魚津でもクマクマな日々


生まれ育った大阪から魚津に越してきたmayaoの始めての地方都市での日々の生活や、初めて目にしたものなどを紹介しています。
by mayao
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
最新の記事
富山ではしご桜
at 2017-04-24 17:35
食う飲む喋る
at 2017-04-11 18:36
王冠のヒミツ
at 2017-04-07 17:18
友来る
at 2017-04-04 00:19
「WAILUA」に再会
at 2017-03-29 17:05
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

カテゴリ:旅行( 13 )


やっと来れた場所

山代温泉でのんびりした翌日は金沢に寄って帰ることにしました。


というのは・・・・・・・・・・・



テレビでよく見るあの門の実物をどうしても見たくて。



それは鼓門。



f0355671_16545319.jpg
これです。


金沢にもう何度も来ていますがそれはずいぶんと前のこと。


駅舎もまだ古くてもちろんこの門すらありませんでした。


よくテレビで見てると立派だけど実際見るとガッカリなものも多いので
もしかしたらこれもガッカリかも・・・・って思ったけれど
いえいえなかなかどうしてどうして(笑)


立派な門でしたよ。


それより金沢駅の変わったことったら。


駅にしても駅ナカや駅前のショップにしても富山とは段違い。


富山の若い人たちがオシャレなものを買うときは
金沢に行くって話にへぇ~?な私でしたが納得しました。


ついでに今までそんなに興味のなかった「近江町市場」も
ちょっと覗いてきましたよ。

f0355671_16550967.jpg

こちらもテレビなどでよく見る風景。


実はこの市場を飲食ビルがぐるっと囲むように建っています。


市場の中で写真を撮るのはちょっど他の人のジャマにもなりそうですが
建物の二階に上がれば


f0355671_16552585.jpg
こんな風に上からゆったりと撮ることができました。



f0355671_16553940.jpg
何かちょっと京都の「錦市場」にも似てますなぁ~。


でもせっかく近江町市場に来たのだけど
こちらで売っているものは富山とあまり変わらずなので
夕飯として富山県内にはない「とんかつの和幸」でヒレカツ弁当を買って帰った我が家。

観光気分も味わえたし何より大好きなヒレカツ弁当も味わえて大満足な旅でしたよ。

金沢にはまたちょくちょく来ることになりそうです。


何やかや言うてやっぱり都会が恋しい我が家なのかもしれません。


[PR]

by manaApelila | 2016-11-22 18:37 | 旅行 | Comments(0)

秋の旅

11月始めの文化の日。

旦那さんの会社が翌日の金曜も秋休みにしてくれて四連休となりました。

全くノープランだった我が家。

前々日に急遽山代温泉んおお宿を予約して一泊で遊びに行きました。


魚津から北陸自動車道を走れば2時間ほどの距離。

文化の日は雨降りから始まって立山側はこーんな空でした。

f0355671_16533508.jpg
このとき車は富山市の西を流れる神通川を通過中。

実はここには少し見えづらいですが滑走路が見えています。
富山きときと空港は神通川の河川敷にあるのです。


雲の切れ間から光りが降り注いでる真ん中に小さく白く見えているのが滑走路です。


車の旅なのでもちろんこの人たちもご一緒です。



f0355671_16535321.jpg
f0355671_16540490.jpg

この日我が家が西に向いて走るのと反対に低気圧ご一団さまたちは東へ移動中。


f0355671_16542123.jpg



お昼ごはんをいただいた「徳光SA」

このSAは海水浴場が目の前。

この日は低気圧の影響で波が高かったけど日本海の夏の海は
とても静かなので夏は家族連れで賑わうのでしょうね。

SAの敷地内には日帰り温泉や室内プールまであって至れり尽くせりでしたよ。


いくつもの雨雲を潜り抜けて予定通り山代温泉到着です。


f0355671_16543820.jpg
お宿の最上階展望室からの景色です。

右の奥の方に加賀温泉駅のまん前に聳え立つ
加賀観音がかすかに写っていますが見えますか?

