魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
富山ではしご桜
at 2017-04-24 17:35
食う飲む喋る
at 2017-04-11 18:36
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


遠足はつづく

瑞龍寺のご立派さにかなり満足したmayao。

その後前田家墓所から一旦高岡駅まで戻って、
今度は駅の向こう側から先にある古い街並へと歩きます。

どこかに行くときはまずははりきって調べ始めるのだけど
途中で面倒になるんです。

ここがmayaoのゆる~いところでして。

となるとあとは現地に着いてから出たとこ勝負でええかぁ~ってね。

今回も大体の方向だけを見てその方向に行けば
どこかに突き当たるだろうってめちゃ憶測で歩きました。

都会と違って地方は地図で見るほど遠くなかったりするので
あら意外と近かったのね、ってことが多いのです。


それより初めての街は興味津々。

何となく昭和な香りの残る駅前の商店街をキョロキョロしながら
歩くこと約20分ほど。


f0355671_17031018.jpg

大正レトロな建物に出くわしました。
NHKの朝ドラのセットに出てきそうな雰囲気の建物。

整髪店ですって・・・・・・・・。

ポマードべっちゃり七三分けの紳士が出てきそう。


少し行くと今度は


f0355671_17125928.jpg

このような建物が。


こちらは天保九年創業の「とこなつ本舗大野屋」さん。
和菓子はもちろん洋菓子や気になる高岡ラムネなど
和菓子屋の何もせん嫁としては入ってみてもよかったのですが
時間の関係で今回は外からだけにしました。


この辺りが「木舟町」と言って江戸時代からの古い建物が残っている街並です。


ちょうどお腹も空いてきた頃、ゆるくチェックしていた店の前を偶然通りかかれたので(笑)
お昼ごはんをいただくことにしました。


f0355671_16591229.jpg
伺ったのは「あんしんごはん」さん。


地場物を使った惣菜やさんです。


お盆にお皿を適当に置いて好きな惣菜を乗せていくシステム。
グラムで計ってくれはるのです。

お弁当にして持ち帰ることもできます。


f0355671_16594850.jpg
mayaoは高岡コロッケ、さわらの味噌漬け、白和えにきんぴらを選んで
白ご飯とお味噌汁でいただきました。


この画像を友達にLINEで送ったら精進料理みたいって言われてしまいました。

店内のお惣菜は他にも肉団子にエビチリ、焼そばや焼き飯やフライものなど
和食洋食中華ととっても充実していましたよ。


f0355671_16593500.jpg


商店をされていたのであろう古い町家の店内はこんな感じでした。


奥には坪庭があってその奥にまだ蔵屋敷のようなものもありました。

おばあちゃんのおうちにでも来たような落ち着いた雰囲気の中
ゆっくりお昼を頂いて、さあ町歩き再開ですがこのつづきはまた明日(なのか???_)

[PR]

by manaApelila | 2015-10-28 17:35 | 日帰り旅 | Comments(2)

一人で遠足

ひと月ほど前の平日。

ちょうど旦那さんが一週間の出張で自由の身だったので
一人遠足と称して高岡市に行ってみました。

高岡市はものづくりの町。

古くからの街並が随所に残っています。

一番のお目当ては加賀藩二代目当主、前田利長が創建した国宝「瑞龍寺」。
ここは以前から行きたくて何度か旦那さんを誘ってみましたが
あまり興味ないみたいで何気にスルーされてたんです。

これは天から降ってきたよい機会かも。


てなわけで敢行。


まずは「瑞龍寺」へ向かいました。


ちょっと寂しげな裏駅から歩いて10分ほど。


f0355671_17013926.jpg

瑞龍寺「総門」に到着。



この門をくぐると次に現れるのが



f0355671_17011672.jpg
「山門」


「山門」をくぐると左に「禅堂」、右に「大庫裏」と「鐘楼」、
そして奥の「法堂」を回廊がぐるりと囲んでいます。


ところで総門から最後の法堂までの写真の屋根を見て欲しいのですが
全ての屋根の葺き方がそれぞれに異なっていますのでお見逃しなくです。

ここ、テストに出るかもですよ(笑)



f0355671_17024765.jpg

こちらは「禅堂」



f0355671_17020830.jpg

回廊で取り囲まれた場所には綺麗な緑の芝生が敷き詰められていて
正面には「仏殿」が。


ちょうどツアー客を案内されていたお坊様がおりんをゴーンと鳴らされました。

何ていい音色・・・・・・・・。

いつまでも響く心地のよい残響音にはちょっと感動。


うひゃ、煩悩だらけだったのかしら・・・・・(爆)



