魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

7月の富山詣で

富山といえば薬売り



f0355671_14594702.jpg
駅前広場には薬売りさんの銅像がおられました。


背中を向けておられる方は疲れて座り込んでおられるのか、
薬を売りに行く前のチェック中かしらね。



とりあえずご用をささっと済ませてまずはランチ



f0355671_15000463.jpg
こちらは創業昭和10年の老舗喫茶店「チェリオ」さん


今回は一人なので前もって「まっぷる富山」で調べたのでした。


まっぷるで見た「ひじきと昆布のピラフ」をオーダー


f0355671_15001429.jpg
名前の通り、ひじきに細い昆布に揚げ豆腐の和風ピラフ。

上には大葉が散らしてあってなかなか斬新な彩り。

ひじきと昆布の食感も斬新ながら両方の食材のエキスが
ご飯に移ってピラフと言うよりどちらかと言うと
ちょっとモダンな混ぜご飯って感じでしょうか。


店内の様子は撮影を控えましたがなんとも懐かしいインテリアでしたよ。

京都によくあるような、安っぽくなくて格式のあるちゃんとした珈琲店。

そうそう、創業時は「花子とアン」でかよちゃんが働いておられる
「ドミンゴ」のようなお洒落なカフェだったんじゃないかな。


店内におられたお客様もほとんどが50年ほど前は
さぞかしモダンな紳士淑女だったろうなぁ~って思える方たちでした。

お店もお客様もレトロ感満載でしたわ。




[PR]

by manaApelila | 2014-07-29 15:31 | 富山市内 | Comments(2)
Commented by みなみ at 2014-07-30 09:08 x
おお!なんだか色々とくりだしてるみたいですね。^^

新しい生活を楽しんでおられるmayaoさんに
勇気を頂く今日この頃。。。

みなみも引っ越す事になりそうです。
Commented by mayao at 2014-07-30 15:37 x
みなみちゃん、

長く居るなら積極的には動かないと思うのだけど
数年間なので結構貪欲になってるかもしれないわ。

こんなmayaoがみなみちゃんに勇気を差し上げれてるなんて。

えっ!!!お引越しですか!!!

きゃぁ~、夢のハワイなみなみハウス着工予定ですか。
楽しみぃ~。
<< 世界で一番美しい・・・・・・ 富山なの?大阪なの? >>