[PR]

by manaApelila | 2016-11-21 17:30 | 旅行 | Comments(0)

一時帰国(笑)

f0355671_17455077.jpg
10日ほど大阪に帰っていました。


行きの新幹線の車中では富山駅で買った美味しいおむすび





f0355671_17455914.jpg
帰りのサンダーバードの車中では大丸梅田店で買った
おうどんの「今井」のおにぎり弁当

どんだけ白いご飯好きやねん(笑)



大阪滞在中は異例の暑さ。


久々で都会の暑さを体験。


富山に帰ると一転。
今朝は10度そこそこと、この秋一番の冷え込みになりました。

これから秋の色が濃くなります。


美味しいモノもいっぱい。


ええもちろん、大阪でも美味しいものいっぱいいただきましたよ。


その話はこれからまた追々と。



[PR]

by manaApelila | 2016-10-11 17:55 | 旅行 | Comments(0)

松本旅ラスト

二日ほど前は長袖ブラウス一枚だと少し肌寒かった富山。

今日は久々で夏日が戻ってきました。

でもそろそろ10月。

夏旅を終らせないとね。


二日目の夜、前回行った日本酒専門店に行こうと思い
早めに店に着いたのに「今日は予約で満席です」だって。

あれ?ネットで見た限りでは予約不可だったはず。

それにお店の中からそうおっしゃったお店の方。
申し訳なさそうな顔じゃなく何か愛想なかった。

まあよい、このお店にはご縁なかったのでしょう。

ではどこで夕飯しましょうね。


今回は復習の旅。

前回松本を去る間際に行ったお店に行ってみることにしました。


レトロな店構えの洋食店「おきな堂」さんです。

f0355671_14575224.jpg
前回はランチタイムにお邪魔したので結構な店待ち客でしたが
今回は夕飯で少し早い時間と言うこともあって即入れました。

一階のテーブルはまだ空席の方が多くてどこでも座り放題だったのだけど
案内してもらったお席はまたもや四年前と同じ席だったのです。

松本では同じ店ばかり行っていたとは言え多少の広さのある店で
ことごとく同じ席に案内されるって・・・・・・・・・・。


やはり何かのご縁の力が働いている・・・・・・・・・・。

こちらでは前回と同じビーフカツをいただきたかったのだけど
フィレカツを頼んだら出てきたのはポークでした。

うん、フィレカツならどっちでも好きなので問題なしですよ。


でも前回と比べると添え野菜、手はかかってるだろうけど何かしょぼくないかい?


前回「前回の記事」添え野菜は少しだけどサラダでした。


とりあえず別にサラダを頼んでおいてよかったわ。


メインのフィレカツ、お肉は柔らかくて衣は薄め。
mayaoの一番好きなタイプでした。


サクサクって夕飯を済ませて松本では有名なバーで旅の〆。



f0355671_14582232.jpg

「MAIN BAR CORT」さんは



f0355671_14580673.jpg


ビルの奥のドアを開けて2階にあります。

薄暗い(ちょっと薄暗すぎた)バーで頼むのはもちろんジントニック。

こちらのジントニックは私たちが気軽に買える市販のトニックウオーターを使わない
ホンモノのキニーネを使って作ってくださるようでそれを知らなかった私たち。

何だか居酒屋のライムチューハイにしか思えなくて半分でギブ。

怪訝な顔で出たのでお店の方たちちょっとビックリした顔をされていました。

ごめんなさい、ちゃんと勉強してなかった私たち、
そして今までのジントニックとは違う味だと言えなかった私たちも悪かったんです。

お店の方たちの雰囲気はとってもよかったのです。


ただこのジントニックは日本や海外のあちこちでジントニックを飲んできた私たちには
受け入れられませんでした。

出来ればひとこと聞いて欲しかったなぁ~。


まあこれもご縁なのかもしれませんね。


総括、まずは出だしからアクシデントだったけど
これからもまたお邪魔したいお店とはご縁が繋がってとてもよき旅となりました。


旦那さんは晩秋の頃にまた行けたら行きたいって言うてはります。

[PR]

by manaApelila | 2016-09-25 15:35 | 旅行 | Comments(0)