f0355671_17022209.jpg
一番奥に配されてある「法堂」


時間が少し早めだったこともあってとても静かで気持ちよかったですよ。




「瑞龍寺」からはまっすぐ八丁(870ⅿ)の「八丁道」で結ばれた
「前田利長墓所」へ向かいました。


f0355671_17010246.jpg


f0355671_17030153.jpg


f0355671_17490138.jpg
ここが「八丁道」の終点。




f0355671_17032352.jpg
前田公墓所。


ここから緑に覆われた参道を歩いていくと左手に
お堀に囲まれたお墓がありました。




f0355671_17034610.jpg
お邪魔させていただいております。


一礼してご挨拶。


この時点でまだ午前中です。



高岡一人遠足、ほんの序盤なんです。


まだまだ続きます。


[PR]

by manaApelila | 2015-10-22 18:10 | 日帰り旅 | Comments(0)

秋の色

10月も終わりに近づいてきました。


少し前に急に冷え込んだとき、我が家の窓から見える山々の
いくつかがいっとき真っ白くなりました。



f0355671_17043054.jpg

毎週通っているジムの前の並木道も葉を紅く染めています。



f0355671_17040668.jpg


先週末、以前お外でランチにも出てきた片貝キャンプ場まで
紅葉チェックに行ってみました。


車で20分ほど走ればこの景色に出会えます。




f0355671_17045207.jpg

f0355671_17050193.jpg
真赤に色づいている木とそうでない木がありますねえ。

この日はほんとに暖かくて心地のよい日でした。



f0355671_17051246.jpg

山の上の方は紅葉が進んでいるようでしたがこの付近が
綺麗に色づくまでにはまだ少しかかりそうです。


キャンプ場の管理棟で手前の低めの山は見事な紅葉なのに
奥の高い山は真っ白という素晴らしい写真が飾ってありました。

秋と冬との競演。

このラッキーな景色をぜひともこの目で見てみたい。

まだまだ日中は薄着で充分だけど朝晩は結構冷え込むようになってきました。

魚津の秋、少しずつ少しずつ濃くなってきます。

[PR]

by manaApelila | 2015-10-21 17:28 | 日々のこと | Comments(0)

ビール好き

今更言うことでもありませんが、mayaoはビールが好きです。


村上春樹の小説に感化されて30代の頃はほんとによく飲みました。
多分一生分は30代でほぼ消化したかもしれない・・・・・(笑)。


最近はクラフトビールブームでいろいろなブリュワリーの
ビールを頂くようになりました。


ときには


f0355671_14185644.jpg
冷蔵庫がこんな素敵な空間になることも。

今のクラフトビールのラベルって本当に美しい・・・のだけど
飲んだ後は迷うことなく廃棄処分してました。



でもあるときいつも行く酒屋さんでビールの王冠の入った
コレクションボックスを見たのです。


あぁ~っ、今までたくさん珍しいのん飲んできたのに
何も考えてなかったぁ~。

ってことでそれ以降これぞって王冠だけ地味に保存。

でもねえ、確かにビールはたくさん飲んではいるのだけど
気に入った銘柄のばっかり飲むので意外と集まりは悪いんですよね。

だからと言って王冠欲しさに飲んだり買ったりはしたくないので
余計に集まらなくって苦節半年。


少しだけ溜まった王冠。
100均でコルクボードを買ってきて両面テープとボンドで貼ってみました。



f0355671_14141030.jpg

こんな感じぃ~。


上下にBEERってスタンプ押して拭いたら中途半端なシャビー仕上げに(爆笑)

この木枠はもう少し手を入れるつもりです。


ところでこの子はどこに置いてるかと言うと
カウンターキッチンに置いてる調味料棚  コチラ ↓

f0355671_14134131.jpg


の目隠しにしています。



f0355671_14140096.jpg

立てかけてるだけなのでときどき倒れますが・・・・・・・。


でもまだ上のものが見えてるのが気になります。


今回はどれもこれも中途半端なカタチですが
マカダミアナッツのなくならない間にとのことでした。


魚津は日々肌寒さが増しております。


せめておうちの中はポカポカ常夏気分で参りましょう。

[PR]

by manaApelila | 2015-10-12 14:45 | ハワイなもの | Comments(4)