魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新の記事
スイカの季節
at 2017-06-26 15:45
春から初夏へ
at 2017-06-11 17:12
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

カテゴリ:日帰り旅( 24 )


友来る


2017年も四分の一が過ぎまして早や4月


まだまだ肌寒い富山でございます


3月はバタバタと過ぎました


連休にスキーお友達が遊びに来てくれまして
我が家に3泊ほど泊まって
食っちゃ喋り飲んじゃ喋りしておりました


もちろんせっかく来てくれたのだからと少し遠出もしてきました


f0355671_23383455.jpg

高岡まで出かけて富山県唯一の国宝「瑞龍寺」を参拝したり
(本当は氷見に出かける予定が前日夜遅くまで喋り過ぎて少し手前に変更)


f0355671_23385687.jpg


立山に行く途中にある上市の「大岩山日石寺」に行ったり



f0355671_23392396.jpg
この頃、平野部ではさすがに積雪はなくなっていましたがココまで上がってくると
まだあちこちに残雪も残り寄せた雪もこんもりと積み残ってました



このお寺へは下から


f0355671_23404014.jpg

百段ある階段を上っていきます




その名も



f0355671_00143373.jpg
「百段坂」


う~む、ここから修行が始まるのかぁ~



もちろん上にも駐車場はあって一応車は上に止めたのだけど
お昼ごはんを食べるには一旦下まで降りなければならず
一度階段を百段降りて満腹になったところでまた百段上がってと
健康にはよいが足腰には辛いお寺なのであります


いや修行修行(何の?)


お寺は名前のとおり山に沿って建てられていてあれこれ観るには
さらに結構な傾斜の坂道を上がって膝にくるわ息は切れるわ(笑)



f0355671_23403392.jpg
3年前に参拝したときにはなかった「八十八箇所霊場」なるものが出来ていました



f0355671_23402032.jpg

四国の県別に小さな石仏さんが祀られた石造りの厨子が並んでて順番に回っていけば
四国まで行かずともお遍路体験が出来るというもの


これについて詳しく書かれた「北国新聞」の記事を見つけましたので
ご興味のある方は北国新聞をポチしてご覧ください


たまにはこういう観光尽くしな日々もよおございますねえ


え?これだけ・・・・って?


むふふ、そんなわけないでしょ


お楽しみにお待ちあそばせ


[PR]

by manaApelila | 2017-04-04 00:19 | 日帰り旅 | Comments(0)

真田丸のお膝元ですものねえ

f0355671_15274480.jpg

軽井沢の行きの休憩で「東部湯の丸SA」に寄りました。


湯の丸は上田のお隣なのでSA内には当然の如く
このようなコーナーがありました。


f0355671_23042212.jpg
六文銭の家紋と言えば今が佳境の「真田丸」




f0355671_15275384.jpg
六文銭が描かれた巾着袋や





f0355671_23043902.jpg
むむむ、これは何話前かで出てきた「真田紐」


佐助が「おいくらですか」って源次郎に聞いてましたっけ。


え~っと・・・4号は540円、15号は918円です(笑)


ドラマの中では源次郎改め幸村は幽閉されていた九度山から逃れて大阪へと移動。
真田丸を作っている最中ですよね。


余談ですがあの真田丸のある場所って
大阪でのmayaoのお散歩コースなのですよ。

大阪の陣では間違いなくmayao家の辺りを徳川の大軍が闊歩していたはず。
いえ、ぜひとも闊歩していて欲しい(笑)。

だってそう考えただけで鳥肌の立つ想いじゃないですか。


軽井沢のおかげで食い気も歴史の深さの縁にも満足したmayaoでした。

[PR]

by manaApelila | 2016-11-12 16:03 | 日帰り旅 | Comments(0)

身に付けるものの話

ひょえぇ~

急に寒くなってきましたぁ~((´д`)) ぶるぶる


窓から見える山々は先週から日によって白いところが増えたり減ったりだったけど
昨日からの冷え込みで一段と増えたように思います。

長野方向に見えてる遠くの高い山は既に真っ白。


昨日は山間部ではもちろん標高の低い海側でもあられが降っていたようです。
当のmayaoはジムでダンスエクササイズの真っ最中で大汗かいてましたが(笑)

