みなみ at 17:40
たんちゃん、 そ..
by mayao at 16:16
キヨさんのブログの紹介を..
by たんちゃん at 23:06
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

タグ:電車 ( 7 ) タグの人気記事


乗り鉄(笑)

「フルーツよしおか」さんで手に入れたスイカジュースを手に
ウキウキと帰りのホームに向かったmayao


あれ??????


いつもとなんだかホームの雰囲気が違う


なんでなんで?????



f0355671_00230170.jpg


あ、「とやま絵巻」やん



「とやま絵巻」とは


あいの風とやま鉄道のイベント列車の名称です


北陸を今も走っている413系というかなり古めの車両に
富山県を代表する地域やお祭りや名産品をイラストにして
ラッピングしてあるんです



発車まであまり時間がなかったので細かく撮ることは出来ませんでしたが
こんな感じでしたよ



f0355671_00232658.jpg
f0355671_00231467.jpg

新潟方向右サイドは海のモチーフなので白海老やばい貝、ほたるイカ、
寒ブリ、ベニズワイガニ、ますの寿司他


先頭車両の下部の波波は海の波ではなく多分あいの風


あいの風とは、夏の日本海沿岸で吹く穏やかな海風のことらしいです


f0355671_00233444.jpg

新潟方面に向かって左サイドは山のモチーフ


何とここでもスイカ~(嬉)
あ、こちらは入善のジャンボスイカです


何とスイカに夢中のあまり他のモチーフを撮ることも忘れて乗り込んでしまったmayao


他には呉羽山の梨、おわら風の盆、礪波のチューリップ、五箇山の合掌造りなどなど


ボデイは多分富山ブラックなのでしょうね
カラフルなイラストでいつもの帰り道が嫌が上にも盛り上がりました


でも一歩社内に入ると古い快速車両はそのままで(がっかり)


それでもシートは一新してあって



f0355671_00234555.jpg

ここにもボデイと同じモチーフがプリントされていました


普段mayaoが乗る時間にはほぼ走っていない車両なので
思いがけなく出会えてそして乗れてよかった

幸せな気分でスイカジュースをズビズビと飲みながら帰途へ着いたのでした

[PR]

by manaApelila | 2017-07-26 15:41 | すいか | Comments(2)

ナイスタイミング

f0355671_17373274.jpg
お友達との待ち合わせのため珍しく南海電車でなんば駅に向かいました。

南海電車を使うのはほとんどが関空に行くとき。

特に海外に行くわけではないけれど何となく気持ちが踊ります。

久々でラピート見れるってワクワク。

でもその関空方面への特急ラピート停車ホームには
何だかいつもと違うぞこのラピート???


何となくダースベーダーのよう???


そうなんです!!!

これスターウオーズ仕様のラピートでその名も


銀河系特急ラピート スター・ウォーズ/フォースの覚醒号」ですって。


f0355671_17375421.jpg

かっちょいいぃ~。


f0355671_17373997.jpg

f0355671_17374812.jpg
号車のラッピングまでもかっこいいし。


f0355671_17380169.jpg
車内にはR2D2も・・・・・・・・・。


ヤホーニュース(笑)で見て少し知ってましたがすっかり忘れてました(笑)


まさか会えるとは。



今回の帰省、ラッキー続いてるかもね。

[PR]

by manaApelila | 2015-12-21 18:01 | 大阪 | Comments(0)

再びの大阪へ

f0355671_15384700.jpg

キチでちゅ。


キチね、こうやっておかーしゃんのバッグに入ってえ~。



f0355671_15392635.jpg
わあ~っ、初めて近くで北陸新幹線見たぁ~。



f0355671_15391621.jpg
富山から金沢までは「つるぎ」に乗ったの。




f0355671_15393575.jpg

車内がめちゃくちゃ空いてたので




f0355671_15394245.jpg


ちゃんと一人でお席に座ってぇ~。



f0355671_15394993.jpg

おにーたん、おとーたん、行ってきまぁ~ちゅ。


せっかく乗ったのに20分ほどで金沢に着いて今度は



f0355671_15395567.jpg

いつも乗ってるサンダーバードで去年まで住んでた大阪までビューン。


と、いうことで。


7月に入った日から10日間ほど一人で大阪に帰ってきました。

ゴールデンウイークにも帰ったけどあれは旅行だったので(笑)
ちゃんとした帰省は7ヶ月ぶり。

10日間、みっちりぎっしり遊びましたよぉ~。



ところがサンダーバードで大阪に着いたと思ったのだけど
そこは意外にもハワイでした。


[PR]

by manaApelila | 2015-07-14 15:48 | 大阪 | Comments(4)

