魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
そしてまた
at 2017-08-11 23:58
まだまだ
at 2017-08-07 15:16
豊作です 
at 2017-08-04 16:58
スイカを飲む 三杯目
at 2017-07-29 16:06
乗り鉄(笑)
at 2017-07-26 15:41
最新のコメント
キヨさん、 あ..
by mayao at 14:55
すいかづいてますね~♪ ..
by キヨ at 04:19
たんちゃん、 お久..
by mayao at 15:39
毎度のご無沙汰です・・・..
by たんちゃん at 23:17
キヨさん、 まあ、..
by mayao at 22:57
きれぃ~☆☆☆ そ..
by キヨ at 18:14
みなみちゃん、 あ..
by mayao at 23:28
パイナップルのシール持っ..
by みなみ at 10:43
キヨさん、 ただ水..
by mayao at 14:24
サミー、 たしかそ..
by mayao at 14:18
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

タグ:お食事 ( 31 ) タグの人気記事


食う飲む喋る

魚津でも桜満開


でも今日は雨降り


一気に気温も下がって寒~い


まだちゃんと見れてない魚津の桜、散ってしまわないかな心配です


少し話を戻しましょう



3月、遊びに来ていたお友達とは普段いただけないお料理を楽しみました



伺ったのは二度目の魚津駅前「海風亭」さん



とりあえずはお約束の生ビール




f0355671_17243460.jpg
先付けは今が旬の「ほたるいか沖漬け」


これだけで早くも日本酒が飲みたい(笑)




そして魚津といえばの




f0355671_17244271.jpg

「うまづらはぎ」の薄造り(肝付)


うまづらはぎやかわはぎは身がしっかりしているので
mayaoは薄造りの方が好きです

肝はちょっとおしょうゆに溶かしていただくと濃厚で
淡白な白身にまとわり付いてさらに旨しです




f0355671_17245874.jpg

「ながらも(海藻)」の天ぷら


ながらもは初めていただきましたがパリパリサクサク
それなのにちゃんと存在感もあって美味しかったです


富山ではながらもと言いますが正式名称は「あかもく」だそうです




f0355671_17245082.jpg

「はちめ」の塩焼き


はちめは「めばる」のことです


こちらは煮つけにするか塩焼きにするかを選べます


mayaoは魚は塩焼き派なので迷わず塩焼き



これだけのラインナップだったのでもちろん二杯目は日本酒


この日はちょっと寒い日だったので魚津の「北洋」を熱燗で
キュンキュンいかせていただきました



〆は魚津の漁師飯




f0355671_17251374.jpg
こちらは注文してから炊き始めるため時間がかかりますので
まだ食べるものの残ってる間の早めの注文が必要



f0355671_17391196.jpg

美味しい味噌汁とお漬物もついていました



こういうお魚尽くしは友達が来てくれるからこそ


というか、

魚嫌いの旦那を持つ可愛そうな魚大好き妻が
友達をダシにして普段食べることのできない
お魚を友達以上に楽しんでるのは見え見え

でもこのラインナップなら魚嫌いの旦那さまでも
多分大丈夫なのかもしれないなぁ~って今気づいた


黙っていることにしよお(笑)


満足満足の夕げでした

[PR]

by manaApelila | 2017-04-11 18:36 | 日々のこと | Comments(0)

富山で二人同窓会

f0355671_17190393.jpg
富山駅のクリスマスツリー2016

去年は大きな生立山杉でした。

今年は少し小ぶりだけど何故に4本??? 

この日は幼小中の同級生が東京から北陸出張の帰りに
富山駅で下車してくれたのでお昼から飲み会です。

この日はこの冬一番の寒さを感じた日でした。


というより、多少はビルの建ち並ぶ都会な富山市内。
自然たっぷりな魚津の冷たい寒さと違う都会なガマンできない寒さだったのかも。

この寒さの中、トラムに乗車して富山城址公園に行ってお散歩した後
富山市役所の展望搭で富山市内をくるりと観覧。

晴れていたら雪に覆われた立山連峰をパノラマで観れて
それはそれは目の覚めるような素晴らしい光景なのに
あいにくこの日は曇り時々雨。

どちらの普段の行いが悪かったのでしょね(笑)


