魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ブログパーツ
最新の記事
そしてまた
at 2017-08-11 23:58
まだまだ
at 2017-08-07 15:16
豊作です 
at 2017-08-04 16:58
スイカを飲む 三杯目
at 2017-07-29 16:06
乗り鉄(笑)
at 2017-07-26 15:41
最新のコメント
キヨさん、 あ..
by mayao at 14:55
すいかづいてますね~♪ ..
by キヨ at 04:19
たんちゃん、 お久..
by mayao at 15:39
毎度のご無沙汰です・・・..
by たんちゃん at 23:17
キヨさん、 まあ、..
by mayao at 22:57
きれぃ~☆☆☆ そ..
by キヨ at 18:14
みなみちゃん、 あ..
by mayao at 23:28
パイナップルのシール持っ..
by みなみ at 10:43
キヨさん、 ただ水..
by mayao at 14:24
サミー、 たしかそ..
by mayao at 14:18
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


日帰りで越後湯沢 その2

お昼ごはんは駅前の欧風料理店でいただきました。

早い話が洋食屋。


f0355671_16263641.jpg
越後湯沢といえば私たちの世代は苗場を思い出してしまいます。


そして苗場と言えば苗場プリンスで


とくれば「私をスキーに連れてって」


その頃はこのレストランも賑わってたのでしょう。


この日は平日ということもあってお客さんは少なめ。


いくつかの苗場マダムらしきグループがお話に花を咲かせてました。


そんな中で私たちが頂いたのは


f0355671_16262736.jpg
mayaoの好物ビーフシチュー


濃厚なブラウンシチューと歯が要らないくらいにホロホロのお肉。

ランチセットにしたのでパン、サラダ、ドリンクバー付。




f0355671_16261996.jpg
パスタ好きな旦那さんはオマール海老のトマトクリームソース

こんなに入れて大丈夫なの?くらいにプリプリの身がたっぷり。


このお店の中はもしかしてまだバブル期の真っ最中?


さあ、お腹もいっぱいになりました。


本日目指すはこちらです。



f0355671_16265055.jpg
「COCORO湯沢」の奥にあるその名も「ぽん酒館


館内は新潟中から集められた種類豊富なお醤油やぽん酢にドレッシング
お漬物にお魚に魚沼産こしひかりを使ったおむすび屋さんにおかき類や
その他いろいろ。

そしてもちろんお酒も数多く置かれています。


そのぽん酒館の入り口にあるのが「利き酒処」


f0355671_16270474.jpg
中には新潟中の蔵のお酒のタップが地区毎に整然と並んでいて
お酒売り場でどれを買おうか迷ってもこちらで試飲してから
購入することができるのです。

もちろん呑むだけでもオッケー。

と言っても無料じゃないですよ。

まず、受付で500円支払うと、コイン5枚と小さなお猪口を貸してくれます。


f0355671_16271317.jpg
沢山のタップの中から自分の好みの日本酒を探してこのようにお猪口をセットして
コイン投入後ボタンを押せばお酒が注がれる仕組みになっています。


f0355671_16272969.jpg
燗で飲みたかったら燗用の柄杓(?)にこのようにお猪口をのっけて
燗をすることもできますよ。


小さなお猪口に5杯と言ってもコップ酒なら2杯弱ってところでしょうか

なので結構楽しめました。


はいもちろん5杯でやめときました。

[PR]

by manaApelila | 2015-02-27 16:47 | 日帰り旅 | Comments(0)

越後湯沢へ日帰りの旅

北陸新幹線の開通と同時に日本海を北上する特急がいくつかなくなります。

その中の「はくたか」は魚津から乗り換えなしで越後湯沢まで運んでくれる便利な足。

今まで北陸の人たちは越後湯沢で上越新幹線に乗り換えて東京に向かっていましたが
北陸新幹線が出来れば金沢から東京まで一気に行けるようになるので必要ないといえばないのですが。

