魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

室堂へ

列島に台風18号の近づく週末、立山は室堂へ行ってきました。


会社の家族慰安会でご近所からのバス往復で一人1,500円、
やほぉ~、ラッキー!!!


f0355671_14460205.jpg
前日は結構な雨降りでこの朝も起きたときにザザァ~ってひと降り。


あぁ~、先週に続いて山の上はまた絶対に曇りやぁ~。



f0355671_14461236.jpg


バスはどんどん山の上へと上がっていきますよぉ~。


結構コワいですねえ~。






f0355671_14462673.jpg


おおっ、紅葉してます。


しかももうピーク過ぎてます。


f0355671_14463659.jpg

雲の中を超えると青空。


そして美しい雲海が広がります。





f0355671_14481148.jpg


ホテル立山の手前には万年雪が残っていました。


雪の溶ける前に次の冬が来てまた積もり・・・を繰り返して
一体どれほどの時間の経った雪なのでしょうね。




f0355671_14465879.jpg

二時間ほどで室堂に到着。


10時頃の室堂の人出。



f0355671_14470912.jpg
信濃大町方面からはトロリーバス、富山方面からはバス。
続々とひと団体が着いて今までいた人たちはそのバスに乗って。


ということが一日中くりかえされてずーっとこの人出なのです。



f0355671_14474722.jpg

どこを撮っても絵葉書のようなこの景色。


さて、歩くとしますか。


ということで明日へとつづきます。

[PR]

by manaApelila | 2014-10-07 15:50 | 日帰り旅 | Comments(2)
Commented by キヨ at 2014-10-08 10:10 x
台風の影響もなく、絶景を堪能できたんですね
どの景色も本当に絵はがきみたいですがすがしいです

このあたりはもう紅葉のピークが過ぎてるんだね
日本って本当に広いなぁ

万年雪っていうのもすごいね
ここって、立ち入り禁止ではないんだよね?
誰もいないのがまた不思議
私だったら雪を触りに行っちゃいそう
で「普通に冷たい」とか言っちゃいそう

最後の山の写真、緑と山肌の色あいが
どことなくダイアモンドヘッドチック♪
Commented by mayao at 2014-10-08 12:04 x
キヨさん、

ほんと、同じ日本なのにここはもう晩秋なのよ。

陽が射すと半袖でもよいくらいなのに
ちょっとガスってくると手を隠したくなるほど
空気がギュってしまる。

山の天候はほんとに山の神さま次第だったわ。

万年雪は関係者用の駐車場下のちょっとくぼんだ場所にあって
そこには降りれないので上から見物しました。

横にぽっかり空いた穴があってちょっとコワかったわ。

多分カッチカチに固くなった雪。

観光客はもう少し上がった駐車場でバスから降りると
続々とターミナルに吸い込まれれるのでこの場所に居たのは
私たちだけ。

上はいっぱいなのにね~。

きゃぁ~ん、ダイアモンドヘッド・・・・。
そういう見方もあったわね~。
<< 室堂をホロホロ 稲が・・・・・・ >>