そしてお昼から呑める唯一の場所へ移動。



f0355671_17192154.jpg

お邪魔したのは富山駅前cicビル地下の「あらさん」です。


ほぼカウンターだけのお店ですがお酒のラインナップは凄い。


f0355671_17193508.jpg
富山県内の酒蔵はほぼ揃えておられるのではないでしょうか。



まずはビールを一杯。


f0355671_17341747.jpg
アテに真イカの黒づくりを頼んでみました。


イカのお造りをイカスミで和えて上にゆずを散らしてあります。
このゆずの風味がイカを引き立てることったら。

もうこれはビール飲んでる場合じゃないわ。


あ、左は突き出しの出し巻です。

f0355671_17202008.jpg




酒の肴は富山湾の宝石「白えびの唐揚げ」も



f0355671_17194892.jpg

一杯目は「黒部峡」をひやでいただきました。


mayaoの勉強足らずでこのときまで知らなかったことなのですが
ひや酒って本来は常温のお酒なんですってね。

だけどひや酒ってなかなかよいものです。

冷たすぎると本来のお酒の味が飛んでしまうこともありますから。


この日はお喋りが途切れることなくよってお酒も進みました。


この後、「冨美菊」「勝鬨」「吉乃友」をいただきました。


真昼間からお酒を4杯呑むなんてこといつぶりかしら?



f0355671_17205103.jpg


しっかり喋って呑んで上機嫌で夕方の新幹線で帰っていきました。




[PR]

by manaApelila | 2016-12-21 17:51 | 富山市内 | Comments(2)

お初

大阪から帰ってきた週末、


会社関係の日帰り旅行で「軽井沢プリンスショッピングプラザ」に行ってきました。




f0355671_15261227.jpg


何せ往復のバス代は一人1,500円ですからねえ~。


大阪からはかなり遠い軽井沢。


少し北上したから近いかと思いきや、
富山と長野の間にある北アルプスを縦貫する道がなくて
ぐるりと新潟から回りこんで行くので片道4時間もかかりました。

でもまあ一人1,500円ですからねえ~(笑)


11時頃にショッピングプラザに着いて一番に向かった場所。



それが



f0355671_15245031.jpg
ハワイが本店のバーガーショップ「KUAAINA

何とお初です(笑)

ハワイでは昼からビール、そしてガッツリ食べちゃうため
意外とバーガー類は食べないmayao家なのです。



今や日本全国に出店されててもちろん大阪にも何店舗かあるのだけど
おかしなもので大阪にいるときは「高ぁ~っ」って入らなかったしね。


それがハワイ力のない土地に住んでるとどうでしょう。
もう何のためらいもなくがっついてしまいましたよ。

しかも並ぶの嫌いな関西人が並んでまで・・・・って(笑)


f0355671_15250814.jpg
まずはビール、それもコナビール、それも秋限定「LAVAMAN」とくれば
なんちゃって田舎者はいきなりのテンションアップでございます。

「LAVAMAN」は深いホップの香りと風味、だけどすきっとした飲み口。
くどいビールは苦手なmayaoも気持ちよくいただけました。

そして忘れちゃならない


f0355671_15252324.jpg
カリッとサクッとフレンチフライ。


f0355671_15253628.jpg
アボカドサラダをいただきながらメインを待ちます。


f0355671_15255193.jpg
メインは我が家の大好物、「パインバーガー」。


肉肉っとしたパテは食べ応え充分・・・過ぎ。
ただパインまで焼いてあって肉のしつこさを中和してくれる酸味が
飛んでしまってたのが唯一の残念。

でもそれを差し引いてもとっても至福な時間でした。


ゆる~いハワイアンの流れる店内の心地よさったら・・・・・。

出発の時間までの4時間全てここにいてもいいと思ったくらい ヾ(≧▽≦)ノ゙ゥキャキャ


でもちょうどいいタイミングでギャアギャアと叫び散らかすお子ちゃま出現。

そろそろショップを冷やかしにいきましょう。

[PR]

by manaApelila | 2016-10-29 18:00 | 日帰り旅 | Comments(2)