はくたかがなくなったら恐らく越後湯沢は遠くなるので行くなら今の内ってことで
行ってきましたよ、越後湯沢へ。


f0355671_16442169.jpg
f0355671_16442700.jpg
魚津駅へ「はくたか」が滑り込んできました。

その名の通り、白い列車は鷹と言うより白鳥のようにも見えますね。


f0355671_16443305.jpg
日本海を北上して「直江津」から内陸へと入っていきますが
直江津を過ぎても少しの間はこんな景色でした。


でも少し長めのトンネルを越えるとそこは


f0355671_16444567.jpg
ひゃぁ~、雪国だったぁ~。

しかもトンネルを越える毎に雪は深くなり豪雪地帯。

ほんとの雪国のすさまじさを目にして夫婦で口ぽっかりでした。


魚津からは2時間もかからずに越後湯沢に到着です。


f0355671_16450599.jpg
ホーム上の積雪もすごいこと。


改札を抜けると


f0355671_16452067.jpg

cocoro湯沢」なる駅ナカ施設がド~ン。


正面はお土産物がずらりと並びますが、向かって左側は「がんぎどおり」


f0355671_16452942.jpg
ここは豪雪地帯、新潟や東北地方の商店街で見られる雪よけの「雁木」をイメージした
造りとなっていて新潟のおいしい店が並びます。


今回は、この奥のある場所を目的にやってきたのですが、
そのためには少しお腹に入れておかなくては。



f0355671_16565480.jpg
f0355671_16564338.jpg
軽く三貫と、この日はかなりの雪降りで寒かったので熱いのを一合だけいただきました。


ってことで、本日はここまでにしとうございます。

[PR]

by manaApelila | 2015-02-26 17:00 | 日帰り旅 | Comments(2)

冬の工作

f0355671_16101292.jpg

ここはmayaoが家の中で手を合わす場所。

神棚の中には魚津神社で頂いた天照大神札をお祀りしています。


mauaoは特に信仰に篤いというわけではないですが
調子のよいお願いだけでなく感謝をするためにも
神さまに手を合わせることって必要かなと思う昭和な人。

この神棚があるおかげで自己満足ですが少し気持ちが楽になることも。


でもねっ!!!


祀り立ててる割に置いてる棚の殺風景なことったら。


f0355671_16100030.jpg

ね・・・・・(;´Д`A ```


中のモン丸見え~・・・・・・・・



神さまの居場所の下がモノ入れってのはまあしょうがないけど(をい!!)


景観はかなりダメダメですよね。



ってことで着手しました。


引き出しの前面のサイズを測って


厚紙を切って台紙にして



ファブリックを貼り付けて



f0355671_16102102.jpg


出来上がりはこのように~。


小さな引き出しなのと真ん中のツマミがジャマするので
絵合わせをするのは大雑把なmayaoには大変な作業で・・・(´エ`;)

出来上がってから一番右の引き出しは花をもう少し左上になるよう切るんだったぁ~などという
少々の反省は入りましたがいつもの如く完成したら今日はこのくらいにしといたろぉ~って。

テレビ見ながら小一時間で工作終了。

久々で小さな小さなクラフトの神さま下りてきてくれはってありがとう。



[PR]

by manaApelila | 2015-02-18 17:15 | クラフト | Comments(4)

おひさまの力

f0355671_15512505.jpg
雪は降っても必ず止む日が来ます。


どうです、この青空。



f0355671_15513225.jpg
ちょっと手前味噌ですが海外のように見えませんか?



スキー場でこの風景は見慣れてるmayaoだけど自分が住む町となると
また全く違って見えてくるから不思議です。

で、雪明けや雨上がりのお天気の日には太陽の恵みをいただくため
平日は一人でお散歩に行く機会が増えたんですよ。


エライでしょ(笑)


f0355671_17052839.jpg
今日はどちらに向かって歩いていこうって考えて、
この日は家の裏の海に抜ける道から海沿いの道を歩いてみました。


f0355671_15541278.jpg
f0355671_15542057.jpg
f0355671_15543404.jpg
夏はとっても穏やかな海も冬になると演歌に出てくるような荒れた海になります。

この日は少し穏やかでしたが。

それでも低気圧の去ったあとは結構よい波が来るので
休日には道端に車がずらりと並びサーファーたちが冷たい海で波に乗っておられます。






f0355671_15544313.jpg

海沿いの道を歩いてても反対側を見れば山がそびえてる。


この贅沢感に思わず立ち止まってみてしまうこと数回。



ほぉ~っ・・・・・・・・!!!