新しいご縁にも出会えました

二泊三日の松本旅行。

もう少しお付き合いください。


今回の松本は四年前の食の道どりを辿る旅でしたが
それだけではつまらないので新しいお店も訪ねました。


f0355671_15211977.jpg


松本ブルワリー」さん



今年の1月に出来たばかりホヤホヤのブルワリーさんで
お邪魔したタップルームはゴールデンウィークにオープンしたばかり。

松本市内で初めてのクラフトビール店なんですって。

たった10坪ほどの二階建ての小さなお店ですが
中は温かい空気に包まれていました。


1階は立ち飲みスペースで2階にテーブル席があります。



f0355671_15213015.jpg

入り口はこんな感じ。


開店前に着いてしまったのでしばらく付近で時間を潰してから
店に戻りましたが開店時間を越えているのにまだCLOSEの看板・・・・。

お店回りには開店を狙って人も集まり始めているのに・・・・。


う~む、松本時間か?????って思ってたら中からお店の方。


すみません、うっかり看板そのままにしてました、どうぞ中へ~(笑)


わーい、一番乗りです。


まだ出来たばかりなので三種類の中から選んで
注いでもらっているとスタッフが突然

先ほども来ていただいていましたよね・・・・・って。
最初に覗いたときに中から見られていたみたい。

何だか嬉しいやら恥ずかしいやら・・・・・・。

とっても感じのよいスタッフで安心しました。

mayaoの後に並んでおられるお客様がまだおられるのも構わず
お喋りを続けられるのでこちらが恐縮してしまいました。



少し座って飲みたかったので2階に上がらせていただきました。



f0355671_15214028.jpg
2階は四人座れるテーブルが三つだけ。


しっくいの壁、レトロなランプシェードに窓にはステンドグラス。
松本民芸家具を思わせる重厚な木製のテーブルセット。

これぞ松本レトロって感じのお店。




f0355671_15214986.jpg
mayaoは少しフルーティーなペールエールのハーフパイントをいただきました。


手作りっぽいコースターも可愛いね。


mayaoはガツンと麦ってのは苦手なんですがこれはとっても優しくて
すんなりと喉を通り抜けてくれました。



旦那さんのグラスがちょうど空いた頃、まるで見てたかのように
スタッフが2階に上がってきて(実際には3階の事務所にご用があったみたいだけどね)
お味はいかがですか?と言うところからまたしばしビール談義。

最近IPA好きな旦那さん、
IPAのラベルのボトルがあったけど飲めるの?と聞いたところ


一応作るつもりでラベルは早々と作ってあるのですが
最近原料となる麦が品薄状態で出来るのは秋に入ってからとのこと。



それではまたその頃にIPA目当てにお邪魔しますねと言うと
お代わりはいかがですか?って。


旦那さん、ちゃっかりもう一杯頼んではりました(笑)。


そうね、富山からなら松本まで日帰りペースの旅。

もちろん飲むから日帰りはムリだけど
秋の色が濃くなってきた頃を見計らってまたお邪魔したいと思います。



松本の町がまた少し好きになりました。


[PR]

by manaApelila | 2016-09-22 16:03 | 旅行 | Comments(2)

松本に来たらやっぱりコレ

旧制松本高校のおかげでノボセて働かなかった頭をクールダウン。


少しの休憩で甦った私たちはサクサクと目的のお店へ向かって歩き出しました。


途中


f0355671_15180123.jpg

とても創造的なオブジェが入り口でインパクトを放ってる建物がありました。


こちらは「草間彌生」さんの「幻の華」という作品だそうです。

今まで気にも留めていなかったけど草間さんって松本市出身なんですって。

で、このオブジェのあった建物は「松本市美術館」らしいです。


f0355671_15175193.jpg


ちょうどこの時期は館内で草間彌生さんの特別展示をされていたのですが
先を急いでいた我々は早々に立ち去りました。

ちょっと観たかったのだけどねぇ~。


そしてここから歩くこと数分でやっとお目当てのお店に到着です。



f0355671_16572212.jpg
「そば処 浅田」さん


お店は11時半からなのに着いた時間は10時50分。
おひさまは一番てっぺんから照り付けて結構な暑さ。

でも一番かと思いきや、もう先客がおられました。

こちらの店の人気が伺えます。

店前の受付帳に名前を書いて開店を待つことにしました。

このあと続々と人が訪れあっという間に店前に人が溢れ出しました。


f0355671_16573084.jpg

相変わらず強気というか当然の姿勢には頭が下がります。



開店の前に頑固そうだけど職人顔のご主人が出てこられました。


「えぇ~、もうじき店を開けます。
 入店される前に言っておきますがうちは蕎麦屋ですからね。
 蕎麦以外は扱ってませんのでそれ以外のものを食べたい人はヨソへ行ってくださいよ。
 中に入ってから知らなかったといわれても知りませんからね」