うれしい楽しい大好き!!やねんosaka

大阪に帰った日からもうひと月。

魚津は秋めいてきているのにまだコチラは暑さの残る初秋のまんまでした。


残りの大阪、ちょっと・・・いえかなりはしょらせていただきます。


f0355671_17253202.jpg


両親や姉夫婦とご近所でお好み焼き食べたり(食べ散らかしてますが・・・)


f0355671_17254057.jpg
バレエのレッスンと今回初でズンバのレッスンにも行って
友達とお食事やお喋りを楽しんだり、


f0355671_17255070.jpg
ついでに髪もすっぱりと切ったり、



f0355671_17260222.jpg
天王寺に出かけたついでに





f0355671_17261273.jpg
弟と昼呑みしたり、



f0355671_17262360.jpg
旦那さまの両親に毎年送ってるおせち料理の注文がてら
梅田をウロウロして大都会の雰囲気満喫したり、



f0355671_17263437.jpg

mayaoの舌が一番大阪で旨いと感じるご近所たこ焼きを食べたり、



f0355671_17273707.jpg
小中学校の同級生たちとお決まりの飲み会したり、




f0355671_17264445.jpg
同じマンションの仲良し奥さんとのわいわい会もしたり、




f0355671_17265573.jpg
帰る前日の夜までヤマハ時代の楽しい友達と福島で飲み会したり、



で、あっという間の10日間でした。


え?はしょるにも程があるって?


まあ備忘録も兼ねてるってことで平にお許しを(笑)


帰る日、大きな台風が西から追いかけてきててあわや帰れんか!!と思ったけど
超オンタイムで富山着。

2時間ほど後からは運行停止となったのでほんと助かりました。


今回も我が家の丸い丸い神さま二人に守ってもらいました。


さあ、これから秋本番ですぞ。

[PR]

by manaApelila | 2016-10-28 01:11 | 大阪 | Comments(2)

親子同窓会

今回はカナダに住んでいる友達の帰省に合わせて帰省を決めました。

母親同志は女学校時代からの70年以上にもなる長いお付き合いの仲。
娘たち二人は同じピアノの先生に通っていた仲。

大阪在住時は彼女の帰国に合わせて母娘のお食事会を楽しんでいましたが
富山に移ってからはお互いの帰省の日が会わずお休みしていたのです。

そんなとき、mayaoがある場所で次回の帰省は秋かな・・・って呟いたら
彼女も秋に帰国するから会えると嬉しいなぁ~ってお便りが来ました。

当初は秋といってももう少し後、大阪が涼しくなってからと思っていたmayao。

ちょっと悩みました。
だって暑いの苦手ですから・・・・・(笑)


だけどふと思いました。

私たちはよっぽどのことがない限りはまた来年でも再来年でも会えるけど
両方の母親たちは80も半ばオーバーなお年頃。

来年はもしかしたら揃って会えないなんてこともあるかも。

と思うと暑いからなんて言っていられない。
会えるときにお互いよい思い出を作らないとと思ったのです。


もちろん、この話は会ったときにちゃんとお話して大爆笑をいただきました。


そしてお互いの母親たちともう一人母たちの同級生。
mayaoがとっても大好きなおばちゃまも交えて5人でのお食事会と相成りました。


美味しい店をあちこち知っている母の案で伺ったのは「懐石北瑞苑

お料理はこの通り

すっかり大人になってしまった(笑)娘たちはビール付。


f0355671_15441600.jpg
f0355671_15442419.jpg
f0355671_15442934.jpg
f0355671_15445613.jpg
f0355671_15450630.jpg
f0355671_15451316.jpg
f0355671_15452125.jpg
mayaoは久々で都会のお上品なお食事を堪能。

この年齢の人たちにしては気の利きすぎたジョークも交えた話に
驚いたりお腹を抱えて笑ったり。

母たちがどれだけ楽しい学生生活を送ったのかがわかります。

学生時代の半ばには戦争という悲しい時期も外せないのに
この人たちはそれをもモノともせずに何と強いのでしょう。

この人たちの前ではまだまだ私たちなんて小娘。
足元にも及ばないのです。

ゆったりとした個室で皆さまとの会話を楽しませていただきました。


f0355671_15452881.jpg

母と娘たちの記念写真。(mayaoは前列右です)



その後、移動したカフェではラテのイラストを選べるのを知って
せっかくだからみんなで違うのにしましょうよ。

なんてまるで娘のようにはしゃぐ母たち。

その光景をほほえましく見守る娘たち。


f0355671_15453484.jpg



予定を早めて帰ってよかった。


とても穏やかな空気の漂うよい時間でした。

[PR]

by manaApelila | 2016-10-17 16:26 | 大阪 | Comments(0)

