魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

クリオウオウの悲劇再び・・・

麺まつりで食べに食べ過ぎた翌日は燃焼。


うおづスポラというスポーツ施設主催のトレッキングツアーに参加させていただきました。

行ったのは「烏帽子山」


魚津から黒部の方に車で小一時間。



車は山をぐんぐん上って行きます。


途中、羊さんや牛さんの居る牧場を超えると
「嘉例沢(かれいざわ)森林公園」に着きます。


ここで既に標高750m。



ここから標高1247mの山頂を目指します。




総勢30名ほどのグループです。


年齢層も広くて下は9歳から上は79歳まで、中学生も何人かいました。



ちゃんと数人のガイドの先生が付いて指導してくださりながらのトレッキング。


プロがおられると何かと心強いです。



f0355671_15275380.jpg
歩き始めて約20分ほどでまずは鋲ケ岳の頂上に到着。
750m地点から歩き出してここはまだ標高861mです。




f0355671_15280435.jpg


ここからは



f0355671_15301827.jpg
眼下に宇奈月の温泉街が見え、



f0355671_15282082.jpg
朝日岳や後立山連峰から遠くは北アルプス。



立山連峰の最北にあって初心者にも登りやすい烏帽子山。



登山道はまあまあ整備してありますが、よくある山のように登りっ放しではなく
上ったり下ったりの繰り返し。

ブナの生い茂る細い尾根伝いに小さな山をいくつも越えて行くって感じでしょうか。


この山を登りきったら頂上・・・・って思ったらまだまだで
一旦下って前に見える山をもう一つ登ればが続いて
なかなか残りの標高500メートルの差が埋まりません。


しかもぬかるんでる場所もありあちこちで
滑る人もいたりしてなかなかスリル満点。



f0355671_15303148.jpg
時折キリン草に癒してもらいながら突き進むこと約3時間。



f0355671_15283440.jpg
やっと烏帽子山頂上に到着しました。



f0355671_15285493.jpg
ほら、1247メートル。



f0355671_15284287.jpg
烏帽子山の三角点。



頂上からは西に富山湾、東に後立山連峰や白馬岳の絶景が見えるはず。








f0355671_15290950.jpg

あれれれれぇぇぇ~!!!!!!!!!


実は山頂近くに差し掛かるにつれて
回りがもやもやとしてきまして・・・・・・。

山頂からの景色は真っ白~。


これって二年前のハワイで登ったクリオウオウトレイルと同じやん・・・・。


なんでこうなるねん。


山頂でお昼を取って休憩したらさっさと下山です。



f0355671_15291870.jpg

この画像は一緒に行った方がほんの一瞬ガスが切れたところのをくださいました。


f0355671_15293611.jpg
普通3時間かかって登れば帰りは1時間ほどで降りて来れますが、
帰りももちろんアップダウンを繰り返します。


いろいろなものに興味津々な子供たちがいるので
のんびりのんびりで下りも2時間ほどかかったでしょうか。


f0355671_15295146.jpg
やっと朝の駐車場まで戻ってきました。


mayaoは久々だったので正直体力持つか心配でしたが
皆さんの足をひっぱることもしんどくなることもなく無事下山できました。

ただ、まだ筋肉痛は残ってます・・・・・・・・。

[PR]

by manaApelila | 2014-10-01 16:46 | 日帰り旅 | Comments(0)
<< 稲が・・・・・・ 麺まつり >>