魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
我が家の年越しそば
at 2018-01-05 17:40
謹賀新年 2018
at 2018-01-03 00:23
至福な時間でした
at 2017-12-31 00:29
忘年会は大阪で
at 2017-12-29 00:13
まだまだクリスマス気分です
at 2017-12-26 23:39
最新のコメント
ぎゃぁ~、みなみちゃんご..
by mayao at 00:11
みなみちゃん、 ..
by mayao at 00:10
みなみちゃん、 近..
by mayao at 16:26
1枚目、素敵なグラデーシ..
by みなみ at 20:53
みなみちゃん、 あ..
by mayao at 14:15
素晴らしい! 素晴らし..
by みなみ at 08:00
みなみちゃん、 よ..
by mayao at 23:36
あ~、こりゃ要る! こ..
by みなみ at 19:07
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:27
うんうん、可愛いー(*´..
by みなみ at 17:42
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

祖母からの贈りもの

f0355671_17071555.jpg
もう50年も前に他界した祖母のお正月道具を引き継ぐことになりました


明治生まれだった祖母は何でも出来たスーパー主婦


和裁に編み物はお手のもの、


特に編み物は玄人はだし
母がファミリアで見た細かい編み込みのセーターを作って欲しいと頼めば
製図もなしにワシワシと編んで、ちょっとでも気に入らないとたらぁ~んとほどく


お布団も座敷にお布団生地と綿を広げてモスモスと包んであっという間に出来上がり

ついでに枕やお座布団も作ってくれていました


お彼岸にはちらし寿司やおはぎを山ほど作って持ってきてくれて


私は祖母の作るおはぎが大好きでした


でもあっという間に逝ってしまった祖母


そしてもう50年


祖父愛用の煎茶器を少し分けてもらったことから始まり、
三年前に祖母愛用の鏡台をもらうことになって、今回はお重箱


幼かった私はほぼ記憶にないお重箱


二人暮らしの我が家にちょうどよい大きさの四段重です
(今のお重箱は三段が主流ですが昔は四段だったらしい)

貝細工がほどこしてあって取り皿、取り箸、お屠蘇器付です


大阪に帰るまでは実家に預かってもらっていますが
私の作るお節はそれこそ和洋中と様々

料理上手だった祖母から「あんさん何入れたはりますねん!!」

って叱られるかも

でも私なりに頑張って作るのでおばあちゃん、許してね


大事に使わせたいただきます

[PR]

by manaApelila | 2017-10-19 01:20 | ちょっとええもの | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 祖母の鏡台 どうしたもんじゃろなぁ~ その後 >>