冬の兆し、ビンビン感じております。


でもまだ軽井沢日帰り旅を完結させていなかったことに気づきました。


と言っても食い意地はった話ばかりなのですが・・・・・・・(*´ェ`*)


普通の人はお買い物に行くと身に着けるモノ中心に見るものですが
何故か我が家は身に付くもの中心に見てしまうのです。


その一つが前述の松茸だったのですが

f0355671_23021573.jpg
ジャムでお馴染みサワヤさんのピロシキも買ってました。



f0355671_23023244.jpg
中にひき肉と玉ねぎとカットされたゆで玉子が包まれていました。
ピロシキってその店独自の具があるのでまあこの店のはこんな感じなのかなぁ~。


でもね、いろいろとピロシキを食べてきた中でmayaoは
やっぱり菅平高原の「白樺山荘」のんが一番好きですわ。

f0355671_23014492.jpg
むふふ、スイカサイダー。

スイカ好きとしてこの模様を見逃すわけにはいきません。

生産は佐賀県の友枡飲料さんのようですが
何で遠く軽井沢の地の雑貨を扱うショップにあったのかはちと不明。


この他にも帰りの小布施SAで栗おこわも購入。


往復8時間、現地滞在4時間。

買ったものと言ったら食べるものばかり。
mayao家らしいったらありゃしない。




あ、でもでも



ひとつだけ身に着けるモノ買いました。


f0355671_23013030.jpg
オークリーのニット帽。

スキーでもかぶるのもいいし自転車に乗るときにかぶるにもよさそう。
かなり目立つ色なのでオレンジ帽の自転車女として有名になるかもですねえ(笑)





[PR]

by manaApelila | 2016-11-10 11:48 | 日帰り旅 | Comments(2)

初物いただきました


f0355671_23024661.jpg

軽井沢で買ってきたもの。


どうだ(笑)、紛れもなく国産松茸です。


ショッピングプラザのファミマにドリンクを買おうと入ったら
いきなり松茸の箱が並んでました。


関西人は松茸と言うと丹波産と思いがちだけど
長野県はあちこちに松茸山があって意外と産地なんです。


箱には6,600円なんて値札が貼ってありますがこれは多分朝一採れたてのお値段。


mayaoが見たときは既に3時前だったので箱の上にかけてある
セロファンの上には3,300円の値札が貼り付いてました。


ええ蕾みで大きさもカタチもなかなかよい感じやん。

鼻を近づけてクンクンしてみると、あらまあ何とええ匂いしてるじゃないですか。


そういや今年はまだ松茸食べてなかったわ。



松茸大好きな旦那さまがとってもいいお顔をしてこっちを見ています。


そうだよね。

mayaoが大阪に帰っている間、お利口にお留守番をしてくれはったし
ちょうど数日前にお誕生日を迎えたはったばかりだし。

ここはひとつ大判振る舞い(笑)



f0355671_23030468.jpg

翌日、焼き松茸と土瓶蒸しで美味しくいただきました。


一杯目はぐぐっとこちらで喉を洗浄させていただきましたよ。


f0355671_23232007.jpg








[PR]

by manaApelila | 2016-11-01 23:26 | 日帰り旅 | Comments(0)

お初

大阪から帰ってきた週末、


会社関係の日帰り旅行で「軽井沢プリンスショッピングプラザ」に行ってきました。




f0355671_15261227.jpg


何せ往復のバス代は一人1,500円ですからねえ~。


大阪からはかなり遠い軽井沢。


少し北上したから近いかと思いきや、
富山と長野の間にある北アルプスを縦貫する道がなくて
ぐるりと新潟から回りこんで行くので片道4時間もかかりました。

でもまあ一人1,500円ですからねえ~(笑)


11時頃にショッピングプラザに着いて一番に向かった場所。



それが



f0355671_15245031.jpg
ハワイが本店のバーガーショップ「KUAAINA

何とお初です(笑)

