魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
ほんとはどうだったんだろ?
at 2017-10-24 00:19
祖母の鏡台
at 2017-10-20 17:08
祖母からの贈りもの
at 2017-10-19 01:20
どうしたもんじゃろなぁ~ その後
at 2017-10-13 17:19
KONABEERでお買い物 ..
at 2017-09-28 14:56
最新のコメント
みなみちゃん、 あ..
by mayao at 14:15
素晴らしい! 素晴らし..
by みなみ at 08:00
みなみちゃん、 よ..
by mayao at 23:36
あ~、こりゃ要る! こ..
by みなみ at 19:07
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:27
うんうん、可愛いー(*´..
by みなみ at 17:42
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:54
本当に箱までもが素敵w・..
by みなみ at 17:40
たんちゃん、 そ..
by mayao at 16:16
キヨさんのブログの紹介を..
by たんちゃん at 23:06
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ほんとはどうだったんだろ?

f0355671_17075400.jpg
レースフリフリのクマさん


クマ好きバレエ好きな私にとカナダ在住のお友達が
お土産にくれたものなんです


この子は下の部分がパカッと外せて



f0355671_17080952.jpg

小物入れになっています


大きさはちょっとしたアクセサリーや鍵を入れられるくらいかな


友達は


「これね、後にマグネットが付いてて冷蔵庫とかに
 引っ付くようになってるのよ」


って言いながら手渡してくれました



f0355671_17174789.jpg
うむ、たしかに何か付いておる



でも何でこんなかさばるものにマグネット?
で、何でこのクマを冷蔵庫に引っ付けるのだ???

と、ちょっと首かしげ状態な私


彼女も


「そうなの、何で冷蔵庫なの?って話よね ふふふ」


って


早速家に帰って冷蔵庫に付けようとしたのだけど
全然引っ付かない・・・・・・・


もしかしたらマグネットに傷が付かないように
上に透明シールでも貼ってある?


でも爪でカリカリしても全くめくれる様子もなく


えぇ~、何でやねん・・・・・!!!


強く押さえたら


169.png 169.png 169.png 169.png 169.png


♪~タンタラタンタン タラタラタララン~♪


急に音楽が鳴り始めました


それも「イッツ ア スモールワールド」


しかもなかなか終らん


・・・どころか電池切れみたいに音外れてきてるし


えぇ~っ、マグネットじゃなくてスタートボタンやったんやぁ~


さらにタグをよくよく見てみると



f0355671_17180062.jpg

うす~く「I’m musical」ってスタンプ


私はミュージカルって?????


この子、音楽鳴るよ♪ってことなのかな


お友達はカナダにもう25年は住んでいるから
本当はわかってて

で、私をちょっとからかって後で真実を知ったら
二人で大笑いしようって算段なのかも


とりあえずは聞いてみなくちゃね


でもクマちゃんは好きだから許すぞ


カナダから連れて来てくれてありがとう

[PR]

by manaApelila | 2017-10-24 00:19 | クマクマ | Comments(0)

祖母の鏡台

ちょっと変な写りですが・・・・・


お重箱繋がりで祖母からの贈りもの第二弾です

f0355671_16403032.jpg

3年前に受け継いだ祖母の鏡台です

台座の上に鏡を置いてあって昔のものなので
この鏡がとっても重いのです


今は実家で預かってもらっているので
荷物に挟まれてちょっと肩身が狭そう


この鏡台は紫檀で作られています


母は自分が子供の頃からあったはずとか言っていましたが
大阪大空襲で母の実家は消失してしまったのでちょっと眉唾物です(笑)