やっぱり期待を裏切らない店

f0355671_12123349.jpg
一日目の夕飯は迷わず松本駅からすぐの場所にある「風林火山」さんへ


4年前にも行って味はもちろんお店のスタッフの感じよさも百点満点のお店。

予約しておいた方が安心のお店ですが開店直後だったのでダメ元で聞いてみたら
「大丈夫ですよ、奥へどうぞ」って小上がりのお座敷席へ案内してくれました。

二人だからてっきりカウンター席だと思ってたのに。

この後、あっという間に満席になったのでちょうどよいタイミングだったみたいです。


しかも四年前と同じ席。
このお店とのご縁を確信いたしました。


とりあえず、お通しとクラフトビールで軽く喉と空腹を癒しながらお料理を待ちます。


f0355671_12300603.jpg

頼んだお料理の数々がコチラ。

松本は馬刺しと山賊焼という鶏肉料理が名物。


でも馬刺しは旦那様が苦手。
山賊焼は二人ではちょっと量が多いので甘辛手羽を頼みましたが
これがまた美味しくって・・・・・・・。

三本入ってたのでまずは一本ずつ。
あと一本は半分こ・・・・って思ってたら旦那様がパクリ。


あぁ~~ん、ショック~。


どれも美味しかったぁ~。


もちろんクリスタルな飲み物もいただきましたよ。


f0355671_12414218.jpg
この日のラインナップです。
お値段も良心的だこと。






f0355671_12130129.jpg
まずは自分の勘でコチラをいただきました。


伊那のお酒です。


すっきりでキリリなお酒で満足。



二杯目はお店の人に聞いてみることに。



さすが人気居酒屋。
ちゃんとお酒に精通したスタッフが居てすっきりでキリッとな辛口が飲みたいって
mayaoの希望に叶うお酒をチョイスしてくれました。




f0355671_12131348.jpg

お料理の美味しさと雰囲気のよさもあってクイクイとお酒が進みます。


この日は午前中は仕事、その後運転で疲れた旦那さまを気遣い
あとは宿で軽く飲みなおそうと、頃合を見てお店を後にしました。


f0355671_12134157.jpg
出てきてビックリ。

やっぱり店の前は待ち客でいっぱいでした。


[PR]

by manaApelila | 2016-09-08 12:36 | 旅行 | Comments(4)

遠足はつづく

瑞龍寺のご立派さにかなり満足したmayao。

その後前田家墓所から一旦高岡駅まで戻って、
今度は駅の向こう側から先にある古い街並へと歩きます。

どこかに行くときはまずははりきって調べ始めるのだけど
途中で面倒になるんです。

ここがmayaoのゆる~いところでして。

となるとあとは現地に着いてから出たとこ勝負でええかぁ~ってね。

今回も大体の方向だけを見てその方向に行けば
どこかに突き当たるだろうってめちゃ憶測で歩きました。

都会と違って地方は地図で見るほど遠くなかったりするので
あら意外と近かったのね、ってことが多いのです。


それより初めての街は興味津々。

何となく昭和な香りの残る駅前の商店街をキョロキョロしながら
歩くこと約20分ほど。


f0355671_17031018.jpg

大正レトロな建物に出くわしました。
NHKの朝ドラのセットに出てきそうな雰囲気の建物。

整髪店ですって・・・・・・・・。

ポマードべっちゃり七三分けの紳士が出てきそう。


少し行くと今度は


f0355671_17125928.jpg

このような建物が。


こちらは天保九年創業の「とこなつ本舗大野屋」さん。
和菓子はもちろん洋菓子や気になる高岡ラムネなど
和菓子屋の何もせん嫁としては入ってみてもよかったのですが
時間の関係で今回は外からだけにしました。


この辺りが「木舟町」と言って江戸時代からの古い建物が残っている街並です。


ちょうどお腹も空いてきた頃、ゆるくチェックしていた店の前を偶然通りかかれたので(笑)
お昼ごはんをいただくことにしました。


f0355671_16591229.jpg
伺ったのは「あんしんごはん」さん。


地場物を使った惣菜やさんです。


お盆にお皿を適当に置いて好きな惣菜を乗せていくシステム。
グラムで計ってくれはるのです。

お弁当にして持ち帰ることもできます。


f0355671_16594850.jpg
mayaoは高岡コロッケ、さわらの味噌漬け、白和えにきんぴらを選んで
白ご飯とお味噌汁でいただきました。


この画像を友達にLINEで送ったら精進料理みたいって言われてしまいました。

店内のお惣菜は他にも肉団子にエビチリ、焼そばや焼き飯やフライものなど
和食洋食中華ととっても充実していましたよ。


f0355671_16593500.jpg


商店をされていたのであろう古い町家の店内はこんな感じでした。


奥には坪庭があってその奥にまだ蔵屋敷のようなものもありました。

おばあちゃんのおうちにでも来たような落ち着いた雰囲気の中
ゆっくりお昼を頂いて、さあ町歩き再開ですがこのつづきはまた明日(なのか???_)