ハワイでは昼からビール、そしてガッツリ食べちゃうため
意外とバーガー類は食べないmayao家なのです。



今や日本全国に出店されててもちろん大阪にも何店舗かあるのだけど
おかしなもので大阪にいるときは「高ぁ~っ」って入らなかったしね。


それがハワイ力のない土地に住んでるとどうでしょう。
もう何のためらいもなくがっついてしまいましたよ。

しかも並ぶの嫌いな関西人が並んでまで・・・・って(笑)


f0355671_15250814.jpg
まずはビール、それもコナビール、それも秋限定「LAVAMAN」とくれば
なんちゃって田舎者はいきなりのテンションアップでございます。

「LAVAMAN」は深いホップの香りと風味、だけどすきっとした飲み口。
くどいビールは苦手なmayaoも気持ちよくいただけました。

そして忘れちゃならない


f0355671_15252324.jpg
カリッとサクッとフレンチフライ。


f0355671_15253628.jpg
アボカドサラダをいただきながらメインを待ちます。


f0355671_15255193.jpg
メインは我が家の大好物、「パインバーガー」。


肉肉っとしたパテは食べ応え充分・・・過ぎ。
ただパインまで焼いてあって肉のしつこさを中和してくれる酸味が
飛んでしまってたのが唯一の残念。

でもそれを差し引いてもとっても至福な時間でした。


ゆる~いハワイアンの流れる店内の心地よさったら・・・・・。

出発の時間までの4時間全てここにいてもいいと思ったくらい ヾ(≧▽≦)ノ゙ゥキャキャ


でもちょうどいいタイミングでギャアギャアと叫び散らかすお子ちゃま出現。

そろそろショップを冷やかしにいきましょう。

[PR]

by manaApelila | 2016-10-29 18:00 | 日帰り旅 | Comments(2)

桜前線はまだまだ近くで停滞していました

舟川べりをあとにもう少しだけ新潟方面へと車を走らせました。


次に向かったのは「あさひ城山公園」


標高249mほどの山の上にあるらしいのですが、
小さな看板がぽつんとあるだけなので思わず通り越してしまいました。

やっと入り口をみつけて上り始めたのだけど
この道がなかなかスリルに満ちていて道幅は車一台がやっとの狭さ。
さらにいろは坂のようなヘアピンカーブ連続のぐるぐる回しで
途中から本当にこの道で合ってるの?って思ったほど。

最初のカーブから「クマ注意」の看板があって
ちょっとちょっと、お腹すいたクマさん出てこないでよね。


ってちょっと緊張。


運転に自信のある旦那さんもこの道はかなりきつかったとのこと。


でも苦労の甲斐はありましたよ。




f0355671_21451647.jpg

駐車場から10分ほど歩いた場所には城山公園の名のとおり、
「宮崎城跡」があってこの本丸跡からは



f0355671_21453299.jpg
見事な景色が望めました。


f0355671_21454780.jpg

海と空の境目がわからないほどでしょ。



残念なことに本丸付近の桜は



f0355671_21461053.jpg

まだ蕾でした。


どうやらここの桜はソメイヨシノではなく八重桜みたいです。



だけどこんな険しい山の上によくぞお城を建てられた。


昔の人たちの力強さに感服いたしました。



あ、そうそう



f0355671_21463223.jpg
山の上だけどこんな遊具もあって。


これならうちの子供たちも遊ばせてあげられそうです。




駐車場のソメイヨシノは花をつけていたので
帰る前に少しだけ子供たちとお花見を楽しみました。




f0355671_21463912.jpg
f0355671_21464696.jpg







[PR]

by manaApelila | 2016-04-18 17:11 | 日帰り旅 | Comments(0)