江戸時代に戻ってきました

ずっと行ってみたかった「岩瀬」に行ってきました。


富山駅から富山ライトレールのポートラムに乗って20分強。


岩瀬は富山湾に面した街で古くは北前船の寄港地。


今も当時の廻船問屋だった古い蔵屋敷の残る街です。



f0355671_15433509.jpg

富山駅北口のまん前にあるライトレールの駅・・・というか停留所。


北口駅前は富山には珍しく高めのビルが多くて都会風なのですが
この線路に敷き詰められた芝生が挿し色となって和ませてくれます。

緑の力ってすごいですね。


f0355671_15434148.jpg

二両編成のこれまたお洒落なポートラムに乗って岩瀬に向かいます。

ポートラムは全7色。
季節限定のラッピングカーも出るみたいです。


ポートラムは最初の何駅かの車道走行時はのんびり走りますが
ひとたび専用線路帯に入ると結構なスピードアップ。

旦那さんも「結構早くなるねんなぁ~」って驚いていました。


mayaoたちは終点の二つ前の「東岩瀬」で降りて
蔵屋敷の残る大町通りへ向かうことにしました。


f0355671_15441580.jpg
こちらは今の東岩瀬駅ではなく旧東岩瀬駅。

今は建物だけが保存されています。



f0355671_16245231.jpg
正面はこんな感じ。

誰でも自由に入ることができるようです。


富山駅北側地区に住む人たちの大事な足となっているライトレール。


富山駅から24分で終着駅まで行けて一律200円のコスパも素晴らしい。


それでは大町通りへと歩き出しましょう。

[PR]

by manaApelila | 2015-04-21 17:15 | 日帰り旅 | Comments(0)

初めてちゃんと見たぁ~

北陸新幹線が開業してひと月。


当然魚津市内も走り抜けていってます。


そういえばまだちゃんと走ってるの見たことなかった。


お花見をした後、少し回り道をして新幹線の魚津ビュースポットに行ってみました。



f0355671_14493071.jpg

小高い丘のような山のような場所の下が新幹線のトンネルになってて
トンネルに入り込む間際の新幹線を見ることが出来るみたいです。



f0355671_16493085.jpg

周りは一面の田園風景で向こうには海が見えます。


おおっ、なかなかよい場所ではないですか。
ただし車があればの話ですが。



ところがココに来て相変わらず我が家(というか旦那さん?)ったら無計画行動。


肝心の新幹線がいつ来るのか把握してない。


場所がわかったからええやん。
ここならいつでも来れるし、ですって。

口では簡単に言えるんですよ。
こう言ってすぐ来た試しがないんです。


ところがそこへ一台の車が到着。
どう見ても鉄オタではなさそうなおばちゃん二人だけど・・・。

これは絶対新幹線見に来たに違いないとインタビュー。


あと10分足らずで来ることを確認しました。

よかったァ~。


普通はこうですよね。


わくわくしながら待っているとあちらの山のトンネルから出てきましたぁ~。



f0355671_16493653.jpg
f0355671_16494373.jpg
f0355671_16494763.jpg

あっという間でした・・・・・・。


しかも静か。


でもかっこいい~。


富山に来てすっかり鉄オタになってます。

[PR]

by manaApelila | 2015-04-19 15:04 | 乗物 | Comments(2)

トワイライトエクスプレス、有終の美

今日、3月14日は北陸の人たちの50年の念願だった
北陸新幹線の開業日でした。


年末のカウントダウンボード点灯からこっち
毎日のようにあと何日コールでちょっと耳にタコ状態。


今日は朝から三が日のお正月番組の如く
どのチャンネルも新幹線特番ばかり。


でもその2日前、大阪と札幌を往復する豪華寝台列車
「トワイライトエクスプレス」が27年の歴史に幕を下しました。

実はmayao家から「トワイライトエクスプレス」の通る
JR北陸本線の線路までは歩いて5分ほど。


魚津に住み出してからにわか撮り鉄となってる
mayaoにとってこれは撮り収めねばなるまいぞ~。


というわけで、大阪から札幌への最後の旅に向かう列車を
撮ってきましたぁ~。


まずは画像をどうぞご覧くださいませ。


f0355671_16345368.jpg
f0355671_16350526.jpg
f0355671_16352501.jpg
f0355671_16353380.jpg
どうですか、地方ならではの線路際からのショット。


実はここは道ではなく田んぼのあぜ道を入っていった場所なのです。


どこで撮ろうかキョロキョロしていた時に先客を見つけ
さらにそこへと向かうおっちゃんたちがいたので
後をひょこひょことついて行きました。

トラクターが入り込む雪に覆われたスロープを下りると
くるぶしまで田んぼに足がズッポリはまって一瞬ヒヤッ!!