ふふぅ~ん、これだけの人気店でもお蕎麦じゃなく丼やおうどんを
知らずに頼まれる方がおられるってことですね。

まあ昔のmayaoも蕎麦は苦手だったのでありえますわなぁ~。

準備が整ったのか、店開きは予定より少し早い時間でした。

並ぶ方を尻目に店内に呼び入れていただいて(だって我々も30分は待ってますもの)
小上がりの掘りごたつのお席に案内していただきました。


あ、またこのお席も4年前と同じ。


またまたこのお店からもご縁をいただいて嬉しい限り。


感動もそここにまずは瓶ビールを注文。


ビールを頼むとお蕎麦を揚げたモノがおつまみとして出てきます。
冷たいビールに塩味カリカリの揚げ蕎麦。


待った甲斐がありました。


お蕎麦は十割のざるそばを頼みました。
細切りツルツルッの味わいのあるお蕎麦はからみ大根でいただきます。

とどめのそば湯でつゆを割って。


なんて至福の時間なのでしょ。


え・・・・・お料理の数々の画像がないって????


そうなんです。
店内に「写真を撮るのは構いませんがSNSなどにはアップしないでください」
って貼紙がしてあったのです。

お店の方に自分で楽しむための写真なら撮ってもよいのですよね、と再確認。
一応写真は撮りましたが大好きなお店のルールはしっかり守ってアップはいたしません。

あしからずご了承くださいね。


でもちょっと見たいなぁ~って方。
食べログ」さんにアップされてる画像でご覧くださいませ。


だけど「食べログ」さんの口コミには直近の画像がバンバンアップされてます。
mayaoはネット上にアップしないでと言う意味で捉えたのですが違うのかなぁ~。

何にせよ、今回も期待を裏切らないお店でした。



f0355671_16574217.jpg

出てきたら店前はこんな感じで待ち客で一杯になってましたよ。

[PR]

by manaApelila | 2016-09-18 16:23 | 旅行 | Comments(0)

迷子の功名

f0355671_16571295.jpg

今日はちょっとバンカラな学生さんからスタート。


富山は一雨ごとに涼しくなってきました。


だけどここではまだまだ真夏のお話。


松本の二日目です。


朝食後、お昼ご飯までの腹ごなしを兼ねて散策開始。



この日のお昼に絶対に行きたいお店があったので復習がてら今の間に
お店の場所だけでもチェックしておくことにしました。


確か以前は反対の方から川沿いを歩いていったような・・・・・・。


でもなんだか全然行き当たりません。


それどころか今歩いている場所の検討もつかず。


スマホにブックマークで登録していたお店の情報から地図を見ても
小さすぎて(あぁ~年はとりたくない)全然わからず。

フロントに置いてあった市街地図をもらっておくんだったわ。

しかも旦那さんはほとんど覚えてないのに自分の勘でずんずんと歩いて行くものだから
不安感は募る一方。


お日さまはどんどん上がってきて汗は出るし道はわからんし。


これって迷子?????


こういうときに地方ってランドマークになるものがないのよね。
もしあったとしても案内看板も出てないし・・・・・・・・。


と、そのとき何だか緑の濃い涼しげな場所に出くわしました。



f0355671_16564955.jpg

ここって学校????


門柱を見ると左に「あがたの森公園」、右には「松本高等学校」とあります。


これって旧制松本高等学校の旧校舎???