贅沢なお花見

満開の桜は本当に心をパァ~ッと明るくしてくれます。


これが雪山とチューリップと菜の花も一緒に見れたらどうでしょう。


そんなんあるの?????でしょ。


実はあるんですよ。



まああるからアップしてるわけですけどね。



ではご覧ください。


f0355671_17451690.jpg

どうですか。

ちょっと霞がかかってて雪山がはっきりとは見えませんが
何となく雰囲気はわかってもらえると思います。


ここは富山県の一番東寄りにある朝日町。


その朝日町を流れる舟川べりです。


富山市内や魚津ではそろそろ桜も散り始めている時期ですが
少し北なのでこの日が満開でした。



f0355671_17443165.jpg
f0355671_17450905.jpg

チューリップはもちろん赤だけじゃなく何色も咲いていましたよ。



f0355671_17444009.jpg

川の方へ行って土手を上がるとこのような桜並木が楽しめます。


そして川岸に下りると



f0355671_17445097.jpg

ちょっと濁っていますが桜はこぼれんばかりに枝を川に伸ばしています。





岸から土手の上を見ると




f0355671_17450035.jpg
その奥には残雪の残る北アルプス。


もうお腹いっぱい。


そうか、道理でこんなに恵まれた場所なのにお弁当広げたり、
やんやの宴会してる人がほとんど居ないのは
この景色だけでお腹一杯になってしまうのでしょうね。


この日はまだまだ車を北に走らせました。



                   つづく

[PR]

by manaApelila | 2016-04-16 15:57 | 日帰り旅 | Comments(2)

どこでもドアはなかったけど

高岡市は「藤子・F・不二雄」さんの出身地。

なので


f0355671_15474238.jpg
高岡駅の待合室にはドラえもんの郵便ポストがありました。
もちろんちゃんと使えます。

高岡は鋳物の町なのでこのポストも


ドラちゃんが抱えてる箱にお手紙入れるんです。

限定期間中はここから投函すればどらちゃんスタンプを押してくれはるみたいですよ。



駅前では



f0355671_15475311.jpg

ドラえもんのキャラクターたちがお迎えしてくれました。



f0355671_15480657.jpg
こちらは「ドラえもんトラム」

万葉線と言って海の方へ行くトラムなのですが
時刻表と時間が合わず今回は見れないと諦めていました。

だけど大仏さんの方へ向かって歩いてるときに偶然見かけて
通り過ぎるかと思ったらちょうど信号待ちで停まっていたので
今がチャンス!!と、走って撮って来ました。

内装もドラえもん仕様でめっちゃかわいいんですよ。
次回乗れたらリポしますね。


高岡駅からは氷見に向かうJR氷見線が走っています。
氷見市は「藤子不二雄」さんの出身地なので二両編成の可愛い電車のラッピングは
忍者ハットリくんなのです。

この日は運悪く、ホームでは見れませんでした。

そうですよね、何でもかんでも上手くいくとは限らないのです。



最後はどらちゃんとは関係ないけど高岡駅前「クルン高岡」内の
kawase cafeで頂いた「利長くん焼」です。



f0355671_15481464.jpg


ちょっと歩きつかれて甘いものが欲しかったところだったので迷わず購入。
中身はカスタードやチョコレートがありましたがmayaoは小豆をいただきました。

頭からパックリいかせていただきました(笑)

外側はパリッ、中はモチっとして小豆餡もいっぱい入ってました。
甘いものとコーヒーって何でこんなに美味しいんでしょ。

満足満足な高岡でした。


[PR]

by manaApelila | 2015-11-13 16:26 | 日帰り旅 | Comments(4)

