魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新の記事
ほんとはどうだったんだろ?
at 2017-10-24 00:19
祖母の鏡台
at 2017-10-20 17:08
祖母からの贈りもの
at 2017-10-19 01:20
どうしたもんじゃろなぁ~ その後
at 2017-10-13 17:19
KONABEERでお買い物 ..
at 2017-09-28 14:56
最新のコメント
みなみちゃん、 あ..
by mayao at 14:15
素晴らしい! 素晴らし..
by みなみ at 08:00
みなみちゃん、 よ..
by mayao at 23:36
あ~、こりゃ要る! こ..
by みなみ at 19:07
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:27
うんうん、可愛いー(*´..
by みなみ at 17:42
みなみちゃん、 う..
by mayao at 14:54
本当に箱までもが素敵w・..
by みなみ at 17:40
たんちゃん、 そ..
by mayao at 16:16
キヨさんのブログの紹介を..
by たんちゃん at 23:06
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

どうしたもんじゃろなぁ~ その後

7月にアップしていた「どうしたもんじゃろなぁ~」の
あのアップリケの続編です

母の丁寧な手仕事を無駄にすることなく使ってあげたい


そう思えば思うほど悩むこと悩むこと・・・・・・・


元がお座布団だったのでお尻に敷くのはもう可愛そうだし


でも一般的なクッションに貼り付けるとアップリケがはみ出てしまう


そんなときに「3コインズ」でよい品に出会いまして


早速(実際には少し暑かったので寝かせてましたが)着手



f0355671_17070273.jpg

たらぁ~ん、出来上がりしたぁ~


これね、「スリコ」ではカラーボックスカバーなのです


上部が輪に縫ってあるので突っ張り棒を通して
中身丸見えのカラーボックスに取り付けるって代物らしいです


ふと実家のキッチンと食堂の間に母が目隠しで
カーテンを吊っていたのを思い出しました

少し古くなっていたし、タペストリーなのれんになりますなぁ~


ちょうど帰省の予定もあったので急いで作って荷物に忍ばせましたよ

唯一の難はポケットが付いてること

こいつがちょっと邪魔なのだけど
これを取ると多分跡が残りそうなので放置しました


「ママのモラのお座布団のアップリケを外して
 こんな風にしてみたのだけど」


って手渡したところ、


まさかのサプライズだったようで意外なくらいの喜びようでした


だけど元のアップリケは母がチクチクと細かく縫い付けていたところを
横着な娘は手芸用ボンドでペタペタ貼り付けただけなのだけどね

翌日早速付け替えて(それが上の画像です)なかなかええやん!!
とご満悦

って元は自分の作品だからか自画自賛もあるのだけど(笑)


まあ娘としては母が喜んでくれたので作り変えた甲斐もあったということで


[PR]

by manaApelila | 2017-10-13 17:19 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by みなみ at 2017-10-19 08:00 x
素晴らしい!
素晴らしいリメイクですね!!

暖簾の色もバッチリじゃないですか!!

やっぱりこーゆーの好きです~♪
何かお金をかけずに今以上に素敵にするって
素晴らしい事だと思うんです。

でも、この神の業は
お母様の手仕事を大切に思う心の結果でしょうね!
Commented by mayao at 2017-10-19 14:15 x
みなみちゃん、

ありがとぉ~ヽ(=´▽`=)ノ

どうしようって悩んでた割りには
意外とお安いもので簡単リメイクできてよかったわ

元々インディゴ地の布にアップリケをされてたので
リメイクするならやっぱり藍色という思いはあったの

なのでスリコで見つけたときにはビビッと来ましたよ

しかし何に関しても厳しい母
渡すまではその反応が気になりましたが
こちらも思った以上に喜んでくれてよかったぁ~って

母は自分の作ったものが活かされてよかったと思うのと
同時にやっぱり私の作ったものはええわぁ~

人が来たときにまた自慢できる・・・・

などと内心思っていると思いますです、はい(笑)

作った人の下に戻れてこのモラアップリケも
さぞかしホッとしたことでしょう
<< 祖母からの贈りもの KONABEERでお買い物 オマケ >>