話が逸れますが、実はmayaoは朝ドラの「おひさま」の大ファンでした。
主人公の陽子さんは安曇野に住んでいる女の子なのですが、上のお兄様の春樹さんが
旧制松本高校に進んでおられてドラマの中でもこの旧制松本高校が出てきていたのです。

そんなことをすっかり忘れてたmayao。

迷子のおかげで大好きなドラマのロケ地に出会うことができました。


f0355671_16570039.jpg

ヒマラヤ杉に囲まれた公園の中はひんやりとしてそれまでの暑さが嘘のよう。

記念館の中で冷たい飲み物で少しカラダを冷やし(アワモノじゃないですよ)
頭も冷やして迷走していたお店の場所もきっちりと確認。


冒頭の学生さんは、記念館の中の旧制高校ショップの前に立っておられました。


時間があれば構内を巡りたいところですが今回は目的地を目指すために
後ろ髪を惹かれながらもあとにしました。


さあ、目的のお店に向かいます。



[PR]

by manaApelila | 2016-09-13 17:37 | 旅行 | Comments(2)

やっぱり期待を裏切らない店

f0355671_12123349.jpg
一日目の夕飯は迷わず松本駅からすぐの場所にある「風林火山」さんへ


4年前にも行って味はもちろんお店のスタッフの感じよさも百点満点のお店。

予約しておいた方が安心のお店ですが開店直後だったのでダメ元で聞いてみたら
「大丈夫ですよ、奥へどうぞ」って小上がりのお座敷席へ案内してくれました。

二人だからてっきりカウンター席だと思ってたのに。

この後、あっという間に満席になったのでちょうどよいタイミングだったみたいです。


しかも四年前と同じ席。
このお店とのご縁を確信いたしました。


とりあえず、お通しとクラフトビールで軽く喉と空腹を癒しながらお料理を待ちます。


f0355671_12300603.jpg

頼んだお料理の数々がコチラ。

松本は馬刺しと山賊焼という鶏肉料理が名物。


でも馬刺しは旦那様が苦手。
山賊焼は二人ではちょっと量が多いので甘辛手羽を頼みましたが
これがまた美味しくって・・・・・・・。

三本入ってたのでまずは一本ずつ。
あと一本は半分こ・・・・って思ってたら旦那様がパクリ。


あぁ~~ん、ショック~。


どれも美味しかったぁ~。


もちろんクリスタルな飲み物もいただきましたよ。


f0355671_12414218.jpg
この日のラインナップです。
お値段も良心的だこと。






f0355671_12130129.jpg
まずは自分の勘でコチラをいただきました。


伊那のお酒です。


すっきりでキリリなお酒で満足。



二杯目はお店の人に聞いてみることに。



さすが人気居酒屋。
ちゃんとお酒に精通したスタッフが居てすっきりでキリッとな辛口が飲みたいって
mayaoの希望に叶うお酒をチョイスしてくれました。




f0355671_12131348.jpg

お料理の美味しさと雰囲気のよさもあってクイクイとお酒が進みます。


この日は午前中は仕事、その後運転で疲れた旦那さまを気遣い
あとは宿で軽く飲みなおそうと、頃合を見てお店を後にしました。


f0355671_12134157.jpg
出てきてビックリ。

やっぱり店の前は待ち客でいっぱいでした。


[PR]

by manaApelila | 2016-09-08 12:36 | 旅行 | Comments(4)

夏旅は松本へ

f0355671_13060053.jpg
さあ、旅行に出かけますよぉ~。



今年の夏旅は4年ぶりの松本です。


今回は新しいお店の開拓より前回行って美味しかったお店の復習。


さあ、食べるで飲むで・・・・・と勇んでおりましたところ。


いきなりのアクシデント


今年から「山の日」ってのが制定されたじゃないですか。


主人から渡された今年度の勤務カレンダーにはその週末からお休みマークが付いてて
てっきり「山の日」からだと思っていたらその日は振替勤務日。


夏休みの始まるのは翌日からだったのです。


そんなん普通じゃ考えられへんやろぉ~。


このカレンダーの字が豆粒みたいに小さくってねえ。


昨今近いとこ見えにくいmayaoにはお休みにしか見えなかったわけです(トホホ)。


さらに、いつもならお休みの二日目から旅立つ我が家だけど
今回に限ってお休みスタートダッシュの旅立ち。


一番の繁盛時期で今更宿泊場所の変更も出来ず。


最悪仕事終わりで夕方出発か・・・・・・・・・・。


さあどうなる、夏の旅。


安心してください(笑)


幸い何とか午後休を取ることが出来てお昼一番に出ることができましたよ。


ホッ・・・・・・・・・・・。



f0355671_13061263.jpg

すっかり走り慣れた海沿い北陸道の糸魚川から




f0355671_13062328.jpg

姫川沿いを走り、スキーでお馴染みの白馬を抜け松本へ


ところが松本市内へ入る頃から渋滞発生。


しかも駅付近は大渋滞で大勢の警察官が交通整理までしている始末。


夏休みのスタート日にしては大げさじゃないの?


