魚津でもクマクマな日々


旦那さまの転勤で生まれ育った大阪市内から初地方暮らし 自然いっぱい海と山に囲まれた街「魚津」での超ロングステイの模様をお届けします
by mayao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新の記事
秘密の花園2017
at 2017-05-26 16:48
さらにこれも
at 2017-05-24 18:05
今年もまた
at 2017-05-23 17:11
採れたての贈り物
at 2017-05-17 16:40
魚津の桜
at 2017-05-06 16:19
最新のコメント
記事ランキング
外部リンク
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
ファン
以前の記事
ブログジャンル
検索

富山でランチを食べるの巻

お休みの日、急に富山に出ようと言い出した夫。


お昼ごはん以外は何しに行くでもないらしい。


お昼ごはんのあてもないらしい。


行ったらどうにかなるやろ。


はい、いつものことなんです。


でも大阪とは違うからどうにかなるかなぁ~。


案の定、駅前付近をうろうろしたけどどうにもならなかった。


さあ私の出番ですわよ。


とりあえずは路面電車に乗れば市街地をぐるっと回ってくれるよと
ちょうど来たセントラムに乗り込みました。


ああよかったわぁ~、一度でも行っておいて。



f0355671_16523479.jpg

セントラムは富山城の前も通ってくれるんです。


最初見たときはこれがお城?ずいぶん低い天守閣だわねって思ったけど
当時はこれだけの高さがあれば充分だったのかもね。


「総曲輪」←(ソウガワって読むのだそう)でセントラムを降りて
商店街をブラブラ。


ここでもなかなか目を引く店がなくてはてさてどうしようか
と思ってたらお蕎麦屋さんを発見。


こういうときってお蕎麦屋さんって目を引くのよね。



・・・・・・・・が、・・・・・・・・・


なんと臨時休業



これが今回お昼をいただくきっかけとなったわけで・・・。



お蕎麦屋さんの隣の店はと言うと昭和の臭いがプンプンしてます。



普通なら絶対に入らないと思うのだけどこのときは結構お腹も空いてた私たち。




ええいっ、ここでええわいっ!!


と勇気を振り絞って入ったのが「レストラン分家屋」さんでした。


f0355671_16534442.jpg

入り口は何か京都の町中にある簡単な旅館のようだけど
中は民芸調というかよおわからん造りで手前に少し見えてる
大きなテーブルは囲炉裏風になってます。

奥の席は小上がりになってます。


店の奥にはちょっとうっそうとした庭園。



メニューにはステーキやハンバーグなどの超洋食がずらり。
だけど日替わり定食ではざるそばもあり。

壁にはお鍋の宴会できますって張り紙もあってオールマイテイ?



う~む益々興味津々なのだ。



暑いのでまずは生ビール


f0355671_16530763.jpg
パイントグラスに入って出てきました。


つまみの枝豆が温めてあるところは好感触。


f0355671_16531926.jpg
いただいたのはエビフライとヒレカツ定食



分厚い衣でお肉の小ささをごまかすことなくきっちりと作られたフライは
サックリで美味しいし、ヒレカツにかかってるソースもフルーツの酸味を
感じたのでおそらく自家製ではないでしょうか。

サラダもふんだんに盛ってあってこちらも自家製ドレッシングがかかっていました。


このお店、なかなかのハイクオリティーです。


お蕎麦屋さん、臨時休業でありがとう。


富山で美味しい店に出会えましたわ。


夫のなんとかなるやろの言葉を思い出しました。


ほんま、なんとかなるものやね。



[PR]

by manaApelila | 2014-07-21 17:27 | 富山市内 | Comments(0)
<< 富山なの?大阪なの? 富山市に出て都会気分を味わうのだ >>