f0355671_16173166.jpg

魚津市の海沿いの道は「しんきろうロード」と言って
春には「しんきろうマラソン」のコースとなるらしいです。


なので天気を問わず、休みの日はもちろん平日でも絶えず何人かは走っておられたり、
晴れた日はmayaoのように歩いておられたり。

この日も何人もすれ違いました。

そして上のボードでわかるように富山市の岩瀬浜という場所から黒部市の生地まで
自転車で富山湾景色を楽しみながら走れるサイクリングロードが整備されてます。


実際にはジャンボすいかでお馴染みの入善まで道が延びてるらしく
総延長距離は60キロ超。

かなりの距離だけど、本格的な自転車でビュ~ンって疾走してる人も
多く見ます。





f0355671_15545846.jpg

ここは釣り舟がエントリーする場所なのでしょうか。

いろいろと想像しながら歩く時間もまた楽しいし
歩き始めは帽子にマフラーに手袋と結構重装備なのに
時間が経つに連れて手袋を取り、マフラーを外し、と
からだも温まってきて。


こうなると、最初は冷たく感じてた空気も
心地よく感じてくるのです。


f0355671_15513716.jpg

ある日は山の方向に向かって歩いてみたり。



f0355671_15534640.jpg

雪があれだけ降っても数日経てばほらこの通り、雪もすっかり消えて
歩きやすくなります。


f0355671_16102035.jpg
本当は自転車で動き回ってもよいのだけど一度歩き出すと
これはこれでいろいろな発見もあって楽しいので
当分の間は歩きでうろうろしようと思っています。



[PR]

by manaApelila | 2015-02-14 17:02 | 日々のこと | Comments(4)

雪降りもまた楽し

f0355671_16043295.jpg
昨日の富山はこの冬一番の冷え込み&一日中雪でした。

しかも大雪警報が一日中発令されてて


12月初旬の大寒波を凌ぐ量の雪が降ったらしいです。


大都会ならパニックになりそうな量の雪でもトラブルなんてほとんど発生しないこの地方ですが
さすがに昨日はあちこちでトラブル続出だった模様。

旦那さんは会社の駐車場から車を出すのに20分かかったのだそう。



そんな中、



f0355671_16042518.jpg

暖かなお部屋でヌクヌクしてる丸い頭のこの人、雪の心配をしているのかと思いきや、


シロップかけたら美味しいシェイブアイスが出来そうでつねえ~。



f0355671_16043848.jpg


もひとつの丸い頭の持ち主は



おトーシャン、ちゃんとおうちに帰ってこれるかなぁ~心配ですぅ~。



雪はどんどん降り積もって夜にはこんな美しい造形美へと変貌。


f0355671_16044781.jpg
f0355671_16062731.jpg
ふんわり雪を融雪の水が溶かしてまるで浮島の如く。

そこへ外灯がぼんやり照らし出して何とも幻想的な光景になりました。

でも車の雪見てるとこんな悠長なことも言ってはおれないのですが・・・・。


明けて朝。


f0355671_16052976.jpg
f0355671_16051156.jpg


きゃほっ、モフモフの雪です。

早速長靴に履き替えて雪かき・・・・ではなくゴミ出しに。


お水の流れてるところを通れば歩きやすいのだけど
せっかく長靴も履いてることだし誰も踏んでないモフモフの雪をズボズボって歩いていきました。


楽しそうな足跡はもちろんmayaoのんですよ。


20センチ以上は積もってるのでふくらはぎの下あたりまですっぽりと
雪に隠れるけど何か楽しいね~。


f0355671_16053589.jpg

雪はパウダーだから手に取ってキュッて掴むとコットンボールのようにたちまち縮む。



あぁ~ん、丸いお耳の二つ付いたかわいい雪だるま作りたぁ~い。


と、思いつつ我慢して主婦は洗濯に戻りましたとさ。


まだまだ雪、降り続いています。




[PR]

by manaApelila | 2015-02-10 16:28 | クマクマ | Comments(0)