やっとのことで松本駅前に出ると



f0355671_13063503.jpg

なんだか駅前に行列が・・・・・・・・。




それに駅前に入っていく道は閉鎖されてる模様。




これは一体・・・・・・・・・・???



腰を低くしながら警察官が近寄ってきました。


「申し訳ございません、もうじき皇太子さまのお車が駅に到着しますので」


とのこと。


そうかぁ~、道理で大勢の制服&私服警官が街のあちこちにいたわけだ。


この日は初めての「山の日」の記念のイベントが上高地であったらしく
そちらへご臨席されるため前日より松本入りされていたのだそう。



f0355671_13064697.jpg

皆さん日の丸の小旗をパタパタしながらそのときを今か今かとお待ちの様子。


皇室人気は変わらずですなぁ~。


皇太子さまお一人ならまあよいか。。。。。(ごめんなさぁ~い)
と、ここでmayaoは車に戻ったわけですが、後で聞いたらご一家だったそうで。


だったらちょっと拝見したかったわ(ミーハーでまたまたごめんなさぁ~い)。


車内から遠目に御車ご到着の様子を見ていましたが
何台かの車の後、旗の付いた黒塗りのお車が二台、静々と駅に滑りこんで来ました。

恐らくあの御車に乗っておられたのでしょうね。


渋滞にからまれたりいろいろとありながらも魚津から松本まで3時間半ほど。

松本、なかなか近いじゃない。


今年のmayao家の夏旅、初っ端からいろいろ盛り沢山です。



[PR]

by manaApelila | 2016-09-04 13:51 | 旅行 | Comments(2)

高田駅前をホロホロ

f0355671_00070007.jpg
一夜明けてホテルの朝食です。


平日の朝食はグラノラ、土日もパンで簡単に済ませるmayaoですが
旅に出ると何故かご飯を選んでしまいます。


最近のホテルの朝食バイキングってなかなかのハイレベルですね。


今回宿泊した「ロワジールホテル 上越


地方のホテルだし、ほとんど出来合いのものだろう、なんて思ってたら
ちゃんと玉子料理のシェフがいて好みを聞いてから作ってくださいました。


ひゃぁ~、失礼しましたぁ~。


mayaoはご覧の通りプレーンオムレツにトリュフソースをかけてもらいました。

トリュフソースのかかったオムレツなんて初めていただきましたが
なんと美味しいこと。

それにさすがお米の産地新潟。

ご飯うま~い。

旅先でも朝食の量は少なめだけどこの日だけは
mayaoにしたらかなりの量食べましたよ。



f0355671_00055627.jpg




朝食後、徒歩二分の場所にある高田駅まで腹ごなしがてらお散歩してみました。



高田駅の駅舎はお城をイメージしてデザインされているみたいでした。


正面の下に赤レンガが見えてるのですが、これは東京駅をモチーフにしているんだとか。



f0355671_00063466.jpg


駅から駅前に続く道は渡り廊下のように屋根が覆っています。


これは「雁木造」と言って雪国独特の雪よけ屋根らしいです。



f0355671_00061336.jpg



「雁木造」は駅から駅前の商店街にはアーケードどして、少し離れた場所でも
お店や民家の前にもそれぞれ作られているので雨や雪が降っても傘要らず。


かつては豪雪地帯だった上越の高田。
不便を強いられる深い雪の中、雁木のおかげでずいぶん助かったことでしょうね。


ちなみに高田地域にある「雁木」は総延長が16kmもあって日本一なんですって。


この後、西から迫ってくる台風に追いつかれないよう急いで来た道を戻りました。


一泊だったけど、少し前まで名前すら知らなかった街。

だけどもしかしたらここに住んでたかもしれなかった街。


今回の旅は忘れられないものとなりました。

[PR]

by manaApelila | 2014-08-15 00:41 | 旅行 | Comments(0)