魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

遠足はつづく

瑞龍寺のご立派さにかなり満足したmayao。

その後前田家墓所から一旦高岡駅まで戻って、
今度は駅の向こう側から先にある古い街並へと歩きます。

どこかに行くときはまずははりきって調べ始めるのだけど
途中で面倒になるんです。

ここがmayaoのゆる~いところでして。

となるとあとは現地に着いてから出たとこ勝負でええかぁ~ってね。

今回も大体の方向だけを見てその方向に行けば
どこかに突き当たるだろうってめちゃ憶測で歩きました。

都会と違って地方は地図で見るほど遠くなかったりするので
あら意外と近かったのね、ってことが多いのです。


それより初めての街は興味津々。

何となく昭和な香りの残る駅前の商店街をキョロキョロしながら
歩くこと約20分ほど。


f0355671_17031018.jpg

大正レトロな建物に出くわしました。
NHKの朝ドラのセットに出てきそうな雰囲気の建物。

整髪店ですって・・・・・・・・。

ポマードべっちゃり七三分けの紳士が出てきそう。


少し行くと今度は


f0355671_17125928.jpg

このような建物が。


こちらは天保九年創業の「とこなつ本舗大野屋」さん。
和菓子はもちろん洋菓子や気になる高岡ラムネなど
和菓子屋の何もせん嫁としては入ってみてもよかったのですが
時間の関係で今回は外からだけにしました。


この辺りが「木舟町」と言って江戸時代からの古い建物が残っている街並です。


ちょうどお腹も空いてきた頃、ゆるくチェックしていた店の前を偶然通りかかれたので(笑)
お昼ごはんをいただくことにしました。


f0355671_16591229.jpg
伺ったのは「あんしんごはん」さん。


地場物を使った惣菜やさんです。


お盆にお皿を適当に置いて好きな惣菜を乗せていくシステム。
グラムで計ってくれはるのです。

お弁当にして持ち帰ることもできます。


f0355671_16594850.jpg
mayaoは高岡コロッケ、さわらの味噌漬け、白和えにきんぴらを選んで
白ご飯とお味噌汁でいただきました。


この画像を友達にLINEで送ったら精進料理みたいって言われてしまいました。

店内のお惣菜は他にも肉団子にエビチリ、焼そばや焼き飯やフライものなど
和食洋食中華ととっても充実していましたよ。


f0355671_16593500.jpg


商店をされていたのであろう古い町家の店内はこんな感じでした。


奥には坪庭があってその奥にまだ蔵屋敷のようなものもありました。

おばあちゃんのおうちにでも来たような落ち着いた雰囲気の中
ゆっくりお昼を頂いて、さあ町歩き再開ですがこのつづきはまた明日(なのか???_)

[PR]

by manaApelila | 2015-10-28 17:35 | 日帰り旅 | Comments(2)
Commented by キヨ at 2015-11-08 11:33 x
mayaさんぽ、堪能してますね~♪

誰かと一緒も楽しいけれど
こういう風情の場所って、のんびりきままなお一人様が最高ですよね

どこも、「日本って良いよね」って感じで本当に素敵

以前から、こういう場所って好きだったけれど
やっぱり年齢と共に求める気持ちが強くなったなぁ

しみじみと癒されますね♪
Commented by mayao at 2015-11-09 00:00 x
キヨさん、

更新オサボリ状態な中、訪問いただきありがとう。

そうなの、情緒に溢れた街だからこそ
のんびり一人が一番。

でもお喋りしながらの女子旅もいいなぁ~。

mayaoも若い頃から古い街並が好きなのよ。

古い家や古くからある道を歩いてると
その時代ってどうだったんだろう、
どんな人が歩いてたんだろうって妄想の膨らむこと。

ええとっても癒されましたよ。

そろそろ更新しなきゃね。
<< 高岡遠足 一人で遠足 >>