魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新の記事
スイカの季節
at 2017-06-26 15:45
春から初夏へ
at 2017-06-11 17:12
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

ついに復活

f0355671_14543364.jpg
我が家にピアノがやってきました。


ピアノのお稽古をはじめたのはたしか3歳か4歳の頃。

そこからずーっと何の疑いもなくお稽古を続けていたのだけど
年と共にどんどん難しくなっていくわそこに練習嫌いも手伝って
高校の途中で習うことは止めました。


その後はエレクトーンに転向してピアノはときどき息抜きとして弾いていましたが
それも30中ごろまでのこと。


その後ピアノはもちろん商売道具となったエレクト-ンにもとんと興味がなくなってしまいました。


エレクトーンのお仕事も辞めてしまいましたしね。


その内実家のピアノもエレクトーンもキレイサッパリ処分されて鍵盤楽器から離れることもう25年以上。


でも10年ほど前、「のだめカンタービレ」を読んでからは


弾きたい弾きたい弾きたぁ~い 


見事にピアノ熱復活。



このときにさっさとふんぎればよかったのですが
意外とこういうことってふんぎりがつかないんですよね。


そんなかんなで、富山での暇つぶしと思い続けてまたまた3年。


合計思い続けることおそらく10年近し(笑)


それにしてもよくこれだけ思い続けたこと。


このたびやっとふんぎることができました。



その代わり、



f0355671_14544670.jpg

コレクションのHRCピンバッジを飾っていたこのテーブルを手放しました。


断捨離の心得


ひとつを得るにはひとつを手放す


ちょっと場所も取っていたのでよい機会だったかな。


これから退化した指(特に左指)を起こすため昔弾いていた曲の復習に勤しみます。

[PR]

by manaApelila | 2017-03-07 15:21 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by キヨ at 2017-03-13 09:53 x
なんと、素晴らしい!

なかなかの大きなお買い物
mayaさんの気持ちの高ぶりが分かりますよ

朝起きて、「そうだピアノがあるんだ」って思うのって
ものすごいワクワクですよね

だって、紙のピアノじゃ指が沈まないもの!!

新しい人生の伴侶と、楽しんでくださいね~♪

Commented by mayao at 2017-03-14 15:07 x
キヨさん、

あったあった、紙の鍵盤
懐かしいなぁ~

たしかにあれでは指は沈まないよね(笑)

今まで何度かピアノネタは出してて
買う買う詐欺の常習犯(爆)だっただけに
嬉しさもひとしおです

初日はこんなに・・・・って驚いた指の退化

日にちが経つ毎につたい歩きからよちよち歩きへ

まるでクララの歩く練習のようです

一日も早く走れるようになってアルムの山に
行かねばですわ
<< ルマンドアイス そうだったんだ!!! >>