魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
富山ではしご桜
at 2017-04-24 17:35
食う飲む喋る
at 2017-04-11 18:36
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

チャリ散歩

mayaoは相棒ブルーハワイ号にまたがり(笑)魚津市の旧市街へと向かいました。



まず訪れたのがココ



f0355671_16311083.jpg
魚津城址です。


と言っても魚津城は江戸時代初期に廃城となってしまっているので




f0355671_16310516.jpg
かつてのお城のあった場所には大町小学校が建っています。



昔々にお城のあった場所が自分の学び舎だなんてかっこいいなぁ~。



小学校の対面の道を入るとそこには



f0355671_16312062.jpg
千本鳥居で有名な伏見稲荷の魚津大社がありました。


関西に生まれ育ったmayaoなのに京都の伏見稲荷には行ったことないんですよね~。


さすがに千本鳥居はありません。

がしかしお稲荷さんの東側の古い商店街が一応伏見稲荷の参道となっていまして


f0355671_16561906.jpg
雁木の柱がまるで千本鳥居の如く朱色に塗られています。
ちゃんと下は黒く塗ってあるのでこれ絶対鳥居のつもりだよね。


f0355671_16312866.jpg
こちらは長教寺。

このときはまだ桜が5分咲き程度の魚津の中で満開に近かったので
思わず撮ってしまったのですがなかなか立派なお寺でしたよ。

江戸時代、ここはお寺ではなく魚津町奉行所があったのだそう。


この長教寺は奉行所廃止となった後に寺町から移転したみたいです。

寺町から????どこに寺町があったのでしょう。
また気になってきましたがまた後日お勉強することにしましょう。


f0355671_16320577.jpg

少し海の方へと向きを変え、鴨川にきました。


鴨川は天然の川ではなく片貝川から取水して
農業用水を経て富山湾に流れこんでいます。

大昔は魚津城の堀にもなったのだそう。


夏のお祭の夜は手前の商店街からず~っとキャンドルが並べられ
暗い街も手伝ってとっても幻想的な風景になります。


f0355671_16314170.jpg

鴨川の脇にある「餌指公園」はてんこ水を再現してある遊水公園。



てんこ水って何ぞや????


            
             詳しくはコチラ↓

f0355671_16315253.jpg
昔は飲用や生活水に使用されていましたが今は飲むことはできません。



それにしても伏見稲荷に鴨川と京都を連想させる街だこと。


ついでにお稲荷さん参道の商店街は新宿だったしそうなるともちろん



f0355671_16321816.jpg
銀座もありました。



地味ですが、まだまだお散歩しがいのある街。


これからちょくちょく走ってみることにします。

[PR]

by manaApelila | 2015-04-07 17:28 | お散歩 | Comments(0)
<< 桜満開 サイクリング日和 >>