でもかの昔、職業軍人だった大叔父が満州から
持ち帰ってきたのは本当の話らしいです


たとえ戦後だったとしても70年以上前の話になるので
古いことは古いですよね


で、何故この鏡台を私が継ぐことになったかと言うと



6年ほど前、奈良の伯母の家に行ったときのことでした



祖父は晩年のいっときを伯母の家の離れに住んでいたことがあって
その部屋にそのまま置いてあった和箪笥と鏡台を見た母が発した


「これ、おばあちゃんのよ 覚えてる?」


の一言でした


今まで何度も訪れていた伯母の家だったのに
何故母が今になってこんなことを言ったのかも謎ですが


もしかしたら祖母が母に言わせたのかもしれませんねえ


でもそれだけではピンと来なかった私


ほとんど思い出すことのなかった祖父母宅の間取りを
頭に浮かべて


あ、お座敷のお隣でほとんど陽が当たらなくて
廊下の続きのように思っていたあの部屋に
そういえば和箪笥と鏡台が置いてあったっけ・・・・・


一瞬で引戻されました


祖母のものが残っているなんて思いもよらなかったこと


台座の板をずらすと引き出しが現れるのですが
この引き出しの中には祖母の使っていた櫛も入っていて
それだけでもう祖母の吐息が聞こえるよう

祖母が亡くなったとき、私は幼かったので
この鏡台に祖母が向かっていた姿は全く記憶にはないこと

伯母はたまに着物を着る時にこの鏡台を利用していたようです


いつか伯母が旅立ってしまったときにこの鏡台はどうなってしまうのかと
急に愛おしくなると同時に心配になってきました


結構場所を取るからおそらく従兄弟たちには邪魔なだけよね


となると処分されてしまう・・・・・・・


まだまだ先のことだと思うけど、鏡台は私に譲ってねと伯母にお願い



その数年後、思いもかけず伯母が亡くなり約束どおり鏡台を
従兄弟が実家に運んできてくれました


帰省するとこの鏡台のある部屋で寝泊りしているので
当然私の化粧台になります


小さかった孫娘の変貌ぶりに祖母はずいぶん驚いているのでしょうが
孫娘はとても穏やかな気持ちで化けさせてもらっていますよ


鏡台とお重箱を受け継いだことで祖母の器用さも
備わればよいのだけど、それはままならぬことですなぁ~

[PR]

by manaApelila | 2017-10-20 17:08 | ちょっとええもの | Comments(0)

祖母からの贈りもの

f0355671_17071555.jpg
もう50年も前に他界した祖母のお正月道具を引き継ぐことになりました


明治生まれだった祖母は何でも出来たスーパー主婦


和裁に編み物はお手のもの、


特に編み物は玄人はだし
母がファミリアで見た細かい編み込みのセーターを作って欲しいと頼めば
製図もなしにワシワシと編んで、ちょっとでも気に入らないとたらぁ~んとほどく


お布団も座敷にお布団生地と綿を広げてモスモスと包んであっという間に出来上がり

ついでに枕やお座布団も作ってくれていました


お彼岸にはちらし寿司やおはぎを山ほど作って持ってきてくれて


私は祖母の作るおはぎが大好きでした


でもあっという間に逝ってしまった祖母


そしてもう50年


祖父愛用の煎茶器を少し分けてもらったことから始まり、
三年前に祖母愛用の鏡台をもらうことになって、今回はお重箱


幼かった私はほぼ記憶にないお重箱


二人暮らしの我が家にちょうどよい大きさの四段重です
(今のお重箱は三段が主流ですが昔は四段だったらしい)

貝細工がほどこしてあって取り皿、取り箸、お屠蘇器付です


大阪に帰るまでは実家に預かってもらっていますが
私の作るお節はそれこそ和洋中と様々

料理上手だった祖母から「あんさん何入れたはりますねん!!」

って叱られるかも

でも私なりに頑張って作るのでおばあちゃん、許してね


大事に使わせたいただきます

[PR]

by manaApelila | 2017-10-19 01:20 | ちょっとええもの | Comments(0)

どうしたもんじゃろなぁ~ その後

7月にアップしていた「どうしたもんじゃろなぁ~」の
あのアップリケの続編です

母の丁寧な手仕事を無駄にすることなく使ってあげたい


そう思えば思うほど悩むこと悩むこと・・・・・・・


元がお座布団だったのでお尻に敷くのはもう可愛そうだし


でも一般的なクッションに貼り付けるとアップリケがはみ出てしまう


そんなときに「3コインズ」でよい品に出会いまして


早速(実際には少し暑かったので寝かせてましたが)着手



f0355671_17070273.jpg

たらぁ~ん、出来上がりしたぁ~


これね、「スリコ」ではカラーボックスカバーなのです


上部が輪に縫ってあるので突っ張り棒を通して
中身丸見えのカラーボックスに取り付けるって代物らしいです


ふと実家のキッチンと食堂の間に母が目隠しで
カーテンを吊っていたのを思い出しました

少し古くなっていたし、タペストリーなのれんになりますなぁ~


ちょうど帰省の予定もあったので急いで作って荷物に忍ばせましたよ

唯一の難はポケットが付いてること

こいつがちょっと邪魔なのだけど
これを取ると多分跡が残りそうなので放置しました


「ママのモラのお座布団のアップリケを外して
 こんな風にしてみたのだけど」


って手渡したところ、


まさかのサプライズだったようで意外なくらいの喜びようでした


だけど元のアップリケは母がチクチクと細かく縫い付けていたところを
横着な娘は手芸用ボンドでペタペタ貼り付けただけなのだけどね

翌日早速付け替えて(それが上の画像です)なかなかええやん!!
とご満悦

って元は自分の作品だからか自画自賛もあるのだけど(笑)


まあ娘としては母が喜んでくれたので作り変えた甲斐もあったということで


[PR]

by manaApelila | 2017-10-13 17:19 | 日々のこと | Comments(2)