[PR]

by manaApelila | 2015-10-28 17:35 | 日帰り旅 | Comments(2)

お外でランチ

今年のシルバーウィークは富山から出ることなく過ごしていたmaya桶。



最終日のお昼はお外でご飯を食べることにしました。


お外でお昼と言っても洒落たレストランとかどっかのお店とかではなく
本当のお外ごはんですよ。


スーパーでお弁当を買い込んで出発です。


f0355671_16551375.jpg
車で3~40分ほど走れば山の中に入れるんです。



f0355671_16552924.jpg
片貝川キャンプ場に到着です。



多分昔からあるとは思うけど管理棟が真新しいので最近改装されたのかな。
トイレがめちゃ綺麗なのはとてもありがたい。


f0355671_16553927.jpg

バーベキューコーナーもこの通りゆったり余裕の広さ。
使わないときは蓋をしてあるのでテーブルとしても使えます。


f0355671_16555200.jpg

この水の美しさ。

キャンプ場側はちゃんと草を刈って足元も悪くないよう石を敷き固めてあります。

川まで降りれないかと思ったらこちらも危なくないよう大き目の石で
小さな子供は一人では上り下りできないくらいの階段状に作っておられました。

すばらしぃ~。


f0355671_16555949.jpg

せっかくなので下まで下りて川のお水を触ってみました。


冷たくて気持ちいい~。

水量や流れの変化はわからないけどこのくらいの水量と流れなら
水際から離れない限りはちょっとした川遊びも楽しめそうです。



f0355671_16561144.jpg

こんな看板が場内に設置されていました。


川の向こうは山。


そして



f0355671_16562539.jpg
後にも山が迫っています。


っていうかここは山の中でした。


クマさんたちが出てきても決して不思議じゃない場所。



と思ったら



f0355671_16563428.jpg
f0355671_16564120.jpg
ギャギャッ・・・・・出たぁ~。


うぷぷ


f0355671_16564802.jpg
こんな子たちなら大歓迎。



連休の前半は結構な人で賑わったであろうキャンプ場も
最終日となればテントはひとつだけ。

バーベキューエリアも無人。

超閑散としていました。

おかげで我が家は川のせせらぎをBGMにお弁当タイム。

山と川の両方からパワーもいただいてお腹一杯。



この場所、あとひと月もすれば紅葉が楽しめそうです。




[PR]

by manaApelila | 2015-09-23 17:27 | 日々のこと | Comments(0)