高岡遠足

f0355671_16193464.jpg
江戸時代の建物に混じって大正初期に建てられた赤レンガ造りの建物がありました。

この建物は「富山銀行」

今もちゃんと業務を行っておられます。

東京駅に似てると思ってたらそれもそのはず。

東京駅を設計された方がこの建物の監修者だったのだそう。

昔の西洋建築ってこういう感じのものが多いですよね。

父から聞いた話では大阪駅も昔はこういった赤レンガの建物だったんですって。


あ、ちょっと話が逸れてしまいました。


この街並の建物を少しだけ。


f0355671_16190599.jpg
こちらは今も質屋さんを営んでおられます。



f0355671_16184674.jpg

こちらはあいにくお休みのようでしたが薬屋さん。


f0355671_16322057.jpg

こちらは「松匠」さんって古民家や蔵のリフォームなどを手がけておられる
建築やさんなのだけどカンナの看板が素敵なのでつい。



f0355671_16180948.jpg

白壁造りがあったり黒壁造りがあったり。

お城は白壁か黒壁で時代が違いますが家屋敷での違いも何かあるのでしょうか。

勉強不足でわかりません。





f0355671_16182561.jpg
江戸時代の街並を後にして、次は「高岡大仏」さまにお詣り。


こちらの大仏さんは奈良、鎌倉と並ぶ日本三大仏と自称(笑)されているそう。

いえいえどうして、とっても穏やかなお顔されていましたよ。

この後、高岡城址公園にも行ってみましたが、お城の姿はなく
お堀や古い城壁の一部が残っているだけ。

本丸跡は一面の広い芝生で市民憩いの公園になっていただけでした。
ちょっとがっかり。


高岡はまだまだ千本格子の街並など見たいところはまだあったのだけど
この日は雨も降ってきたので明るいうちに引き上げました。

その内機会を作ってもう一度たずねてみようと思います。





[PR]

by manaApelila | 2015-11-10 16:59 | 日帰り旅 | Comments(0)

遠足はつづく

瑞龍寺のご立派さにかなり満足したmayao。

その後前田家墓所から一旦高岡駅まで戻って、
今度は駅の向こう側から先にある古い街並へと歩きます。

どこかに行くときはまずははりきって調べ始めるのだけど
途中で面倒になるんです。

ここがmayaoのゆる~いところでして。

となるとあとは現地に着いてから出たとこ勝負でええかぁ~ってね。

今回も大体の方向だけを見てその方向に行けば
どこかに突き当たるだろうってめちゃ憶測で歩きました。

都会と違って地方は地図で見るほど遠くなかったりするので
あら意外と近かったのね、ってことが多いのです。


それより初めての街は興味津々。

何となく昭和な香りの残る駅前の商店街をキョロキョロしながら
歩くこと約20分ほど。


f0355671_17031018.jpg

大正レトロな建物に出くわしました。
NHKの朝ドラのセットに出てきそうな雰囲気の建物。

整髪店ですって・・・・・・・・。

ポマードべっちゃり七三分けの紳士が出てきそう。


少し行くと今度は


f0355671_17125928.jpg

このような建物が。


こちらは天保九年創業の「とこなつ本舗大野屋」さん。
和菓子はもちろん洋菓子や気になる高岡ラムネなど
和菓子屋の何もせん嫁としては入ってみてもよかったのですが
時間の関係で今回は外からだけにしました。


この辺りが「木舟町」と言って江戸時代からの古い建物が残っている街並です。


ちょうどお腹も空いてきた頃、ゆるくチェックしていた店の前を偶然通りかかれたので(笑)
お昼ごはんをいただくことにしました。


f0355671_16591229.jpg
伺ったのは「あんしんごはん」さん。


地場物を使った惣菜やさんです。


お盆にお皿を適当に置いて好きな惣菜を乗せていくシステム。
グラムで計ってくれはるのです。

お弁当にして持ち帰ることもできます。


f0355671_16594850.jpg
mayaoは高岡コロッケ、さわらの味噌漬け、白和えにきんぴらを選んで
白ご飯とお味噌汁でいただきました。


この画像を友達にLINEで送ったら精進料理みたいって言われてしまいました。

店内のお惣菜は他にも肉団子にエビチリ、焼そばや焼き飯やフライものなど
和食洋食中華ととっても充実していましたよ。


f0355671_16593500.jpg


商店をされていたのであろう古い町家の店内はこんな感じでした。


奥には坪庭があってその奥にまだ蔵屋敷のようなものもありました。

おばあちゃんのおうちにでも来たような落ち着いた雰囲気の中
ゆっくりお昼を頂いて、さあ町歩き再開ですがこのつづきはまた明日(なのか???_)

[PR]

by manaApelila | 2015-10-28 17:35 | 日帰り旅 | Comments(2)