都会育ちのmayaoにとって田んぼのあぜ道を歩くなんて生まれて初めての経験。



きゃぁ~、狭いあぜ道踏み外して田んぼに落ちませんようにぃ~。



地元のおじちゃんおばちゃんとmayaoの併せて5人。
即席で地元鉄道同好会の撮影会となりました。


皆さん同様ににわか撮り鉄らしく手にしてらっしゃるのは
小さなコンデジかスマホで中にはガラケーの方もおられて雰囲気和やか~。


と、二つ先の踏切の音がカンカンと鳴り出しました。

そして一つ先、目の前の踏切と順に鳴り出して
即興同好会(笑)のテンションは否が応でもアップしてきました。

遠くの方からレーザービームのようなヘッドライトの光が
見え出しました。


皆口々に「来るぞ来るぞ!!」「来たぁ~!!」


どうでしょうか、臨場感伝わりました?


こんな雰囲気の中この撮影となったわけです。

最後は長年のお仕事に感謝をこめて手を振ってお見送り。

なんかとっても心地のよい時間でした。

ひと仕事終えたぁ~って感じ。


ラストラン前の2日間は寒波で運行休止になったので
まさかのラストランは運休で終わりかとヒヤヒヤしましたが
神さまは味方してくださったようです。

おかげでレッドカーペットならぬホワイトカーペットを走る
トワイライトエクスプレスを撮ることができました。


余談ですが、この四日前にも雄姿を収めたのですが
まさかの大失敗。

それがコチラ


f0355671_16354560.jpg
あはは、肝心のフロント部分が柱にジャマされてました(汗)


そんなこともあり、最終日に無事撮れてよかったです。


[PR]

by manaApelila | 2015-03-14 17:36 | 乗物 | Comments(4)

越後湯沢へ日帰りの旅

北陸新幹線の開通と同時に日本海を北上する特急がいくつかなくなります。

その中の「はくたか」は魚津から乗り換えなしで越後湯沢まで運んでくれる便利な足。

今まで北陸の人たちは越後湯沢で上越新幹線に乗り換えて東京に向かっていましたが
北陸新幹線が出来れば金沢から東京まで一気に行けるようになるので必要ないといえばないのですが。

はくたかがなくなったら恐らく越後湯沢は遠くなるので行くなら今の内ってことで
行ってきましたよ、越後湯沢へ。


f0355671_16442169.jpg
f0355671_16442700.jpg
魚津駅へ「はくたか」が滑り込んできました。

その名の通り、白い列車は鷹と言うより白鳥のようにも見えますね。


f0355671_16443305.jpg
日本海を北上して「直江津」から内陸へと入っていきますが
直江津を過ぎても少しの間はこんな景色でした。


でも少し長めのトンネルを越えるとそこは


f0355671_16444567.jpg
ひゃぁ~、雪国だったぁ~。

しかもトンネルを越える毎に雪は深くなり豪雪地帯。

ほんとの雪国のすさまじさを目にして夫婦で口ぽっかりでした。


魚津からは2時間もかからずに越後湯沢に到着です。


f0355671_16450599.jpg
ホーム上の積雪もすごいこと。


改札を抜けると


f0355671_16452067.jpg

cocoro湯沢」なる駅ナカ施設がド~ン。


正面はお土産物がずらりと並びますが、向かって左側は「がんぎどおり」


f0355671_16452942.jpg
ここは豪雪地帯、新潟や東北地方の商店街で見られる雪よけの「雁木」をイメージした
造りとなっていて新潟のおいしい店が並びます。


今回は、この奥のある場所を目的にやってきたのですが、
そのためには少しお腹に入れておかなくては。



f0355671_16565480.jpg
f0355671_16564338.jpg
軽く三貫と、この日はかなりの雪降りで寒かったので熱いのを一合だけいただきました。


ってことで、本日はここまでにしとうございます。

[PR]

by manaApelila | 2015-02-26 17:00 | 日帰り旅 | Comments(2)