お寿司お寿司ぃ~♪♪

数ヶ月毎に美味しいお寿司が食べたくなることありますよね。


富山の誇れるものの一つが海の幸。


でも超高いお店が美味しいのは当たり前。
大阪人はお値段そこそこで美味しいものが食べたいんです。


お魚の美味しい土地だからこそ回転寿司でも美味しいはず。
ってmayao家の持論と利く鼻を利用してこのお店を見つけました。

富山駅前にあって外見はちょっと高級そうな店構えだけどこじんまりしててええ感じ。

毎朝新湊漁港から仕入れてはるのでネタの美味しさは間違いなし。
お値段は安過ぎることなく高過ぎることもなく。
このネタのよさなら納得のコスパです。

ちなみに今日は食べてないけどのどぐろのにぎりはさすがに高めの980円でした。

いつもは平日のお昼間なのでレーンでお寿司はほとんど回ってないけど
今日は土曜だったので珍しく多めに回ってました。



今回でもう何度目の訪問かしらねえ~。


今日はまずビールを飲みながらずわい蟹からスタート。


その後


f0355671_23312880.jpg
本日のおすすめ三種、左から太刀魚の炙り、ほうぼう、ふくらぎ。


f0355671_23313847.jpg
つまみで玉子を頼み


f0355671_23314824.jpg
本日の燗酒は「勝駒」をチョイス。


f0355671_23315795.jpg
お昼に珍しくひらめの骨せんべいが回ってきたのでこれもいただきっ。




f0355671_23320763.jpg
最初に頼んだらまだ肝の血抜きが出来ていなかったかわはぎ。
処理完了後、即二人分頼みました。


f0355671_23321437.jpg
最後に店長一押しきじはたをいただきました。

きじはたって始めてだったけどちょっとかわはぎにも似た
上品なお味でした。

後で調べたらあこうって呼び名もあるらしいです。


富山には沢山お寿司屋さんはあると思うけど
mayao家は浮気せず富山にいる間のご馳走お寿司はここでと決めました。


こちらに居る数年間で果たして何度来ることになるのか。


次回は雪の降り始めた頃に食べたくなる予定(笑)。


ん、このくらいの感覚がよいのですよ、美味しいものは。


屋号は「廻転とやま鮨
富山空港に一号店があります。

落ち着いてお寿司を食べたかったら絶対にここお薦めです。




[PR]

by manaApelila | 2015-09-13 00:31 | 富山市内 | Comments(2)

梅田やと思ったらハワイだった

サンダーバードで大阪駅に着いたその足で向かったのは阪急百貨店梅田店。

カートを地下のサービスセンターに預けて即効9階に上がりました。

なんで・・・・・??????


って、今更説明する必要ある?????


といきなり上から目線。


大阪に帰ってくると浪花の血が滾って急に強くなるmayao。



f0355671_15485618.jpg
f0355671_15490969.jpg
これこれ、これに行ってたのです。


それは阪急百貨店の「ハワイアンフェア」


エレベーターが9階に近づくたびハワイアンの音楽が洩れ聞こえてきて
エレベーターだけでなく気持ちも上がります・・・なんちゃってねえ。


9階の催事場はまるでミニハワイ。


ハワイのお花のめちゃいい匂いしてるしぃ~。



f0355671_15500222.jpg
f0355671_15501570.jpg

今までのハワイアンフェアとは違った今回のハワイアンフェア。

近年あちこちで開催されてきてたちょっと飽きのきてた
日本のお店がさもハワイから来ましたみたいな顔してやってたような
アレじゃなく、ちゃんとハワイからお店も来られてて、
お洋服屋さんやクラフト関係のお店にはデザイナーさんやアーティストさんたち
ご本人さん登場~。


f0355671_15495052.jpg
さらにノースショアの有名なかき氷屋(シェイブアイス)の松本っつあんまで。

一人でお願いしたら

「えぇ~っ、一人かよぉ~(恥)」

ってちょっと照れておられましたが

「いえいえ、松本さんお一人の写真は厄除けによいのですよ」

なんてその場凌ぎ的ええ加減なこと言ってなだめすかして
撮らせていただきました。


富山でハワイに餓えてたmayao。


もうテンションマックスです。


でもmayaoのテンションを上げたことがもうひとつあって。

f0355671_15494470.jpg




f0355671_15493205.jpg
ハワイアンレイが綺麗に吊り下げられた祝祭広場の一角にあった
このバンの前で会った人。

このブログにも度々来てくださる「みなみちゃん」でした。


お会いするのはもう三度目。


もうすっかりハワイの親友と呼べるmayaoの大事な人。


会った途端、きゃほーな二人。


ハワイのことを知らない人が聞いてたら一体何語喋ってるのかわからんかったと思います。


f0355671_15530826.jpg
ブリューウォーターシュリンプのガーリックシュリンプをむさぼり食い(笑)

あちこちの店を放浪してはあーだこ-だ、ハワイではどーだ。

どんだけお喋りしても話題は尽きない。


三日ほどこのイベントの場にキャンプさせてもらえないかと思ったほど。


みなみちゃん、とっても素敵なものをたくさんゲトしておられましたよ。


mayaoはこの日富山から帰ったばかりでまだお買い物スイッチ入ってなかったり
ただただこのフェアの居心地のよさに感動しきりですっかり亡者の如くでした。



なので、このハワイアンフェアの詳しい内容はみなみちゃんにお任せすることにしましょう(笑)


みなみちゃんよろしくぅ~(ってこらぁ~他力本願かぁ~)

いえいえみなみちゃんのハワイアンフェアのプレゼン力、半端ないのぉ~。


みなみちゃんのハワイアンフェアの記事はコチラ
数度に渡ってアップされてますがどれも秀逸です。


みなみちゃん、ごめん。
勝手にリンクさせていただきました。


阪急のハワイアンフェア、素晴らしい。

もちろんこのままでは終らない・・・・・・・というわけでつづくのだ。

[PR]

by manaApelila | 2015-07-15 16:03 | 大阪 | Comments(4)